塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

劣化症状の記事一覧

2024年2月3日 更新!

【コーキング】ブリード現象についてご紹介!!|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 皆様は「ブリード現象」という言葉をご存知でしょうか? 普段生活している中では全く聞くことのない言葉だと思います。 ブリード現象とはお家のコーキングに関する劣化のことを言います。 もしかすると皆様のお住いでも発生しているかもしれません。 そこで今回はブリード現象についてご紹介したいと思います。 1. ブリード現象とは? ブリード現象とは外壁に打つコーキング剤の上に塗装工事を行った後に1~2年経過した後に黒ずみのように変色する現象のことを言います。 近年よく使用されているサイディング等の外壁の場合、コーキングの施工方法には先打ちと後打ちの2種類の方法があります。 先打ちは塗装前にコーキング作業を行うことで、後打ちは塗装の後に行うことを示しています。 先打ちの場合ではコーキング剤の上に塗料を塗ることでコーキング剤と塗料が反応してしまい、劣化したときに黒っぽく変色してしまいます。 2. ブリード現象の原因は? ブリード現象はコーキング剤に含まれている可塑剤という成分と塗料が反応することで発生します。 可塑剤とはコーキング剤が劣化してきた時のひび割れを予防するために配合されている成分で、コーキング剤に柔軟性を与えてくれます。 可塑剤が多く含有されているコーキング剤に塗料をそのまま塗布してしまうと数年も経たずに変色してしまいます。 しかし近年の主流のコーキング剤はノンブリードタイプと呼ばれる可塑剤が含まれないものとなってきています。ですが、一昔前に施工されたコーキング剤の中には可塑剤が含まれている可能性があり、そうなるとブリード現象も起こりうるので注意が必要となります。 3. ブリード現象が発生すると・・・? では、ブリード現象が発生してしまうとお家にとってどのような不具合が生じうるのかについてここではご紹介していきたいと思います。 ① 美観が損なわれる 目に見える印象で言うと美観が損なわれてしまいます。 サイディングの目地に充填されているコーキングにブリード現象が発生すると黒く変色し、非常に目立ってしまいます。 外壁の色が黒色ならまだ目立ちにくいですが、白やグレーなど単色の場合はコーキングが悪目立ちしてしまい、美観が損なわれてしまうので注意が必要です。 ② 耐久性の低下 ブリード現象が発生すると塗料が変質してしまいます。 変質が起こってしまうと塗料が本来持っているはずの耐久性が低下してしまい、塗装の劣化が急激に進行してしまいます。 そうなると塗り直しが必要となってしまい、耐久性の良い塗料を選択したとしても台無しになってしまいます。 3. ブリード現象を予防するには できる限り発生してほしくないブリード現象ですが、発生しないためにはどのような対策があるのでしょうか。 1つずつ順番に確認していきましょう! ① ノンブリードタイプのコーキング剤を使用 可塑剤を含まないノンブリードタイプのコーキング剤を使用するとブリード現象を予防することができます。 気になる方は1度工事前に業者に確認してみるようにしましょう。 ② ブリード現象防止のプライマーを塗布 塗装・コーキングの充填等を行う場合にはコーキングの成分を確認してもらうようにしましょう。 また、プライマーを塗布することでコーキング剤と塗料の成分が反応してしまうことを防止してくれます。 なのでプライマーを使用するというのもブリード現象を防止するのに役立ちます。 4. ブリード現象が発生した場合 ブリード現象が発生してしまった場合、コーキングを剥がして塗装し直す必要があります。 コーキングも劣化してしまっていることとなるので再充填も必要となります。 また、ブリード現象があるけれど見た目が少し悪くなるぐらいなら・・・と放置していると変色が外壁の塗装にまで広がる可能性があるのでできるだけ早くに補修することをおすすめします。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回はブリード現象についてご紹介させていただきました。 もしも塗装工事をしてから1~2年なのに変色が気になるという方がいらっしゃいましたら1度業者に点検をしてもらいましょう。 最後までご覧いただきありがとうございました。 堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業95年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE

2024年1月22日 更新!

【塗装工事】塗り替えのタイミングってどうやって判断するの?|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 外壁塗装をお考えの方で一番良い時期がわからなかったり、塗装を行うタイミングがわからないなどたくさん疑問があると思います。 そこで今回は塗装に適している季節、塗装を考え始める築年数、劣化症状について詳しくご紹介したいと思います。 ぜひ最後までご覧ください。 1. 外壁塗装に適した季節とは? 日本には四季が存在しています。 基本的にはどの季節でも塗装工事が可能ですが、特におすすめなのが「春と秋」です。 そもそも外壁塗装に適した気候条件とは ・気温が5℃以上 ・湿度が85%以下 ・雨や雪が降っていない ・霜が降りていない となっています。 春・秋は天気も気温も安定しているため外壁塗装に特におすすめの季節となっています。 かといって夏と冬に塗装工事を避けるべきかと言われるとそうでもありません。 他の季節と比較して夏には梅雨やゲリラ豪雨、冬には雪などがあるため天気や気温はなかなか安定はしませんが塗装工事は十分可能です。 天候が安定しない分スケジュールが乱れやすいというデメリットはあるものの業者が比較的空いているのですぐに工事を始められるというメリットがあります。 2. 外壁塗装に適した築年数とは? お住まいのおかれている環境や使用している外壁材・塗料等によっても変化するため一概に築◯◯年になったら塗装工事をしなければならない!とは言えませんが、一般的には築10年を経過したら外壁塗装が必要になるかもしれないとお考えいただけたらと思います。 そのため築10年を経過したときに1度業者に点検に来てもらうことをおすすめしています。 外壁塗装の必要性の有無を検討する際は築年数よりも次にご紹介する劣化症状を手がかりにして判断することが多いので併せてご覧ください。 2度目以降の外壁塗装について 外壁塗装は1度で終了するのではなく、時間が経過すると2度目が必要となります。 塗り替えがいつ必要になるかは使用した塗料の種類によって異なります。 ここではお家の外壁に主に使用される塗料とその耐用年数について大まかにですがご紹介したいと思います。 ・アクリル 耐用年数:6~8年 最も耐用年数が短く、現在の塗替えではほとんど使用されていません。 ・ウレタン 耐用年数:8~10年 一昔前までは主流でしたがアクリルと同様、外壁の塗替えにはあまり使用されません。 ・シリコン 耐用年数:10~15年 価格と耐用年数のバランスが良く人気の塗料です。 ・フッ素 耐用年数:15~20年 効果にはなりますが、塗装回数を減らすことができるのでコストパフォーマンスが高いです。 次に行う塗装工事の時期をできるだけ延ばしたいという方は耐用年数の長い塗料を使用するようにしましょう。 もしも1度目の塗装工事がすでに終了している場合は次の塗装時期はいつになるのか、使用している塗料を是非一度確認してみて下さい。 3. 劣化症状でみる塗装時期 外壁に生じている劣化症状は塗装時期を知るための大きな手がかりになります。 わかりやすい劣化症状ここではご紹介いたします。 ・チョーキング 外壁を触ったときにチョークのような粉が発生する現象です。 ・変色や色あせ 塗膜の色が薄くなってしまったり、変化してしまう現象です。 ・塗膜の剥がれ 塗膜が剥がれ落ちてしまい、外壁材が露出してしまっている現象です。 上記のような症状が生じている場合には築年数に関わらず塗装が必要となります。 特に塗膜の剥がれが生じている場合には早急なメンテナンスが必要となるので注意が必要です。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は塗装工事のタイミングについてご紹介させていただきました。 外壁塗装を行うおすすめの季節は「春・秋」、築年数の目安は「10年」、劣化症状からみると「チョーキング」「色褪せ」「剥がれ」などが外壁塗装のサインとなります。 サインをしっかりと覚えておき、適切な時期にしっかりとメンテナンスをできるようにしましょう。 最後までご覧いただきありがとうございました。 堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業95年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE

2023年12月22日 更新!

外壁のひび割れの種類と補修について|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 皆さん、お家にひび割れしている部分はありませんか? 外壁にひびが入っている状態を続けてしまうと大変危険です。 今回は外壁のひび割れしたときの補修についてご紹介していこうと思います。 ぜひ最後までご覧ください。 ひび割れの種類 ひび割れの中にも種類があります。 それぞれご紹介します。 ひび割れはクラックとも呼ばれています。 ヘアクラック ヘアクラックは名前のように髪の毛ほどの細いクラックのことを指します。 具体的には幅が0.3mm以下で深さが4mm以下のかなりちいさなひび割れです。 これはモルタルのみならず、窯業系サイディングやコンクリートの外壁でも発生します。 ヘアクラックが外壁表面の場合にはすぐに構造体などには影響しないため、あまり慌てる必要はないです。 しかし放置していると雨がはいってしまう危険性があります。 ヘアクラックに関しては塗装をすれば補修することが可能です。 ヘアクラックは経年劣化と施工ミスによって起こります。 施工ミスは塗料の乾燥時間が適切でなかったことや、素地と塗料の相性や特徴の理解が曖昧で施工してしまったことで起こります。 構造クラック 構造クラックは貫通クラックとも呼ばれています。 0.3mm以上、深さが5mm以上のクラックを指します。 このようなクラックが起きているということは、外壁の内部から外壁材が割れている可能性が高いです。 建物の構造が力を受けたことによって歪んで、割れてしまっています。 また小さなひび割れから構造クラックにまで大きくなった、地震などの外的要因によるものが原因です。 構造的欠陥とも関係があり、筋交いの不足などで揺れや歪みが想定以上受けてしまったことが原因となっていることもあります。 構造クラックができてしまったら早急にメンテンナンスや点検が必要となってきます。 放置すると外壁内部まで雨水によって腐食に繋がったり、基礎の強度が低下してしまって、建物を支えられなくなる危険性があります。 開口クラック 構造クラックと同じように建物に負担がかかることで起こる開口クラックがあります。 窓や扉などの開口部の近くに発生するもので斜めの方向にひび割れが発生します。 外壁が上下左右にズレてしまうことで開口部の端から亀裂が起こります。 開口クラックが起こると雨の影響をかなり受けます。 内部に水が浸入してしまう原因となるので開口クラックが発生している場合にも構造クラック同様早急に補修などの対応をしてもらうようにしてください。 補修方法 補修方法は主に3つあります。 ①シール工法 シール工法は幅が0.3mm未満の場合にはひび割れに対してエキポシ樹脂を注入する工法です。 可とう性エポキシ樹脂もしくはカチオン系ポリマーセメントフィラーをすり込みます。 ヘラやウエスを利用してクラックをなぞってシーリング材を押し込みます。 そして表面を仕上げて完成です。 ②樹脂注入工法 幅0.3mm以上のクラックに向いているのが樹脂注入工法です。 一般家庭に滅多にない専用の道具を使用するのでプロに任せるのが良いでしょう。 工期的にはシーリングと樹脂の乾燥があるので最低でも3日間は必要となってきます。 DIYでしたい方もいらっしゃると思いますが、DIYで補修するのはおすすめしません。 ③カットシーリング充填工法 幅1.0mm以上のクラックに向いているのがカットシーリング充填工法です。 工具や施工技術が必要なものなのでこれもDIYではおすすめしません。 DIYですると逆に割高になってしまいます。 危険も伴うものなので業者に必ず依頼して下さい。 補修費用 補修費用を紹介します。 この費用は業者に依頼した場合です。 シール工法 シール工法は1mあたり700円ほどです。 経費など他のものを含むと2~5万円ほどにはなります。 樹脂注入工法 樹脂注入工法は1㎡あたり2900円前後が相場となっています。 合計で4~8万円程です。 カットシーリング充填工法 カットシーリング充填工法は1㎡あたり4900円前後が相場です。 合計費用は8~15万円ほどとなります。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は外壁のひび割れについてご紹介しました。 ひび割れの具合によって補修方法や費用が変化します。 ヘアクラックで補修する必要はないとは言いますが、それが構造クラックへと変化することも多いため、早めに補修をしていただいておいたほうが、長期的に考えても良いのではないでしょうか。 最後までご覧いただきありがとうございました。 堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業95年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE

2023年12月12日 更新!

日向と日陰で劣化状態に違いはあるの?|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 「同じ建物なのに外壁の劣化の度合いが場所によってぜんぜん違うのはどうして?」 と感じる方はいると思います。 外壁塗装を検討している場合にはどの部分を基準に考えればよいのか迷うこともあるでしょう。 外壁・屋根の塗装は同じ建物であったとしても環境によって劣化の度合いが大きく異なることがあります。 そこで今回は同じ建物の劣化のスピードについてご紹介したいと思います。 ぜひ最後までご覧ください。 1. 劣化状態の特徴について 外壁の塗膜は壁の向きで外から受けるダメージが異なります。 最も大きく異なると言われている部位が「南側」と「北側」です。 理由としては南側は「日向」となり、北側は「日陰」になるからです。 ではこの後では日向と日陰で劣化状態にどのような違いが出てくるのか確認していきましょう。 日向の劣化 日向の外壁は他の部分と比較して紫外線の影響を受けやすい部分となります。 紫外線は塗膜を劣化させる大きな要因の1つで樹脂成分に作用し、塗膜の劣化が進行していきます。 そのため日が当たらない外壁の部分と比べるとどうしてもひび割れやチョーキングなどの劣化症状が発生しやすい傾向にあります。 シーリングの部分も他の部分より早く劣化が進行してしまいます。 日陰の劣化 北側の外壁などでは日当たりが良くないことから紫外線の影響を受けにくいという特徴があります。 先程、日向の劣化要因に紫外線の影響があると言ったことからも日陰は劣化しないのではないか?とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、日陰には日陰の劣化要因が潜んでいます。 それは湿気が多く発生しやすいことです。 湿気が多いと何が起きるのかというと、コケや藻が発生しやすくなってしまいます。 コケや藻が発生してしまうとその部分は水分を多く含むようになります。 そうなると塗膜を侵してしまい、劣化の進行を早くしてしまいます。 日向と比較すると劣化のスピードはゆっくりですが、日陰だからといって劣化要因がないというわけではないことに注意しましょう。 2. 劣化部分の工事について では、日向と日陰のそれぞれで劣化部分を工事するのに違いはあるのでしょうか? その点について以下ではご紹介したいと思います。 日向の塗装工事 紫外線によって劣化が進行した古い塗膜は高圧洗浄機などを利用してしっかりと洗い流してから次の塗装工事を行う必要があります。 古い塗膜をしっかりと除去することによって次に塗る塗膜が密着することができます。 シーリングもしっかりと汚れを取ってから打ち替えや増し打ちを行います。 日陰の塗装工事 日陰の塗装工事でも日向のときと同じように高圧洗浄機などを使用してコケや藻を最初に取り除く必要があります。 その後、塗装工事をしっかりと行います。 日陰の部分には塗装の際に防カビ機能や防汚染機能のついた塗料を使用するのがオススメです。 これらの機能のついた塗料を選択するだけでカビや藻は大きく改善されることが考えられています。   塗料選びはなんとなくではなく、しっかりと現在のお家の状態に合っているものを選択するようにしましょう! 3. 塗り替え時期の検討 先程までにご紹介したことからも同じ建物であったとしても劣化状況は大きく異なることがわかりましたね。 そこで、塗替えの時期はどの部分で判断すればよいの?という問題ですが、最も劣化している部分で判断することが重要です。 周辺の環境の影響も受けますが、基本的に最も劣化の進行が早いのは日向部分です。 そのためお家の南側の外壁をチェックして、劣化症状を見つけた場合には業者に現場調査・見積もりの依頼をして、確認してもらうようにしましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は特にお家の日向と日陰に焦点を当てて、劣化の進行具合についてご紹介致しました。 同じ塗料を同じお家に使用していたとしても外部からの影響によって寿命が大きく変化することがお分かりいただけたと思います。 知らない間に劣化が進行してしまっていたなんてことを防ぐためにもこまめにチェックや定期点検を怠らないように注意しましょう! 最後までご覧いただきありがとうございました。 堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業95年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE

2023年11月29日 更新!

爆裂ってなに??|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 「爆裂」という言葉を聞いたことがありますか?? 爆裂って爆発しているってこと?って思われる方もいるでしょう。 これは劣化の一つです。 今回は「爆裂」についてご紹介していこうと思います。 ぜひ最後までご覧ください。 爆裂とは まず、爆裂についてご紹介します。 爆裂は塗膜が亀裂やバブルと生じて、剥がれる現象を指します。 コンクリート内部の鉄筋がサビてしまうことで、外にむき出しになってしまうことです。 原因 原因としては4つあります。 ・下地処理不足 ・塗料を不適切に使用した ・天候 ・経年劣化 この内一番多いのが、「経年劣化」です。 外壁塗装を放置してそのままにしていたことでひび割れが発生し、ひび割れから雨水が浸入することで内部の鉄筋がサビてきます。 鉄筋は錆びると膨張してきます。 膨張することでコンクリートの中に入り切らなくなって、内部で破裂してしまうということです。 天候においても、急激な湿度差や温度差などで塗膜が収縮膨張を引き起こしてしまうことで爆裂が生じます。 実際、ほとんどのケースは爆裂は一箇所でおさまらず、何箇所か起こっています。 爆裂は台風などの自然災害などで発生する場合もあります。 もし自然災害で爆裂が生じれば、保険を利用して補修してもらうことが可能です。 放置すると 爆裂を補修しないまま放置をしてしまうと以下のようなことが起こります。 ・コンクリートが落ちる ・外壁が堕落する ・内部への深刻なダメージと劣化 放置を続ければ続ける程、劣化が進行し補修するにも費用はあがる一方です。 補修 補修ですが、爆裂箇所を調査して、サビを落とし、エポキシ樹脂モルタルで埋めることで補修とします。 小さな爆裂の場合には1回で充填できるのですが、大きい場合には数回に分けて埋めていきます。 そして上から塗装をして完成です。 対策 爆裂が起きないようにするために、対策をいくつか紹介します。 塗料は品質の高いものに 建物にあった塗料、周辺環境に合った塗料を選択して塗装をする必要があります。 適切な塗料を使うことで施工不良も起こりません。 気候管理 気温や湿度が適切な時に工事を行うことで爆裂を防げます。 定期的な点検 定期的に点検などを行って、定期的にお家を見てもらうことで劣化にもすぐに気づくことができます。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は「爆裂」についてご紹介しました。 爆裂は主に経年劣化によって起こります。 劣化が酷くならないように補修をしておくことが必要となってきます。 定期的に点検をしてもらって、補修をしてもらうようにして下さい。 最後までご覧いただきありがとうございました。 堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業95年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE

2023年11月27日 更新!

【劣化症状】チョーキングについて|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 皆さん、外壁の劣化についてご存知でしょうか。 劣化の症状の種類によってその外壁がどのくらい劣化しているのかがわかります。 そこで今回は、外壁の劣化の始まりと言われるぐらい最初に出てくる「チョーキング」についてご紹介していこうと思います。 ぜひ、最後までご覧ください。 チョーキングについて まず、チョーキングとはどのようなものなのかご紹介していこうと思います。 チョーキングは「白亜化現象」とも呼ばれていて、外壁表面を触ると粉状のものが付着する現象のことをいいます。 これは塗料に含まれる顔料の合成樹脂が紫外線・熱・風雨などによって分解されることで塗装表面に起こります。 このチョーキングの色ですが、白っぽいものになります。 しかし、外壁の色も様々なのでそれぞれのお家の外壁で変わってくることにはなります。 お家の外壁に似た色の粉が手についたらチョーキングと思っていただいて構いません。 チョーキングが起きやすい場所 チョーキングが起きやすい場所というのがあります。 それが、日の当たりやすい南側、西日が当たる場所、そして日が直接当たる場所である2階・3階部分などでは起きやすくなってきます。 原因は2つ チョーキングが起こる原因として2つ挙げられます。 経年劣化 1つ目は経年劣化です。 先程も出てきましたが紫外線や熱、風雨などで顔料が分解することでチョーキングが起こってきます。 クリア塗装の場合は、顔料が含まれないためチョーキングは発生しませんが、劣化しないというわけではありません。 施工不良 もう一つが施工不良です。 あってはならないですが、実際に起こります。 下地処理がしっかりとされていなかったり、乾燥時間などをしっかりしておかないとチョーキングだけでなく、施工不良として劣化症状が出ます。 また立地環境に合っている塗料を使用しているのかということもとても重要となってきます。 害が発生しやすいなど周辺の環境がどうなのかによってかなり違ってきます。 チョーキングが起こっているとどうなるの?? チョーキングが起こっているとどうなるのでしょうか。 劣化の中でも始まりと言われるぐらいの劣化ですが、チョーキングが起こるとお家を保護している機能が低下しているということです。 放置していると以下のようになります。 ・カビやコケなどの発生の原因となる ・クラック(ひび割れ)を起こす原因となる ・ひび割れによって雨漏りが起こる このように放置し続けてしまうと雨漏りにつながり、構造体を腐食させてしまいます。 雨漏りがあって内部が湿ってしまうと、シロアリも発生し建物の強度をさらに低下させます。 気軽にチョーキングチェック! 実はご自身でチョーキングのチェックをしていただくことができます。 外壁を触る 方法の1つ目として手で外壁を触る、もしくは布や紙で擦ってみることで確認することができます。 触ってきてどのくらい付くかで塗装時期もわかってきます。 少しだけという方は、検討を始めて頂きたいです。 かなり濃く付いてしまったというお家は早めに塗装をしていただく必要があります。 水をかけてみる 水をかけてみることでも、チョーキングが出ているのかが確認できます。 チョーキングが発生しているところというのは、耐水性が低下しているので水分を吸収しやすい状態です。 水をかけるとチョーキングが発生していれば変色が起こります。 変色が起こっていればその分塗膜が弱っている証拠となるのでメンテナンスのタイミングです。 チョーキングは塗装一択! チョーキングの発生している外壁へのメンテナンス方法としては「塗装」一択です。 チョーキングが発生していて、高圧洗浄などで洗浄をしても恒常的な劣化であるチョーキングは修復することができません。 そのため、塗装をしてもらうことが良いと思います。 塗装に関してはDIYですると十分な仕上がりにならないです。 なので専門の塗装業者に依頼して塗装をしてもらいましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回はチョーキングについてご紹介しました。 チョーキングは外壁の劣化症状の始まりのものです。 チョーキングが起こったらまず、塗装業者に連絡してみて相談をしてください。 塗装時期などを一緒に考えてくれるはずです。 良い塗装をして、快適に過ごしましょう。 最後までご覧いただきありがとうございました。 堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業95年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE

2023年8月7日 更新!

シロアリ駆除についてご紹介!!|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 お家をお持ちの方でシロアリについて不安を抱えている方は少なくないでしょう。 シロアリ駆除はいつするのがベストなの?シロアリ駆除の方法は?と疑問点もたくさんあると思います。 そこで今回はシロアリ駆除についてご紹介いたします。 ぜひ最後までご覧ください。 シロアリ駆除にオススメの時期とは? ここではシロアリの駆除を行うのにオススメの季節についてご紹介したいと思います。 基本的にシロアリ駆除はどの季節でも行うことができます。 しかし工事の方法によってはこの季節のほうが良いと言うのもあるのでそちらも含めてご紹介したいと思います。 ① バリア工法 シロアリ駆除の一般的な工法で床下の木部や土に薬剤を散布してシロアリの駆除や予防を行うという方法です。 この工法は季節に関係なく1年中行うことができ、費用も安価で即効性が期待できます。 またデメリットとしてはお家によっては床下に入るための点検口を設置する必要があるという点です。 ニオイについてはほとんど気にならない程度ですが、心配な方は1度業者に相談しておくことをオススメします。 ② ベイト工法 こちらはベイト剤というシロアリが好む素材の毒餌を使用するという方法です。 毒餌をシロアリが巣に持って帰り、それを仲間と食べることで巣ごと駆除することが可能となります。 そのためこの工法は4~9月のシロアリが活発に動いている時期に行うのがオススメです。 バリア工法と違って床下に入るための点検口がなくても駆除することが可能です。 こちらのデメリットとしてはベイト剤を年に1回は補充する必要があることとバリア工法と比較すると高額になってしまうという点が挙げられます。 シロアリ駆除の頻度は? 新築のお家、シロアリ駆除をしたことのあるお家に関わらずシロアリ駆除は基本的に5年毎に駆除を行うのがオススメです。 理由としてはシロアリに使用する薬剤は基本的に5年程度で効果が切れてしまいます。 また、ベイト工法でシロアリ駆除を行った場合は年に1回はベイト剤がなくなっていないかの確認を行う必要があります。 シロアリは1年中活動しているので薬剤の効果が切れてしまうタイミングで定期的に検査・駆除を行うことでシロアリを予防することができます。 すでに時期が来ている場合は早めに業者に来てもらって点検をしてもらうようにしましょう。 シロアリ発生のサイン シロアリの駆除は5年に1回が理想的ですが、すでにシロアリが発生してしまっている場合はすぐに対応が必要となります。 そこでここではシロアリが発生している際のサインについてご紹介いたします。 ① 基礎に土で盛られたような道ができている   まず最初にお家の基礎部分に土で盛られたような道がないか見てみましょう。 この土で盛られたような道は蟻道と呼ばれ、シロアリの通り道となっています。 もしもこの蟻道が基礎部分にあればシロアリがお家の中に浸入していることを示しています。 このまま放置してしまうとお家の重要な木材が食べられてしまい、その結果お家が脆くなり、寿命が短くなってしまいます。 蟻道を発見した際はできるだけ速くに業者に駆除の依頼をするようにしましょう。 ② シロアリを室内で発見した お家の中でシロアリを発見した場合はすでに住み着いてしまっているおそれがあります。 深刻な被害になる前にできるだけ早く業者に駆除の依頼をするようにしましょう。 ③ 柱を叩くと空洞音がする お家の柱や床などを軽く叩いてみましょう。 中身が抜けているような空洞音がすればシロアリが発生している可能性が非常に高いです。 すでにシロアリに中身が食べられてしまい、スカスカになってしまっている可能性が考ええられます。 空洞音がするほど食べられているとお家の耐久性はかなり低下してしまっていると考えられるので早急に業者に依頼することをオススメしています。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回はシロアリ駆除についてご紹介させていただきました。 駆除にオススメの季節は工法によって異なりますが、工法を選べば1年中いつでも駆除を行うことはできます。 また、今回ご紹介したシロアリ発生サインを上手に使用し、シロアリがすでに発生している場合には早急に駆除を行うようにしましょう。 最後までご覧いただきありがとうごございました。 堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業95年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE

2023年8月4日 更新!

2回目以降の塗装工事を行うときに知っていてほしいポイントについてご紹介!!|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 外壁や屋根を塗装したとしてもその効果は永遠ではなく、前回使用した塗料にもよりますがどうしても10~15年程経つと再塗装が必要になってしまいます。 2回目以降の塗装工事では1回目の塗装工事よりも気をつけなければならない点がいくつかあります。 そこで今回は2回目以降の外壁塗装を行うときに知っていてほしいポイントについてご紹介したいと思います。 ぜひ最後までご覧ください。 塗装工事が必要な時期について 2回目以降の外壁塗装では前回使用した塗料のグレードやお住いの立地条件等によって塗装が必要な時期が異なります。 あくまでも目安ですがシリコン塗料では10~13年、フッ素塗料では15~20年後に再塗装が必要とされています。 しかしこれは前回、しっかりと正しい手順で塗装された場合であってもしも手抜き工事等をされていた場合にはもっと早くに再塗装が必要となってしまいます。 また、外壁よりも屋根のほうが紫外線の影響を大きく受けることになるので塗り替え周期が早くなることが多いです。 外壁塗装と屋根塗装を同時に行う方がお得にできますので屋根塗装のほうに耐久性の高い塗料を使用しておけば同時に再塗装を行うことが可能となります。 更にお家の立地条件によっても劣化の進行は変化します。 例えば日が当たる外壁側だけが劣化の進行が早くなってしまうことがあります。 そしてひび割れやチョーキングなどの劣化症状が出てきた場合にも塗装工事を検討していただきたい目安となっています。 2回目以降の塗装工事の注意点 2回目以降の塗装工事の費用を考えるときに、同じグレー ドの塗料を使用するのであれば1回目の塗装と施工費用は変わらないとお考えになるのが自然だと思います。 しかし2回目以降の塗装工事のほうが費用がかかってしまうことが少なくありません。 その理由をここではご紹介したいと思います。 ① 1回目の時よりも劣化が進行している。 塗装工事の目的としては経年劣化によりダメージを受けた箇所を補修することで劣化の進行を遅らせるということです。 そのため塗装工事を行ったとしても新築時の状態にお家を戻すことはできません。 そして劣化の中には1回目のときは塗装で補修できていた部分もさらに10~15年経てば別の補修が必要になってしまうこともあります。 この理由から2回目以降の塗装費用が1回目と同じ価格で行えるわけではないのです。 ② 前回の塗料の影響を受ける 2回目以降に使用する塗料は前回使用した塗料の影響をうけてしまうことがあります。 例えばフッ素塗料や光触媒塗料は非粘着性をもっているので新たな塗料が付着しにくくなっています。 そのためこれらの塗料を使用した場合には同じ性質をもつ塗料で塗り替える必要があります。 塗料の相性が悪いと様々な不具合や劣化症状が生じてしまうので注意が必要です。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は2回目以降の塗装工事をする際に気をつけていただきたいポイントについてご紹介させて頂きました。 2回目以降の塗装工事は1回目と同じように行えば良いとお考えの方も多いと思いますが、塗料の選定等より慎重に行わないと失敗に繋がってしまいますので注意しましょう。 最後までご覧いただきありがとうございました。 堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業95年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE

2023年7月5日 更新!

鳥のフンが外壁についてしまったらどうすればいい?|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 皆さん、こんな事ないですか? これは地面ですが、外壁にこのような鳥のフンがついているということ。 気づいていないだけでもしかしたら外壁についてしまっているかもしれません。 実は鳥のフンが付着した外壁は劣化しやすくなってしまいます。 そこで今回は外壁に鳥のフンがついてしまった際の対処法などについてご紹介いたします。 ぜひ最後までご覧ください。 鳥のフンの放置は危険!! 鳥のフンを外壁にそのまま放置しておくことは大変危険です。 それにはいくつかの理由があります。 1つずつご紹介していこうと思います。 ①病気になるリスクが有る 鳥のフンには病原菌であったり、ウイルスが多く含まれています。 フンが乾燥することで、風によって菌が飛び散り、換気などで窓やドアを開けた際に室内に侵入してしまうことがあります。 室内に侵入し、それを私達が吸ってしまうと突然発熱を起こし、肺炎などの気道感染症を引き起こすことのある「オウム病」や肺や皮膚から感染して倦怠感や発熱、頭痛などを引き起こす「クリプトコックス症」、軽度の場合は下痢、重度の場合は呼吸困難等が発症する「ニューカッスル病」といった感染症に感染してしまいます。 この3つの病気はどれも軽度なら風邪程度で済みますが、最悪の場合死に至る可能性もあるため、大変危険なものです。 感染症の他にも、喘息などのアレルギー症状が出てくる場合もあります。 ②外壁を劣化させる 始めに少しお話しましたが、鳥のフンは放置してしまうと外壁を劣化させてしまいます。 みなさんが見たことのあるものは白のものが多いかと思われます。 白のものは鳥の尿で、酸性の性質をもっています。 酸は金属を劣化させます。 コンクリートでも同様です。 鉄筋コンクリートのお家が危険ということです。 酸によって金属は溶けてしまう他変色を起こすため、耐久性がかなり落ちます。 ③美観の問題 特に色の濃いもので塗装をしているという方は、フンが着いてしまうと目立ちやすいですよね。 屋根の近くなどの見えない場所なら良いかもしれませんが、外の人からも見えるところにあってしまうとせっかくのお家のイメージが損なわれてしまいます。 除去について 鳥のフンを発見したらすぐに対処しましょう。 乾いてしまうと取れにくくなってしまう可能性が高いため、早め早めの行動が大切です。 除去をする際には「手袋」と「マスク」は必須です。 感染症にかからないようにするためです。 そして外壁用の中性洗剤を使用するようにして下さい。 アルカリ性や酸性の洗剤を使用すると、塗装や外壁材を傷めてしまう可能性があるため避けましょう。 方法 除去の方法としては以下のとおりです。 ①新聞紙やペーパータオルで拭き取る ※1 ②水で薄めた中性洗剤をかけて擦って落とす ③ぬるま湯などを利用してしっかりと落とす ④落とせたらアルコールで消毒を行う ※1 時間が経過していないで乾燥していなければ、そのまま拭き取って良いが、乾燥している場合にはぬるま湯を利用してふやかす このような手順で除去をして下さい。 その際の注意点について次でご紹介します。 注意点 みなさん自身で除去する場合の注意点についてご紹介します。 1、雨の日や風の日を避けて行う 今の時期、梅雨で晴れの日もなかなか少ないかと思います。 そして風の強い日もよくあります。 そんな日に除去しては更に菌が広がってしまいます。 風が強い日に作業をしてしまうと、室内に入りやすいため、大変危険です。 晴れで風の少ない日を選択して除去に取り掛かって下さい。 2、高圧洗浄機は✕ 高圧洗浄機での作業は控えてください。 高圧洗浄機でしてしまうと外壁の塗膜も同時に落としてしまう場合があります。 塗装の際には古い塗膜を剥がすために必要な作業ですが、外壁を傷つけてしまう原因となるため注意が必要です。 そして、ひび割れなどが入っている外壁に高圧洗浄をしてしまうと内部に水が入ってしまうことを考えられるため、避けて下さい。 3、高い場所なら自分でしない 高所での作業はとても危険です。 安全性を保証することができません。 足元が不安定になってしまうため、ハシゴを使わないとできないような屋根に近い箇所であれば業者に依頼するなど他の手を考えて下さい。 洗剤を使うものになるため、滑ってしまうこともあり得ます。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は鳥のフンの除去についてご紹介しました。 フンをそのまま放置してしまうと鉄筋コンクリート造のお家は特に金属が溶けて腐食し、変色を起こしてしまうため耐久性が落ちてしまいます。 劣化が進みやすくなる原因となってしまうため、発見したらすぐに何かしらの対処方法を取りましょう。 危険なことは専門の業者に依頼して落としてもらうようにしましょう。 快適なくらし、健康に過ごすためにも日常から気にかけていただけると嬉しいです。 最後までご覧いただきありがとうございました。 堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業95年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE