塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

【外壁】外壁に反りが生じる原因と対処法についてご紹介!!

外壁塗装について 2022.07.17 (Sun) 更新

堺市の皆様、こんにちは!

堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです!

ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です

外壁は通常、まっすぐなっているものですが反っていたり浮いてしまっている場合があります。

これらは目に見える異常であるため見つけた場合にはとても不安になりますよね。

このサイディングの反りは外壁の劣化症状の一つです。

今回は、この外壁材の反りや浮きについてご紹介させていただきます。

ぜひ最後までご覧ください。

1. 反りが起こる原因

サイディングの反りや浮きが生じるのは主に表面の防水効果が切れてしまったのが原因として考えられます。

サイディングボードはセメントが主成分で近年、非常に良く使用されています。

しかし水を吸い込むと弱いという弱点があります。

新築時は塗装加工が施されているので水を弾くことができます。

しかし年数が経って劣化が進行してしまうと防水効果が切れ、サイディングは水を吸い込んでしまいます。

水を含むとサイディングは膨張し、火が照ってくると表面だけが先に乾き収縮が起こってしまいます。

すると表面は収縮が起こり、内部はまだ湿っているので表面に向かって反り上がってしまいます。

このようにしてサイディングは反ってしまいます。

2. 反りを放置すると・・・?

反りが起こるのは水分を吸い込み始めてから長期間経過していることを意味します。

もしこのような状態を発見した場合には更なる劣化を防ぐためにもすぐに塗装工事を行うことをおススメします。

ここでは反りを放置してはいけない原因についてご紹介いたします。

理由① 隙間から内部に水が浸入してしまう

反りや浮きがあると隙間ができてしまいます。

その隙間からどうしても水分が内部に浸入してしまいます。

こうなってしまうと雨漏りが発生してしまうだけでなく、内部の木材が腐食してしまいます。

理由② 水分を吸収してしまう面積の増加

外壁材が反ってしまっていると通常は表面の部分だけが雨に当たりますが、側面や裏側にも雨にさらされてしまうため吸収してしまう面積が増加してしまいます。

さらに表面の部分には塗装されているため雨に強い構造になっていますが、側面や裏側にはそのような施工が施されていません。

そのため素地がむきだしになっているので水分をさらに吸収し、反りがひどくなるなど劣化が急速に進行してしまいます。

理由③ もとに戻すことはできない

サイディングボードはセメントでできているため大きな力を加えても元に戻すことはできません。

そのためこれ以上反りが大きくならないように劣化の進行を食い止めることが重要となります。

また、劣化の進行が進んでしまい塗装ではどうにもできなくなってしまった最悪の場合には張り替えを行わなければならなくなってしまいます。

反っている部分を取り替えるのですが、サイディングは現在とても人気の外壁材であることもあり製品はどんどんリニューアルされていきます。

そのため新築時から10年以上経過している場合には全く同じデザインはほとんど生産されていません。

部分的に張り替えを行うので見た目に違和感が生じることがあります。

張り替えとなると1枚あたり5~10万円とお金もかかりますのでできるだけ早く塗装工事を行って劣化を食い止めるのが望ましいです。

3. 補修方法

反りの状態には大きく分けて

・手で軽く押し戻せるほどの軽度な反り

・戻すのにかなりの力が必要、または押しても戻せないような重度な反り

の2種類です。

軽度な場合にはビス打ちという作業を行い、重度の場合には部分張り替えを行います。

それぞれについて詳しく確認していきましょう。

軽度な反りの場合

端から少し浮いていて手で軽く押せば戻る程度の反りであればビス打ちで対応可能です。

反りが生じている部分にビスを打ち込むことで反ってきていたサイディングを抑えることができます。

ビスを打ち込むときに外壁塗装を同時に行うと外壁材に防水機能を復活させることができるのでこの2つは同時に行うのがおススメです。

重度の反りの場合

手では押し戻せないような重度の反りの場合にはビス打ちを行ってもサイディングが割れてしまう可能性があるので部分張り替えを行います。

サイディング自体を部分的に取外し、新しいものに交換します。

サイディングはどんどん新しい製品が登場しているので元のものと全く同じものはほとんど見つかりません。

しかし上から塗装を行うことで差を目立たせにくくしたり、張り替えていない部分の防水機能を付加するためにもこちらも塗装工事と同時に行うことが望ましいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。 

今回はサイディングの反りについてご紹介させていただきました。

サイディングは一度反ってしまうと元には戻せません。

そのため素早いメンテナンスが重要です。

サイディングは水を吸収しなければ耐震性にも優れている建材です。

大切なお家に長く住むためにも適切な時期で塗装などのメンテナンスを行うことが大切です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に

ココペイントまでお問合せください!!

スタッフ一同お待ちしております!!!


ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。

皆さまのおかげで創業92年!

堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。

堺市施工実績4500件!

地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。

これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。

ご相談・お見積もりはココペイントへ!

 

塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。

ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます!

ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。

ココペイントのショールームへ行こう!

ココペイントのショールームは堺市でも最大級です!

広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ!

また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。

ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆

選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。

コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ!

ココペイントの施工事例はこちら♪

色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ!

外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。

※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!!

株式会社 ココペイント

住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1

営業時間:10:00~18:00

フリーダイヤル:   0120-28-1030

TEL  :   072-275-8327

FAX :   072-275-8326