塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

ガルバリウム鋼板とは|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは!

堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです!

ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です

お家の屋根の素材は何なのか、皆さんそれぞれご存知でしょうか。

今回は屋根材の1つである「ガルバリウム鋼板」についてご紹介します。

最後までご覧ください。

ガルバリウム鋼板とは

屋根ガルバリウム鋼板の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

ガルバリウム鋼板とは何かというと、金属屋根の一種です。

現在では日本でも従来のトタン板よりもかなりポピュラーな屋根材となっています。

アルミニウムと亜鉛、ケイ素の合金でメッキされている素材のことを言います。

正式名称としては「溶融55%アルミニウム-亜鉛合金メッキ鋼板」といいます。

従来のトタン板は金属鋼板を亜鉛でメッキしたものです。

特徴

以下よりガルバリウム鋼板の特徴についてお話していこうと思います。

耐震性

耐震イラスト|無料イラスト・フリー素材なら「イラストAC」

ガルバリウム鋼板は厚みが1~3mmとかなり薄いです。

薄いということはその分軽量であるということです。

具体的に言うと瓦の約10分の1、スレートの約4分の1ほどで収まっています。

軽量であることで地震が起きた際にも建物に対しての負担が小さいです。

軽量であることで、外壁・屋根ともにカバー工法に使用される材料です。

長持ちする

ほかの屋根材と比較して耐用年数が長い傾向にあります。

スレートや洋瓦などの他の屋根材は、昼と夜の気温差などで収縮や膨張が起こってそれを繰り返していくことでひび割れなどが発生します。

しかし対してガルバリウム鋼板はそのような劣化が起こりません。

スレートでは長くても20~30年ほどとされているのですが、ガルバリウム鋼板では25~35年ほどもつと言われています。

定期的にしっかりメンテナンスをしていれば40年ほどもつとも言われています。

錆に強い

錆イラスト|無料イラスト・フリー素材なら「イラストAC」

主流となりつつあるガルバリウム鋼板ですが、理由としては錆に強いことが挙げられます。

従来のトタンでは経年とともに亜鉛のメッキ部分が段々と減少してしまい、錆が発生していました。

ガルバリウムでは亜鉛の他にアルミもメッキされています。

亜鉛の防食作用とアルミの保護作用によって錆が発生しにくく、錆ができても拡大しにくいという特徴があります。

といっても全くサビないというわけではありません。

劣化について

ガルバリウム鋼板の劣化症状について紹介していこうと思います。

チョーキング

チョーキング現象の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

ガルバリウムでもチョーキングは発生します。

塗膜から顔料が浮き出ることで手に付着します。

防水機能が落ちている証拠で、放置し続けると錆が発生します。

白錆

白錆の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

白錆はメッキである亜鉛が水分と空気が原因となって酸化を起こし、白い斑点のような錆が出てしまうことです。

沿岸地域の潮風が強い場所や高温多湿で表面が乾燥しにくい環境にあると発生しやすいとされています。

すぐに耐久性を損なうというわけではないですが、長い間放置しておくのは材的によくありません。

赤錆

赤錆の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

白錆を放置したまま、メッキが無くなって鋼板が露出して発生する錆を赤錆と言います。

ガルバリウム鋼板のメッキ層よりも深く傷ついた部分から発生します。

赤錆が広がっていくと鋼板に穴が空いてしまって、建物の中に水が浸入してしまって雨漏りに繋がってしまいます。

赤錆が見受けられたら、早いうちにメンテナンスを検討することをおすすめします。

電食

異なる金属が接触した際に、電気化学症によって引き起こされる腐食症状を電食といいます。

鋼板自体に傷が付いていないとしても、ほかの金属と接触したら電食が起こります。

特にステンレスと銅とは相性が悪いとされています。

ステンレス製の釘や防腐防蟻効果がある銅が含まれた木材などが長時間接触することは避けたほうがいいです。

落ち葉や木片と接触しても起こす可能性があるので、定期的に清掃することが必要です。

定期的なメンテナンスが必要

メンテナンス中イラスト|無料イラスト・フリー素材なら「イラストAC」

劣化症状として錆が2つ出てきましたが、ガルバリウム鋼板の一番の敵は「錆」です。

放置してしまうと建材に大きく広がってしまって穴が空いてしまう危険性があります。

雨水が浸入して躯体が腐食すれば、せっかく長持ちしやすいものでも早々に寿命を迎えます。

可能であれば、ご自身で定期的に洗浄していただくと汚れや藻、錆も取り除けて清潔に保つことができるのでオススメです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は鋼板で主流となっているガルバリウム鋼板についてご紹介いたしました。

高耐候・耐震性に優れるガルバリウム鋼板ですが、メンテナンスフリーであるわけではありません。

劣化を放置してしまうと、塗装だけではメンテナンス不可能となるので張り替えが必要になってしまう可能性もあります。

張り替えとなると費用が2~3倍にもなるので、早いうちに業者に相談をしてメンテナンスを最小限にできるようにしてもらえたらと思います。

少しでも気になる箇所がありましたら私達ココペイントの方にお気軽にお問い合わせ下さい。

最後までご覧いただきありがとうございました。

堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に

ココペイントまでお問合せください!!

スタッフ一同お待ちしております!!!


ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。

皆さまのおかげで創業95年!

堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。

堺市施工実績4500件!

地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。

これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。

ご相談・お見積もりはココペイントへ!

 

塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。

ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます!

ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。

ココペイントのショールームへ行こう!

ココペイントのショールームは堺市でも最大級です!

広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ!

また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。

ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆

選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。

コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ!

ココペイントの施工事例はこちら♪

色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ!

外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。

※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!!

株式会社 ココペイント

住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1

営業時間:10:00~18:00

フリーダイヤル:   0120-28-1030

TEL  :   072-275-8327

FAX :   072-275-8326