塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

【まだ必要ない?】外壁塗装が不必要な期間についてご紹介!!

外壁塗装について 2022.04.23 (Sat) 更新

堺市の皆様、こんにちは!

堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです!

ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です

 

「外壁塗装を行うタイミングとは?」

「自分の家は外壁塗装をした方がいいの?」

「外壁塗装は早くすればするほどいいの?」

などという疑問を抱いている方も多くいらっしゃると思います。

そこで今回はまだ外壁塗装が必要ない期間についてご紹介いたします。

ぜひ最後までご覧ください。

1. 外壁塗装がまだ必要ない自宅の状況について

ではまず外壁塗装が必要か必要でないのかのチェックポイントについてご紹介いたします。

① 劣化症状が出ていない

お住まいに劣化症状がまだ出ていなければ外壁塗装工事を急いで行う必要はないです。

主な劣化症状は下記のとおりです。

ひび割れ

クラックとも呼ばれ、塗装や下地などがひび割れを起こしてしまう現象です。

ひび割れを放置したままでいるとひび割れが大きくなり劣化が進んでしまい、雨漏りなどにもつながってしまいます。

さらにひび割れが大きくなればなるほど補修費用がかかってしまうので早めの補修が必要です。

 

浮き・はがれ

外壁の塗料が浮いてきていたり剥がれてきている場合には補修が必要です。

中の下地材などが紫外線や雨水から直接ダメージを受けてしまうので劣化が急速に進行してしまいます。

 

カビ、コケ

外壁にカビやコケが繁殖してしまうと外壁の劣化を進行させてしまいます。

そしてなによりご自宅の美観が損なわれます。

早急なメンテナンスは必要ないですが、カビ・コケの経過観察をすることが重要です。

また、美観を保つためにはメンテナンスをした方が良いでしょう。

 

チョーキング

チョーキングとは簡単に言うと外壁を触ったときに粉が指につく現象のことを指します。

チョーキングは下地を保護するという機能を失っているというサインです。

放置して他の劣化症状が次々出てくる前にメンテナンスを行いましょう。

 

色褪せ

もともと塗装していた外壁の色が薄くなってしまう現象です。

これは劣化の初期段階なのですぐに塗装が必要にはなりませんが経過観察を怠らず2~3年以内に塗り替えを行うと良いとされています。

 

 

5つの劣化症状についてご紹介させていただきましたが、これらの劣化症状が特に見られない場合にはまだ塗り替えを行う必要はないとされています。

 

② 外壁塗装をすぐにした方が良いと言われたけど…

「今すぐ外壁塗装工事をしないと雨漏りしてしまいますよ。」や

「本日契約していただくとお安くできます。」などといったセールストークには注意が必要です。

お客様の不安を大きくして早く契約させたいだけの可能性があるからです。

どこが劣化していてそれがどれだけ危険な状態なのかを細かく伝えてくれない業者には注意しましょう。

 

また50万円以上の大幅な値引きを提案された場合も注意してください。

最初に用意された見積書が高く設定されていて値引きをしているだけということがあるからです。

値引きの理由が良く分からなかったり、何のキャンペーンかわからない場合は一度冷静に考えてみてから決めることをおススメします。

2. 外壁塗装をできるだけ必要ないようにする方法

外壁塗装は一回行うだけで大きな費用がかかります。

できるだけ塗装の回数を減らせた方がお財布にも優しいですよね。

そこで外壁塗装をできるだけ必要ない状況にする方法をご紹介いたします。

① 耐久年数が長い塗料を用いる

耐久年数が長い塗料を用いるとその分メンテナンスを行うスパンが長くなります。

塗料の種類によっても耐久年数は様々ですが、最も短いものと長いものとでは約10年以上の差がうまれます。

耐久年数が長くなればなるほど塗料の費用も高くなってしまいますが、長期間で見た時に耐久年数が長い塗料の方が塗替え回数が減るので最終的にコスパがよくなるといったメリットもあります。

② 業者の見極め

悪徳業者に塗装を依頼してしまうと手抜き工事をされてしまったりしてせっかく塗り替えた外壁がすぐに剥がれてしまうといったことがよくあります。

そうするとすぐに再塗装が必要となり、無駄な費用もかかってしまいます。

悪徳業者を避けることで外壁塗装の回数を減らすことにも繋がります。

 

・訪問販売

訪問販売には特に注意が必要です

訪問販売の多くは言葉を巧みに用いて今すぐに工事を開始させてこようとしてきます。

悪徳業者を避けるためには訪問販売は避けるのがベターであると考えられます。

 

・見積書について

見積書の内容があいまいな会社には注意が必要です。

優良会社は見積書が具体的なことが多いです。

あいまいな見積書は知らないうちに費用が水増しされていることがあるので気を付けましょう。

 

・相見積もり

悪徳業者を避けるためにもまたより良い外壁塗装を行うためにも相見積もりを行うことをおススメします。

相見積もりとは同じ条件で複数の業者に見積りを依頼することです。

業者ごとに比べてみて明らかに費用が高すぎる場合、または安すぎる場合には悪徳業者の可能性があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は外壁塗装がまだ必要ないお住まいについてご紹介させていただきました。

外壁塗装のタイミングはお住まいによってそれぞれ異なります。

今回ご紹介したポイントを参考に外壁塗装を行うタイミング・期間を考えてみましょう。

 

 

堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に

ココペイントまでお問合せください!!

スタッフ一同お待ちしております!!!


ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。

皆さまのおかげで創業92年!

堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。

堺市施工実績4500件!

地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。

これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。

ご相談・お見積もりはココペイントへ!

 

塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。

ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます!

ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。

ココペイントのショールームへ行こう!

ココペイントのショールームは堺市でも最大級です!

広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ!

また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。

ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆

選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。

コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ!

ココペイントの施工事例はこちら♪

色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ!

外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。

※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!!

株式会社 ココペイント

住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1

営業時間:10:00~18:00

フリーダイヤル:   0120-28-1030

TEL  :   072-275-8327

FAX :   072-275-8326