外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店 ココペイント 現場ブログ 塗装の豆知識 木部塗装は慎重にしないといけません!|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

木部塗装は慎重にしないといけません!|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

塗装の豆知識

堺市の皆様、こんにちは!

堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです!

ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です

今回の記事では木部塗装について書いていこうと思います。

木部の塗装というのはとても難しいです。

そのため慎重に行わないといけません。

木部に関してDIYを検討している方や実践しようと考えている方の参考になればと思います。

ぜひ最後までご覧ください。

木部塗装の施工工程

木部塗装をする施工工程についてご紹介していこうと思います。

ケレン

研磨布紙の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

まずはケレン作業です。

木部を塗装する際には外壁や屋根と同様初めにケレン処理を行います。

サンドペーパーを用いて木部の表面に細かいキズを付けて表面積を多くすることで塗料の密着力をあげます。

こすりすぎてもこすらなすぎても良くないため、程よくケレンを行うことが重要となってきます。

洗浄

高圧洗浄機イラスト|無料イラスト・フリー素材なら「イラストAC」

続いて洗浄についてです。

表面に残っている細かい木くずを洗って塗装を行う面をキレイにします。

基本的に高圧洗浄機を用いて行っていくのですが、DIYなどで行うとなると持っている方もいらっしゃるとは思うのですが、なかなかいないと思います。

また下地の状況によっては清掃をすることもあります。

下地の状態がキレイになっていれば大丈夫です。

養生

下地調整をして次は塗装と言いたいところですが、その前に塗装をしてはいけない箇所に養生を行う必要があります。

汚してはいけないサッシ回りであったり、床面をしっかりと養生していきます。

養生をしていくことで塗装に専念することが出来ますし、塗装時のゴミに関しても養生をしている面に置いていればまとめて捨てることができるため、後々楽に片付けることができます。

養生が甘い状態で塗装を行ってしまうと仕上がりに影響が大きく出てきてしまいます。

補修

養生が終了してからは、塗装面の補修を行っていきます。

具体的にはビスを打ち直したり、節目あんどの欠損部分に関しては補修材で埋めたりします。

塗装

家 塗装イラスト|無料イラスト・フリー素材なら「イラストAC」

ここまで終わったらいよいよ塗装を行います。

木部は下塗りが必要ありません。

そのためいきなりですが、上塗りから塗装し始めます。

木部用の塗料は浸透タイプやペンキ、クリア塗料などがあります。

それぞれについて特徴などを紹介していきます。

ペンキ

ペンキイラスト|無料イラスト・フリー素材なら「イラストAC」

ペンキはカラーバリエーションがあり、膜を形成してくれます。

木部が黒ずんでいても色が乗っかってくれる為、印象も大きく変わってくれるでしょう。

ただ、木目はすべて隠れてしまいます。

浸透用塗料(油性)

浸透用塗料は木部に浸透して発色するため木目がキレイに出てくれます。

浸透性がかなり高くて膜になりにくくなっているので、剥がれが起きた際にも目立ちにくくなります。

ただ、既存の色よりも薄い色で塗装をしてしまうと浸透性であることで発色がキレイにはなりません。

それに加えて重ね塗りをしすぎると浸透しなくなってしまって、膜を形成してしまって数年後の再塗装が困難となってしまいます。

通常は2回塗りです。

浸透性塗料(水性)

油性の浸透性塗料とあまり違いはないのですが、油性と比較して少し膜を形成しやすいです。

膜を形成しやすいということは木目が隠れやすいということです。

水性の浸透性塗料に関しては塗り回数は1回です。

重ねすぎると、油性のものと同様、膜を作りやすくなってしまって再塗装が困難となります。

クリア塗料

最後にクリア塗料です。

文字の通り、透明な塗料であるので既存の木部の状態が保存されます。

黒ずみや黄変がある場合にはそのまま残ってしまうため、注意が必要となってきます。

また何年後かに再塗装を行う場合、クリア塗料が残っている場合には塗装することが不可能です。

 

皆さんそれぞれに必要な塗料を使用して塗装をしていただければと思います。

本当は塗装してほしくない・・・・

嫌いイラスト|無料イラスト・フリー素材なら「イラストAC」

本音を言うと、木部は塗装をしてほしくありません。

控えていただけるほうが良いのです。

塗装業者からすると塗装がされていると、「何をどのように塗装したのか」がわからないのです。

事例としてあるのが、何度も何度も浸透性塗料が塗装されていて、これ以上浸透しない状態となってしまった木部です。

現場調査を行って、状態を見て浸透性塗料を塗装しようと決定したものの塗ろうとしたときにもう浸透してくれなかったのです。

浸透性塗料が使えない場合、ペンキでの塗装・クリア塗装の他に薬品で塗膜を剥がして漂白剤を塗って色を抜き塗装を行うといった方法で行います。

木部は塗装を正直オススメしません。

しかし、どうしても塗装をしたいという方はかなり繊細で難しいものであるので、DIYでするのではなくできれば塗装業者に依頼していただけるとと思います。

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回は木部塗装についてご紹介いたしました。

木部塗装は簡単なようで中々に難しいものとなります。

手を出しやすいものですが、慎重に行わないと仕上がりも将来の塗装も失敗してしまいます。

塗り回数であったり、注意点をしっかりと見て塗装を検討していただければと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に

ココペイントまでお問合せください!!

スタッフ一同お待ちしております!!!


ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。

皆さまのおかげで創業95年!

堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。

堺市施工実績4500件!

地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。

これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。

ご相談・お見積もりはココペイントへ!

 

塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。

ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます!

ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。

ココペイントのショールームへ行こう!

ココペイントのショールームは堺市でも最大級です!

広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ!

また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。

ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆

選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。

コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ!

ココペイントの施工事例はこちら♪

色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ!

外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。

※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!!

株式会社 ココペイント

住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1

営業時間:10:00~18:00

フリーダイヤル:   0120-28-1030

TEL  :   072-275-8327

FAX :   072-275-8326