塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

外装の修繕時期を知る【外壁編】

外壁塗装について 2021.05.11 (Tue) 更新

堺市の皆様、こんにちわ!

外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです!

今回のブログ担当をさせていただく藤井です。

宜しくお願い致します

 

皆さんのお家の外壁はどんな素材でできていますか?

外壁の資材は種類がたくさんあります。

今回は、家に使用されている素材の性質と劣化した時どのような症状になるのかをご紹介させていただきます。

 

1.金属サイディングボード

 

塗装目安 :10~15年

スチールやアルミニウムなどの金属鋼板のことを言います。

デザイン性・耐久性に優れた表面材(金属板)と断熱性・防火性に優れた裏打材によって形成され、軽くて耐久性に優れます。美観維持・防カビのために10~15年で要再塗装。

塗膜を傷めてしまった場合はすぐに処置が必要です。

 

1-①こんな症状に注意!

サビ

 

表面材の塗膜が傷ついてしまったところから発生するサビ。表面は特殊なメッキ加工がされていますが、中身は鉄の板のようなものでサビてしまいます。放置するとほかの箇所も飽食。外壁にものぶつけないように注意したりサビが広がったり穴が開く前に適切な処置が必要です。

 

2.窯業系サイディングボード

塗装目安 :7~8年

セメント質と維持質を主な原料として板状に形成した素材です。タイル目・レンガ調などデザインが豊富で最近よく使用されています。

基材は吸水性があり、防水機能は塗膜に頼っているため、塗膜の劣化を放置すると建物の構造に大きなダメージを与える可能性もあります。

 

2-① こんな症状に注意!

シーリング劣化

 

 

サイディングの場合、目地のシーリングがヒビ割れしたり痩せて隙間が空いてきます。

その他に、ボードの反り・チョーキング・紫外線による褪色・爆裂などの症状が起きます…

 

3.モルタル

 

塗装目安 :10~15年

セメントと石炭や砂を混ぜて水で練った素材です。

施工が容易でコストが安いため、新築時の最もポピュラーな吹つけ仕上げ材として使用されていました。強度が強く耐火性に優れるが、防水性能が低くなると急激に劣化が進み、ひび割れが発生します。

 

3-① こんな症状に注意!

 

モルタルの剥離

 

塗装した膜がふくれたりする症状です。劣化による付着力の低下が原因になります。

 

カビ・コケの発生

 

 

外壁のコケを放置するとカビの原因になります。外壁の劣化や汚れを付着させる原因になります。

 

4.ALC

 

塗装目安 :10~15年

コンクリートを軽量気泡化した外壁材です。

耐火性に優れ、マンションなどに多く見られます。塗装が劣化したままだと防水性が乏しいため、内部からボロボロになります。手遅れになると、下地補修からの復旧が必要となるので早めの再塗装が必要です。

 

4ー① こんな症状に注意!

チョーキング

 

 

外壁を手でこすると白い粉がつく症状です。これは、顔料が劣化して粉状になっているためです。

 

紫外線による褪色

 

 

 

日当たりの良い箇所を見ると当初の外壁色が変褪色している症状です。

 

 

5.コンクリート壁

塗装目安 :10~15年

水とセメント・砂・砂利を混ぜたコンクリートは、最も強度のある外壁材です。

しかし、経年変化で防水効果が劣化すると、コンクリートの内部に水がしみ込み専門的な改修が必要となるケースがあるので注意しましょう。

 

5ー① こんな症状に注意!

クラック

塗膜の硬化や下地素材(躯体)が割れて起こる大小のヒビ割れのことです。

 

鉄筋爆裂

クラックや打ち継ぎ目地などから雨水・炭酸ガスなどか侵入して、中性化が進行。内部の鉄筋を腐食して爆裂を発生させる。

 

 

6.トタン張り

 

 

塗装目安 :7~8年

外壁に使用されているトタンは、「プリント」といわれる木目調の塗装をされたものが多く、築30年以上の建物に多く使用されている。金属素材のため、防水性が抜群で耐久性にも優れているのが特徴です。現在は外壁に使用されることはほとんどありません。

 

6ー① こんな症状に注意!

反り

 

 

 

チョーキングにより、水をはじかず吸収したボードが表面から乾いて反る現象。

 

白サビ

 

 

 

海の近くや、高温多湿な状況下で起きやすい現象で、白い斑点が外壁に表れます。

これは、トタンの表面メッキに含まれる亜鉛が酸化して表面に出てきたもの。かなり美観が損なわれるので注意したいです。定期的に水などで洗い流すと防止策になる。

 

 

6.羽目板

塗装目安 :10~15年

木材は乾燥収縮剤が起こり、割れが生じる可能性があるため、厚みのある材料を使用することが大切です。板の重ね部分が不十分だとつなぎ目から雨水が入り込むこともあり、外壁の変化を注視しながら、しっかりとしたメンテナンスが必要になる。

 

 

6ー① こんな症状に注意!

変色

 

屋外の木材は、紫外線と雨によりシルバーグレーに変色する。

 

腐食

 

 

木材は微生物の飴となる成分で構成させるため、水分・温度・酸素の条件が揃えば、木材腐朽菌やカビなどが繁殖して生物汚染が生じます。寒さや直射日光に強い担子菌が原因で、乾湿の変化が激しい場所や寒暖差の大きい場所でもよく生育・繁殖します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に

ココペイントまでお問合せください!!

スタッフ一同お待ちしております!!!

 

 

 


ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。

皆さまのおかげで創業92年!

堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。

堺市施工実績4500件!

地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。

これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。

ご相談・お見積もりはココペイントへ!

塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。

ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます!

ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。

 

ココペイントのショールームへ行こう!

ココペイントのショールームは堺市でも最大級です!

広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ!

また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。

 

ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆

選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。

コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ!

 

ココペイントの施工事例はこちら♪

色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ!

外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。

 

※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!!

 

株式会社 ココペイント

住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1

営業時間:10:00~18:00

フリーダイヤル:   0120-28-1030

TEL  :   072-275-8327

FAX :   072-275-8326

LINE:@834koxav

ココペイントでは、このホームページからのお問合せの他にLINEでのお問合せも始めさせていただきました🌸

LINEでは、お問合せ・来店予約のご連絡以外にもイベント期間などお得な情報を配信致しますので

友達追加をよろしくお願い致します。✨

LINE  ID    ⇒ @834koxav

※こちら↑のIDをコピー・ペーストしていただくと簡単に友達追加して頂けます!🙇‍♀️

お問合せ・来店予約お待ちしております!