外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店 ココペイント 現場ブログ 外壁塗装について ダブルトーン仕上げについて詳しくご紹介!!|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

ダブルトーン仕上げについて詳しくご紹介!!|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

外壁塗装について

堺市の皆様、こんにちは!

堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです!

ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です

いきなりですが、皆さんはダブルトーン仕上げ(工法)というのをご存じでしょうか。

ダブルトーン仕上げは外壁塗装の工法の1つで、立体感を出すことのできる工法です。

このダブルトーンの手法が映えるのは凹凸のあるデザインの外壁と言われており、特にタイル調やレンガ調などの目地がはっきりとしているものではデザインの魅力を一段と引き立たせてくれます。

そこで今回はダブルトーン仕上げについてメリット・デメリットも含めて詳しくご紹介したいと思います。

ぜひ最後までご覧ください。

1. ダブルトーン仕上げとは

まず最初にダブルトーン仕上げについて簡単にご説明させていただきます。

外壁塗装のダブルトーン仕上げとは外壁のタイル部分と目地(タイルとタイルの継ぎ目)の部分を異なる色で仕上げる塗装方法です。

単色で塗装する場合と比較して外壁に立体感をもたせることができるので他の住宅とは少し違った雰囲気にしたい方にオススメの手法となります。

また、よく勘違いされやすいものとして「ツートン」がありますが、こちらは建物の部分ごとで塗料の色を変える塗装方法です。

ツートンでは1階と2階の外壁で色を変えてみたり、縦のラインで塗り分けたりします。

こちらも個性を出しやすく、近年とても人気となっています。

また、ダブルトーンとツートンの両方を組み合わせるということも可能です。

組み合わせてみたい方は一度業者に相談してみてください。

2. ダブルトーン仕上げが向いている外壁と向いていない外壁

ここではダブルトーン仕上げが向いている外壁と向いていない外壁があるのでそれぞれについてご紹介したいと思います。

ダブルトーン仕上げが向いている外壁

ダブルトーン仕上げは凹凸のある外壁に向いています。

そのためタイル調やレンガ調、石積調の窯業系のサイディングなどでは凹凸があるためダブルトーン工法での塗装工事が可能となっています。

また、新築から10年以上が経過してクリヤー塗装ができないお家の外壁にも有効であると言われています。

ダブルトーン仕上げができない外壁

ダブルトーン仕上げができない外壁は目地のない外壁や凹凸のない外壁となっています。

ダブルトーン仕上げが気になるけれども自宅でできるのかわからないという方は一度業者にその旨を伝えてみるとよいでしょう。

3. ダブルトーン仕上げのメリットとデメリット

物事にはメリットとデメリットどちらも付き物です。

それぞれをしっかりと理解しておくことがとても大切です。

では、順番に確認していきましょう。

メリット

メリット 単語帳の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

ダブルトーン仕上げにするメリットとしては外壁をより立体的に見せられるということです。

その結果、高級感やおしゃれ感を演出することができるので周りのお家と差をつけたい方にはとてもおすすめできます。

また、通常の塗装よりも耐久性が高まるということもメリットの1つと言えます。

塗装工事は基本的に下塗り・中塗り・上塗りの3度塗りで仕上げます。

しかしダブルトーン仕上げではそれに加えて仕上げ塗りが加わるので合計4度塗りすることになります。

そのため一般的な塗装と比較すると耐久性が高まり、長持ちするようになります。

デメリット

単語帳の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

ダブルトーン仕上げを行うことで生じるデメリットとしては通常の塗装方法と比較すると費用が高額になってしまう点が挙げられます。

塗装回数が増えることで、手間も時間もかかってしまいます。

また、使用する塗料の量も増えるため費用はどうしても高額になってしまいます。

また、塗装回数が増えるがゆえに施工期間も長くなってしまいます

どの程度長くなるのかはお家の劣化状態や大きさによっても異なりますので一概に〇日ということは出来ません。

詳細に知りたい方は塗装業者に相談してみるようにしてください。

4. ダブルトーン仕上げの施工手順

ダブルトーン仕上げの施工手順についてここではご紹介させていただきます。

基本的には通常の塗装工事の流れと同じになります。

1. 足場の設置

2. 高圧洗浄

3. 養生と下地処理

4. 下塗り

5. 中塗り

6. 上塗り

7. 仕上げ塗り

8. クリアー塗装(必要に応じて)

9. 足場の撤去

ダブルトーン仕上げにしかない項目は「仕上げ塗り」です。

この工程では使用する道具も塗り方も変えて作業を行うこととなります。

目地部分に塗料がついてしまわないように丁寧な作業が必須となりますので経験豊富な信頼できる業者に依頼することをおすすめします。

5. ダブルトーン仕上げで失敗しないために

無料イラスト かわいいフリー素材集: 注意する犬のおまわりさんのイラスト

ダブルトーン仕上げで失敗しないために注意してほしいポイントは、

・塗装業者と入念な打ち合わせをする

・信頼できる塗装業者を選ぶ

この2点です。

一度、塗装をすると次回の塗り替え時期までのおよそ10年間は同じ色で同じデザインの外壁のお家に住むこととなります。

工事完了したときにこんなはずじゃなかったのに・・・とならないためにもこの2点はしっかりと押さえておくようにしましょう。

それぞれについてより掘り下げてお話していきたいと思います。

塗装業者と入念な打ち合わせをする

まずは塗装業者と入念な打ち合わせを行うようにしましょう。

どんな色を組み合わせてどの部分をダブルトーン仕上げにするのかなど詳細によく相談するようにしましょう。

実際にどのような仕上がりになるのかカラーシミュレーション等を使用してしっかりと施工前にイメージをしておくと安心です。

信頼できる塗装業者を選ぶ

ダブルトーン仕上げを行うときに限ったことではありませんが、信頼できる塗装業者を選ぶことはとても重要です。

オススメの色の組み合わせなど親身に寄り添ってくれ、気軽に相談できるような業者を選ぶことをおすすめします。

また、通常の塗装工事とダブルトーン仕上げでの塗装工事の違いについて詳細に説明してくれるような業者であれば更に良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はダブルトーン仕上げについてご紹介させていただきました。

外壁をダブルトーンで仕上げると費用はどうしても高くなってはしまいますが、より高級感のある仕上がりにすることができます。

もしもお住まいがダブルトーンが可能な外壁ならば一度検討してみてはいかがでしょうか!

最後までご覧いただきありがとうございました。

堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に

ココペイントまでお問合せください!!

スタッフ一同お待ちしております!!!


ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。

皆さまのおかげで創業95年!

堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。

堺市施工実績4500件!

地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。

これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。

ご相談・お見積もりはココペイントへ!

 

塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。

ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます!

ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。

ココペイントのショールームへ行こう!

ココペイントのショールームは堺市でも最大級です!

広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ!

また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。

ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆

選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。

コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ!

ココペイントの施工事例はこちら♪

色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ!

外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。

※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!!

株式会社 ココペイント

住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1

営業時間:10:00~18:00

フリーダイヤル:   0120-28-1030

TEL  :   072-275-8327

FAX :   072-275-8326