外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店 ココペイント 現場ブログ 塗装の豆知識 塩害の対策に最適な塗装とは?|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

塩害の対策に最適な塗装とは?|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは!

堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです!

ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です

海側に住んでいる方は「塩害」に困ったことのある方はいませんか?

自転車などの金属のものがサビやすかったりということがよくあります。

実は外壁や屋根も同じようなことが起こってきます。

そこで今回は「塩害に対策する塗装」についてご紹介していきます。

ぜひ最後までご覧ください。

塩害について

まず、塩害についてご紹介していきたいと思います。

塩害は海に近い地域の方で、海風や雨で鉄などの金属がサビてくる現象のことを言います。

金属に塩分を含んだ風・雨が付着して、塩分が水分を吸収してサビを発生させます。

海風はかなり遠くの方にまで届くことがあるため、海から数キロ離れていても塩害を受ける可能性があります。

強風などを考慮すると8キロほどの場所でも気をつけないといけません。

受けやすい住宅とは

塩害を受けやすい住宅は海から近い地域です。

具体的には約300m~500mの範囲が注意しないといけない場所です。

「潮の匂いがするな」という地域のお家は注意してほしいです。

また塩害を受けやすい外壁材は金属系・窯業系のサイディングで、トタン、スチール、コンクリートなどを使用した建物も塩害を受けやすくなっています。

塩害を受けにくい外壁材は樹脂系のサイディング、ガルバリウム鋼板などです。

塩害が起こったらどうなるのか

塩害が発生すると実際にどのようなことが起こってくるのか、外壁材ごとに分けてご紹介していきます。

まずは塩害の被害を受けた初期の劣化症状です。

金属系のサイディングは外壁面にサビが出てきます。

ガルバリウムは受けにくいものの塗料にコーティングがなされていない場合はサビてきます。

窯業サイディングやモルタルなどにはチョーキングが発生します。

そして付帯部には金属部分にサビが出てきます。

塗膜が剥がれて塩分を含んだ風や雨が当たるとサビが出ます。

放置をすると・・・

初期劣化に気づかず、放置をしてしまうと以下のようなことが起こります。

金属サイディング:サビが進行して最悪の場合、取り替えないといけない

窯業サイディング・モルタルなど:構造体を腐食させる

金属製の付帯部:金属部に穴があいて取り替えが必要になる

このようなことが起こってきます。

このようなことがないように定期的にメンテナンスをしないといけません。

メンテナンス時期

塗装工のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

メンテナンスの時期について地域ごとにご紹介します。

重塩害地域の場合、3~5年、塩害地域の場合5~7年でメンテナンスが必要です。

塗装は10年に1度と言われていますが、塩害の起こる地域では他の地域と比較して劣化の進行が早いです。

その分早めに塗装などのメンテンナンスが必要となってくるのです。

これはあくまで参考のものなので、劣化を発見したら業者の方に連絡してください。

塗装でできる対策

塗装をする際に塩害に対してできる対策をご紹介します。

ケレン

ケレン作業イラスト/無料イラスト/フリー素材なら「イラストAC」

ケレンは塗料の密着度を向上させるための作業です。

特に塩害の地域では注意してしてもらいましょう。

劣化が早いため、密着度が高ければ高いほど水分が内部に浸入しにくくなるため塩害対策として有効です。

下塗りを必ずする

塩害対策をするときの塗装には下塗りを必ずしないといけません。

亜鉛末を含む下塗り剤を使用するとより塩害の対策としていいです。

亜鉛は犠牲防食効果という効果をもち、鉄の上に塗装すると鉄がサビる前に亜鉛がサビてくるため、対策となります。

上塗りを何度か行う

エポキシ樹脂系の塗料やウレタン樹脂系の塗料を何度かに分けて塗ります。

耐候性や耐熱性のある塗料を何度か分けて塗ることで外的要因から守ることができます。

耐久性の高い塗料を塗装する

塗料缶イラスト/無料イラスト/フリー素材なら「イラストAC」

フッ素塗料や変形無機塗料を塗ると特に効果が高いです。

樹脂が緻密で細かいため、塩害対策となります。

塗装以外での対策

塗装以外にもできる対策はあります。

塩分を洗い流す

ホース 水イラスト/無料イラスト/フリー素材なら「イラストAC」

定期的に外壁の塩分を落とせるように水をかけるなどしましょう。

塩分を溜めておくとやはり劣化が進みやすいため、定期的に流すようにしましょう。

洗い流すときの注意点としては外壁を傷つけないようにすることです。

万が一外壁に傷がついて、穴が空いてしまうなどなってしまうと雨漏りの原因になりかねません。

電気のものを中に入れる

塩害は電気機器にも起こってきます。

機器に入ってしまうと最悪故障をしてしまいます。

室外機などは耐塩性のものに変えるなどの対策をするとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は塩害についてご紹介しました。

塩害は塗装で対策することができます。

他の地域と比較して劣化が早いぶん、メンテナンスが多かったり、手間がかかったりと大変ですが、対策をしっかりしておけば大丈夫です。

業者の人と話し合って皆さんそれぞれにあった塗装をしましょう!

この記事が少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に

ココペイントまでお問合せください!!

スタッフ一同お待ちしております!!!


ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。

皆さまのおかげで創業94年!

堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。

堺市施工実績4500件!

地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。

これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。

ご相談・お見積もりはココペイントへ!

 

塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。

ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます!

ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。

ココペイントのショールームへ行こう!

ココペイントのショールームは堺市でも最大級です!

広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ!

また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。

ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆

選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。

コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ!

ココペイントの施工事例はこちら♪

色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ!

外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。

※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!!

株式会社 ココペイント

住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1

営業時間:10:00~18:00

フリーダイヤル:   0120-28-1030

TEL  :   072-275-8327

FAX :   072-275-8326