塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

屋根塗装についての記事一覧

2024年2月21日 更新!

屋根塗装を怠ってしまうと・・・?|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 外壁や屋根は新築時や前回の塗り替えから時間が経過すると劣化が進行してしまいます。 屋根は外壁よりも見えにくい部分となっているのでなかなか劣化していることに気が付きにくい部分です。 しかしそのまま放置してしまうと雨漏りが発生してしまい、そのときには手遅れになっていることが多く大規模補修工事が必要となってしまう場合もあります。 そこで今回は屋根塗装を行わないと発生しうるリスクやデメリットについてご紹介したいと思います。 ぜひ最後までご覧ください。 1. 屋根の種類と劣化症状 屋根と言っても屋根材には様々な種類が存在しています。 そこでここでは屋根の種類とそれぞれの劣化症状を見てみましょう。 日本瓦 日本瓦は陶器でできています。 そのため塗膜の劣化の心配は必要ありません。 日本瓦の劣化症状としてはひび割れや欠けなどが挙げられます。 その他にも瓦をとどめている針金や漆喰も劣化してしまうので瓦のズレを直したり、落ちてしまった瓦を交換するメンテナンスも行います。 スレート 近年人気のスレート屋根は粘板岩を加工した屋根材です。 中でも化粧スレートと呼ばれているものは表面に塗膜があり、たくさんの色から選ぶことができます。 表面にある塗膜によって屋根材を保護しているのですが、経年劣化によって塗膜の剥がれやカビ・コケの発生、ひび割れなどが発生します。 塗膜が薄くなってしまうと雨水を吸収してしまうようになり、劣化が進行してしまいます。 金属屋根 金属屋根は基本的にサビに注意する必要があります。 サビは見た目が悪くなる程度だから放置しても大丈夫なのでは?と考える方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、サビは金属に穴をあけてしまう原因となってしまいます。 穴が開いてしまうと屋根としての機能が大きく損なわれてしまうので塗膜をつけることで保護しています。 洋瓦 乾式洋瓦は瓦ではあるものの日本瓦とは異なって塗膜がついています。 そのため塗膜の劣化によってカビ・コケの発生やひび割れが発生することがあります。 2. 屋根のメンテナンスを怠ってしまうと・・・? 上記では主要な屋根材についてご紹介させていただきました。 残念ながら全く劣化せず、メンテナンスフリーという屋根材は今のところ存在していません。 そのため何もせず放置してしまうと劣化症状がどんどん進行してしまいます。 そこでここでは屋根のメンテナンスを怠ってしまうと起こりうるリスクとデメリットについてご紹介いたします。 日本瓦の場合 日本瓦の場合、瓦自体がそこまで劣化していなかったとしても漆喰や針金の劣化によって瓦がズレてしまったり最悪の場合、落下してしまうこともあります。 日本瓦は重みがあるため、万が一落下した際に近くに通行人等がいれば事故が発生してしまう可能性もあります。 そうならないためにもしっかりと点検を行い、メンテナンスを行うようにしましょう。 スレート・金属屋根・洋瓦の場合 これら3つの屋根は表面を塗膜で覆うことで雨や紫外線などの外部刺激から守っています。 この塗膜が剥がれてきてしまうと水分を弾くことができなくなってしまい、吸収するようになってしまいます。 これが繰り返されると屋根自体が脆くなってしまい、簡単に割れるようになってしまいます。 また、金属屋根については水分を吸収するということはありませんが、サビが発生してしまうの劣化を放置するのは禁物です。 劣化が進行して脆くなってしまっている状態の屋根に台風などで飛来物があったりするとダメージが大きくなってしまうことは明らかです。 さらに雨漏りも容易に発生しやすくなってしまいます。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は屋根塗装を怠ってしまうと起こりうるリスクについてご紹介させていただきました。 屋根のメンテナンスは雨漏りが起こってから、穴が空いてだともうすでに手遅れになってしまっている可能性があります。 そうならないためにも10年に一回程度は点検するようにしましょう。 メンテナンスを計画的に行うことで大規模補修工事と比較するとコストも下げることが可能となります。 お家に長くきれいに住み続けるためにもしっかりと点検・メンテナンスを行いましょう! 最後までご覧いただきありがとうございました。 堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業95年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE

2024年2月13日 更新!

屋根塗装と一緒におすすめの雪止めとは?|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 寒い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。 寒暖差が激しくてなかなか過ごしにくい季節ですね。 皆さんのお住まいの地域では雪は降りますか? 大阪ではあまり雪が降ることがないのですが最近、堺でも大雪とはなりませんが、よく雪がふるようになっています。 大阪の北のほうの地域の方はよく雪が降っているのではないかと思います。 お家に関して、雪で心配なのはやはり「屋根に雪が積もってしまってその雪が不意に落ちてしまって人に怪我をさせてしまうこと」ではないのかなと考えます。 そこで今回は塗装と一緒におすすめしたい、「雪止め」についてご紹介いたします。 豪雪地域にお住まいの皆さん、そしてそうでない方もぜひ最後までご覧いただければと思います。 雪による危険 まずは、雪による危険についてご紹介します。 雪がパラパラと降る程度では特に危険性はありません。 しかし、少しでも積もるようになってしまうと交通機関に影響が出ると思います。 雪によって学校が休みになった経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。 交通機関の運行が停止するということもありますが、みなさんが住んでいるお家にも被害が出てきます。 雪は1m四方が1cm積もると3kgほどの重さがあります。 「3kgなんて、全然軽いじゃん」と思うかもしれませんが、これを積み重ねると圧縮することで雪の密度があがり重くなって屋根に荷重がかなりかかってくることになります。 屋根全体に対してこのような雪が積もってしまうと影響が出てきます。 実際このような雪が積もっても住宅自体が潰れてしまう、破壊するといったことは基本的にありません。 しかし、付帯部などの波板については危険性が高いです。 駐車場や雨樋などには波板といって波状に加工されて縦方向に対して耐久性の高い屋根材などに使用される板がつけられています。 この波板は縦方向に耐久性が高いといっても雪の重さには耐えられないことが多いです。 波板に雪が積もっていくと耐えられなくなって歪みが生じてきます。 そして歪んだ後に落下したり、割れてしまったりして補修しないといけない羽目になります。 雪が落下すると、もし仮に人が通っていた場合怪我をするおそれもあります。 このように雪は積もってしまうと危険性の高いものとなっています。 屋根塗装後は特に危険 約10年に1度メンテナンスのために屋根塗装をすると思いますが、塗装をしてすぐの屋根には特に雪が危険です。 屋根強度が上がっているから安心と思う方も多いと思いますが、実はそうではありません。 素地を固めるために下塗り剤などを塗装していますが、それには撥水効果があります。 表面はそれによってかなり撥水性の高いものとなっています。 これが危険で、表面がツルツルしていることとなるため積雪が滑りやすい状態となっています。 屋根に雪が積もるのは屋根が雪の水分を吸収するからであるので、撥水効果が高い状態であるとより危険なのです。 対策 ではこのような積雪にどのような対策をしていかないといけないのでしょうか。 それが「雪止め」です。 屋根に積もった雪を止めて落下させないようにするものです。 軒先から45~60cm程度の場所に設置して被害を最小限に抑えます。 雨樋や軒先にためないことで重さにも耐えることができます。 ただし、豪雪地域では実は雪下ろしの邪魔になることが理由でつけられていないこともあります。 また屋根材によっては設置できないものもあります。 具体的にはアスファルトシングルです。 アメリカで多い屋根材ですが、屋根材自体が柔らかいため積雪による重さに耐えることができないことから雪止めの設置ができません。 そして陸屋根に関しては傾斜がないため設置ができません。 雪が落ちてしまう危険性はないのですが、どのように雪をどけるのかを検討する必要性があります。 塗料にこだわる 豪雪地域にある塗装業者などでは雪をつきにくくしてくれる塗料もあります。 塗料をこだわって選んでみても被害を小さく抑えることができると思います。 雪止めをつけるなら塗装と同時に もし積雪対策として雪止めをつけたいという方がいればぜひ屋根塗装をすると同時に行うことをおすすめします。 塗装後は撥水性が高いと先程ご紹介しましたが、塗装と一緒に雪止めを設置することで落下を防げますし、なにより工事費が浮きます。 足場代もありますし、それだけの工事となると高くなりがちです。 そのため塗装と同時にするとよいと思います。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は雪止めについてご紹介しました。 積雪によるお家への被害はかなり大きいと考えられます。 そのような被害を最小限にするには雪止めをつけるのが良いでしょう。 葺き替えで屋根を変えるという方法もあるのですが、それはかなり高いため雪止めがリーズナブルで検討しやすいでしょう。 設置したい方はぜひ屋根塗装の機会にしていただけると良いのかなと思います。 最後までご覧いただきありがとうございました。 堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業95年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE

2024年2月1日 更新!

【近年増加中⚡】屋根工事の点検商法についてご紹介!!|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 近年、全国の消費者センター等に寄せられる屋根工事の点検商法に関する相談が急増しております。 そこで今回は、屋根工事の点検商法についてご紹介したいと思います。 ご自身の身を守るためにもぜひ最後までご覧ください。 1. 屋根工事の点検商法とは? 皆様はインターホンが鳴り、出てみるといきなり業者の人が「屋根が割れているので点検してみましょうか?」や「近くで工事をしていたのですが、屋根の劣化が激しいので見てみても良いですか?」など依頼もしていないのに知らない業者が来たということはありませんか? このように点検を行い、正当ではない条件で契約を結ぶ商法のことを「屋根工事の点検商法」と呼んでいます。 冒頭でもお話しましたが、近年屋根工事の点検商法を行う悪徳業者が急増しております。 特に高齢の方が狙われやすく、全国各地でたくさんの高齢者の方が被害に遭われています。 被害を未然に防ぐためにも手口や特徴を事前に知っておきましょう! 2. 点検商法の手口 屋根工事の点検商法では、突然お家に訪問してきて何らかの言い分をつけて屋根に登って点検しようとしてきます。 この手の業者は必ず上手い言葉で不安を煽ってきます。 このときに注意してほしいのが、屋根に登ろうとする業者を絶対に登らせないようにすることです。 その理由としては屋根に登り、もともと傷んでもいない瓦などを故意に割ったり壊したりすることがあるからです。 そうして工事が必要だと言ってくるのです。 このような悪徳な手口に引っかからないためにも急に来た業者を屋根には登らせないようにしましょう。 3. 点検商法を行う業者の特徴 被害に遭わないためにも点検商法を行うような業者の特徴を知っておくのは大変有効です。 そこでここでは点検商法を行う悪徳業者の特徴についてご紹介します。 では順番に確認していきましょう。 ① アポ無しで訪問してくる 点検商法を行う悪徳業者のほとんどがアポ無しで急に訪問してきます。 偶然を装ったりオトクなキャンペーンがあるなどと理由をつけて訪問してきます。 このような業者は突然にも関わらずしっかりと点検道具を持ち歩いていたりしてその時点でも違和感を感じる方もいらっしゃると思います。 普通の挨拶回りではこのようなことはまずありえません。 ② 無料点検を勧めてくる 無料点検をすると言い、屋根に登ったりお家の敷地に入ったりしてこようとします。 一度入れてしまうと悪徳業者側もなかなか引かなくなってしまうので絶対に敷地には入れないようにしましょう。 ③ 不安を煽ってくる 「このままだと雨漏りしてしまう」や「家が崩壊してしまうリスクがある」など不安を煽るようなことを言葉巧みに言ってきます。 大抵の場合、この時点では大きな問題が発生していることはありません。 騙されないようにしましょう。 ④ 会社名を言わない これも点検商法を行う悪徳業者の特徴なのですが会社名を言わないことが多いです。 口頭では会社名を名乗ったとしても資料や名刺がなく、ネットで検索してみると会社自体が存在していなかったなんてこともあります。 会社名を名乗らないような業者には細心の注意を払うようにしましょう。 4. 点検商法の業者が来たときは・・・? ここでは点検商法の業者が来た時や誤って契約してしまった時の対応についてここではご紹介いたします。 では順番に確認していきましょう。 ① まずははっきりと断る まずはいきなり訪問してくる業者の話には乗らないようにしましょう。 ここでしっかりと断ることができると被害に遭わずに済みます。 対面してしまうと押しに負けてしまう方もいらっしゃると思うのでインターホン越しでしっかりと断るのがオススメです。 ② クーリングオフをする もしも契約してしまったという場合はクーリングオフ制度を使用するようにしましょう。 クーリングオフが可能な期間は契約してから8日以内となります。 この期間内であれば無条件に契約を解除することが可能です。 証拠を残すためにも契約書等は必ずコピーを取っておくようにしましょう。 ③ 消費者センターに相談する もしも点検商法のトラブルに巻き込まれてしまったと感じたら消費者センターに相談してみることをおすすめします。 土日祝でも対応しているので少しでも怪しい、不安だと感じたらすぐに消費者センターに問い合わせるようにしましょう。 ④ 弁護士に相談する トラブルに巻き込まれてしまった場合は弁護士に相談することも視野に入れるようにしてください。 たとえ消費者センターに相談してアドバイスを貰うことができたとしても、交渉や手続きは別で行う必要があります。 しかし消費者側と業者側で交渉を行うことが困難なケースも数多くあります。 弁護士はその点に関しては一任することが可能です。 もしも点検商法の被害に遭ってしまったという場合には弁護士に相談することも考えるようにしましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は最近多発している屋根工事の点検商法についてご紹介いたしました。 実際に発生している事例を知っておくともしもご自身が狙われてしまったときに気づくことができますし、身近な人を被害から守ることにも繋がります。 今回の記事が少しでも参考になれば幸いです🍀 最後までご覧いただきありがとうございました。 堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業95年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE

2024年1月26日 更新!

屋根工事の基礎知識についてご紹介!!|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 屋根工事についてみなさんはご存知でしょうか。 身近な工事ではない分、「よくわからない」という方も多いと思います。 そこで今回は屋根工事の種類について簡単にご紹介いたします。 ぜひ最後までご覧ください。 葺き替え 葺き替え工事は元々ある古い屋根を撤去して新しい屋根に交換する工事です。 劣化が酷く進行している場合には屋根材の下にある下地の部分も新調する必要があります。 メリット ・屋根材を選択することができる ・下地から張り替えられるという利点があります。 デメリット ・費用がかかる ・工期が長い ・廃材が出る 葺き替え工事にかかる費用は屋根の大きさなどによっても変化しますが、おおよそ120~160万円となっています。また、工期は10~18日程度です。 屋根の劣化が著しい場合には葺き替え工事をおすすめしています。 カバー工法 カバー工法は今ある既存の屋根材の上から新たな屋根材で覆うという方法です。 メリット ・屋根が二重になるので断熱性や防水性が強化される ・アスベスト(有害物質)を含んでいたとしても飛散の心配がない ・費用や工期を抑えることができる デメリット ・屋根が重くなってしまうので耐震機能が低下してしまう ・下地の劣化を見逃してしまうと後に補修が困難に ・メンテナンス費用がかかってしまう カバー工法の費用相場は60~100万円となっていて、工期は8~14日程度とされています。 カバー工法は葺き替え工事よりも費用が安いため費用を抑えたい方向けの工事となっています。 しかしカバー工法は1回しか出来ない工事となっています。 1度カバー工法をした後には葺き替え工事しか出来ないので注意が必要です。 屋根塗装 屋根塗装は表面の汚れやサビを落とした後に塗装する工事となっています。 既存の屋根の状態が良くないとできない工事となっています。 メリット ・費用がおさえられる ・工事音がたたない デメリット ・10年に1回塗装が必要となる 屋根塗装にかかる費用は20~50万円となっていて、工期は8~16日程度とされています。 屋根塗装は葺き替え工事やカバー工法よりもかなり安くなっていますがメンテナンスが必要となります。 定期的に行うことでお家の状態を良く保つことができます。 部分補修 屋根の部分補修には「瓦」「板金」「漆喰」「雨樋」などがあります。 部分補修になるのでこれまで紹介してきた工事よりも安く抑えることができます。 メリット ・費用を抑えることができる ・工期が短い デメリット ・他の部分に悪影響を与える可能性がある ・補修が複数回必要となる場合がある 部分補修ではどの部分でも1枚あたり(1㎡あたり)1万円以内で補修できることがほとんどです。 工期も数日で行えるものもあります。 部分補修で注意してほしいのが「ここだけ劣化してしまった」ということはありません。 目に見えない部分で劣化が進行していることが多く、何度も補修工事をする必要が出てきてしまう可能性があります。 そのため屋根のメンテナンスでは明らかに部分的な破損などが見られる場合を除いて全面補修することをオススメしています。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は屋根工事の種類について簡単にご紹介させていただきました。 屋根の工事は既存の屋根材の種類や劣化の状態によって適切な工事方法が限定されることがほとんどです。 ご自身で屋根の状況を確認することも工事方法を判断するのも困難であると言えます。 そのため新築から10年ほど経過したら点検をしてもらうことをおすすめしています。 適切な時期にしっかりとメンテナンスをしてお家をきれいな状態に保ちましょう! 最後までご覧いただきありがとうございました。 堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業95年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE

2023年12月27日 更新!

屋根瓦に塗装工事は必要?|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 塗装と言うと外壁に目が行きがちですが、実は屋根の塗装も大変重要です。 そこで今回は屋根でも特に屋根瓦に絞って塗装の必要性などについてご紹介したいと思います。 ぜひ最後までご覧ください。 1. 屋根瓦に塗装は必要?? 屋根は日常生活ではなかなか見えにくい部分なので塗装の重要性に気が付かない方が多い部分です。 しかし屋根にも外壁と同じように耐用年数があり、定期的なメンテナンスが必要となります。 屋根は特殊なものを除いて、そのままの状態では防水性や耐候性がありません。 また、直接太陽からの紫外線や雨風にさらされることから防水性と耐候性を持たせることは重要です。 塗装工事を行うことで防水性や耐候性をもたせることができるのです。 また、塗装工事を行うと機能面がアップすることに加えて見た目を良くすることもできます。 このような理由から屋根にも塗装工事は必要であると言えます。 2. 屋根瓦塗装のメリットとは 屋根の中でも特に屋根瓦はわざわざ塗装する必要なんてないのでは?と感じる方も多いとお思います。 そこでここでは屋根瓦を塗装するメリットについてご紹介したいと思います。 ① 欠損した部分のカバー 瓦は衝撃に弱いというデメリットを持っていて、欠損してしまうことがあります。 その欠損部分を塗装工事でカバーすることができます。 残念ながら瓦が欠損してしまうほどのカバーはできませんが、軽度のヒビ程度であれば塗装で補修することが可能です。 ② 色褪せを目立たなくする 機能面では問題が生じていない瓦であったとしても時間が経つことでどうしても色褪せは生じてしまいます。 しかしそこで塗装工事を行うと色褪せを目立たなくすることができ、見た目の古さを改善することが可能となります。 ③ 好みの色に塗装することができる 元々の瓦はカラーバリエーションが少ないです。 また、地味な色味が多いため、印象のあるお家にすることが難しい傾向にあります。 しかし瓦を塗装することで好みの色に変えることができます。 外観の印象を変化させたいという方にも屋根瓦の塗装はオススメです。 3. 屋根塗装をしないと・・・? 屋根の塗装が経年劣化等によって剥がれてしまうと様々な問題が生じてしまいます。 そこでここでは屋根塗装を行わないとどうなるのかについてご紹介したいと思います。 ① 屋根材の寿命を縮める 屋根は適切なタイミングで塗装を行わないと屋根材の寿命を縮めてしまう可能性があります。 外壁と同様で新築時であれば防水性や耐候性に問題はありませんが、時間が経つにつれて次第に塗膜が劣化してしまい防水性や耐候性は失われて行ってしまいます。 そこで塗装工事を行わないまま放置していると塗膜が劣化した状態で紫外線や雨風にさらされてしまい、屋根材が傷んでしまうのです。 もしも長期間、屋根の塗装工事を行っていないという方がいらっしゃいましたらできるだけ早めに屋根塗装をご検討下さい。 ② 雨漏りの発生 防水性が低下した屋根はどうしても脆くなってしまい、破損しやすくなります。 その結果として屋根に隙間ができてしまい、雨水などが家の内部に浸入し始めてしまいます。 そのまま放置していると防水シートが傷んでしまい、雨漏りの発生原因となってしまいます。 雨漏りはお住まいの大切な構造部分を腐食したり、シロアリを呼び寄せる原因にもなってしまい家屋にとって大きな問題となる可能性があります。 お家を長持ちさせるためにも定期的な塗装工事はとても重要です。 ③ 美観を損なう 屋根は外部からの刺激によって色褪せが起こりやすい部分であり、苔やカビなどの汚れも目立ちやすい場所です。 特に日当たりの悪い部分では湿気が多くなり、苔などが発生しやすい環境となってしまいます。 屋根の汚れが目立ってくると外観が古びた印象になってしまいます。 屋根が汚れているだけでお家全体のメンテナンスがされていないという印象を与えかねません。 お家全体の美観を損なうのを避けるためにも定期的にメンテナンスをしっかりと行うようにしましょう。 4. 瓦屋根は一体何年もつ? 瓦屋根が何年もつかどうかについては種類によって大きく変動します。 日本のお住いでよく使用されている日本瓦については非常に耐用年数が高い傾向にあり、約50~100年と言われています。 また、瓦に塗料を使用していないので塗装のメンテナンスが不要というのも日本瓦のメリットの1つでしょう。 セメントが主成分であるセメント瓦は耐用年数が約30~40年とされています。 セメント瓦の防水性は塗膜で保持しているので定期的な塗装メンテナンスが必要です。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は屋根瓦の塗装工事についてご紹介させていただきました。 屋根瓦は外部刺激を常に直接受けているため経年劣化が起こりやすく、定期的に塗装工事を行う必要があります。 しっかりと点検・メンテナンスを行ってお家を綺麗で健やかな状態に保ちましょう! 最後までご覧いただきありがとうございました。 堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業95年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE

2023年12月6日 更新!

【屋根】劣化症状についてご紹介!!|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 外壁はお家の部位の中でも比較的目に付きやすい部分ですので劣化症状に気がつくことが多いですが、屋根はどうでしょうか。 なかなか見る機会がないため意識して見ないと劣化に気がつくことが少ないです。 そのため劣化症状を見逃してしまい、メンテナンスが遅れてしまうということがよくあります。 そこで今回は、屋根の劣化症状についてご紹介させていただきます。 ぜひ最後までご覧ください。 1. 屋根の劣化サインは? では、早速ここでは屋根に生じる劣化サインについてご紹介させていただきます。 どのような劣化が生じるのかを知っておき、早期に気づくことができるようにしましょう。 ① 色あせ 屋根の劣化で最初に発生するのが「色あせ」です。 新品の屋根には防水性を補うために表面に軽く初期塗装が施されています。 色あせは上記で示した塗膜の効果が低下すると現れてくる症状の1つです。 すなわち色あせが生じてしまっている屋根には防水機能などの機能を期待することはできないでしょう。 ② ひび割れ ひび割れにはコケが関与していることが多いです。 どうしてコケが?と疑問に思う方もいると思いますが、コケが屋根に根付いてしまうとそこに水分がたまるようになります。 そうすると常に湿気が高まってしまうので屋根材の傷みに繋がってしまいます。 さらに水分を含むことにより、膨張と乾燥による収縮により「ひび割れ」に繋がってしまいます。 ③ コケ 防水機能の低下した屋根材は、水分の吸収が高くなってしまいます。 先程のひび割れの項目でもお話させていただきましたが、屋根材の傷みにも繋がってしまいます。 さらに湿った状態が続いてしまうと空気中に飛んでいるコケの胞子が屋根材に付着して繁殖してしまうこともあります。 繁殖してしまったコケは水はけを更に悪くしてしまいます。 2. 屋根塗装を行う上での注意点 続いて、屋根塗装を行う際に注意して頂きたい点についていくつかご紹介したいと思います。 これから屋根塗装を行う方にとって参考になる内容となっていますのでぜひご覧ください。 ① 色むら 屋根塗装も外壁塗装と同様で1度塗りではなく2度・3度塗りが必要となります。 屋根塗装は1度塗りでもある程度の仕上がりにはなります。 しかし色むらにならないように、塗料を吸ってしまわないように2度・3度塗りを行う必要があります。 業者によっては1度塗りのみで済ませてしまうような場合もあるのでしっかりと事前に確認し、1度塗りで済まさないような業者に依頼するようにしましょう。 ② 塗料の種類 塗装に使用する塗料にはたくさんの種類があり、それぞれ性能や耐久年数が異なります。 耐久年数が短いものは価格は安いですが、早期に塗り替えが必要となってしまいます。 逆に耐久年数が長いものでは価格は高くなってしまいますが、塗り替えまでの期間が長くなるのでコストパフォーマンスが良い傾向にあります。 それぞれの塗料の特徴を理解して、お家に最適な塗料を選択するようにしましょう。 ③ 下塗り材の種類 屋根塗装を行う際、塗料を塗る前にまず最初に下塗り材を塗ります。 下塗り材は基本的には「シーラー」というものを使用しますが、お家の屋根材によっては他の下塗り材を選択する必要があります。 屋根材に合った下塗り材を使用しないと塗料がすぐに剥がれてしまったり施工不良へと繋がってしまうので注意が必要です。 ④ 汚れ 屋根塗装は屋根がきれいな状態でそこに塗料を塗らないと、せっかく塗装をしたのにすぐに剥がれてしまったりしてしまいます。 そのため塗装を行う前には高圧洗浄機などを使用して屋根に付着した塗料をしっかりと落とす必要があります。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は屋根の劣化症状についてご紹介させていただきました。 日常生活で意外と目にしない屋根ですが、定期的に点検を行い、もしも今回ご紹介した劣化症状を発見した場合にはできるだけ早期にメンテナンスを行うようにしましょう。 最後までご覧いただきありがとうございました。 堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業95年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE

2023年11月9日 更新!

折半屋根の塗装|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 皆さんは屋根の種類で「折半屋根」という種類のものをご存知でしょうか。 倉庫や物置、カーポートなどで使用されています。 住宅で使用されているような屋根と少し違うので、どのように塗装をしていくのか気になる方も多いのではないのでしょうか。 そこで今回は「折半屋根の塗装」についてご紹介していきます。 ぜひ最後までご覧ください。 折半屋根について まず、折半屋根がどのようなものなのか改めてご紹介させていただきます。 折半屋根は断面の構造に充填を置いて開発された屋根材です。 0.6~1.2mm厚の鋼板を大きな波型に成形している屋根材です。 特徴としては、梁や母屋に対して直接葺くことができます。 そのため野地板など下地材がいらず、工期が短縮することができます。 折半屋根の種類 折半屋根には種類がいくつかあります。 以下からご紹介します。 ハゼ締めタイプ タイトフレームの上に取り付けた金具を2枚の金属屋根材の端で挟んで、電動シーマーで巻き込んでいく工法です。 防水性に優れている他、施工を屋根の上からだけで行える、ボルトが不要であるため経済的です。 またボルトが不要なことで雨水が浸入しにくく見た目がかなりきれいです。 一般的に大型工場や倉庫に利用されています。 重ねタイプ タイトフレームの上に取り付けたボルトを貫通させてボルトで固定する基本的な固定方法である屋根です。 かなりシンプルですが、耐風性のあるものとなっています。 そのため、強風が多い地域にも取り入れるのが良いとされています。 この重ねタイプについては小さな面積の施工が多いと思われます。 具体的には駐輪場などです。 嵌合(がんごう)タイプ 嵌合タイプは継ぎ目の上からキャップをはめ込む工法となっています。 継ぎ目の上からキャップをはめているので、屋根の表面からボルトは見えません。 美観性に優れているタイプです。 二重葺きタイプ 金属屋根材を二重とし、その間に断熱材を加えたサンドイッチのような工法です。 断熱材のおかげで、室内温度の変化を防いでくれるので快適に過ごせる他、遮音性も備えています。 わん曲タイプ 軒先を曲げて加工をしているのがわん曲タイプの屋根です。 曲がっていることで雨風の浸入を防いでくれます。 そして通常の屋根と比較しても積雪してしまっても落ちやすい形状となっています。 水はけが良いのも特徴です。 デザインにも優れた屋根です。 画像出典:一般社団法人 日本金属屋根協会 http://www.kinzoku-yane.or.jp/roof/type/01_seppan.html 塗装の必要性と劣化について 折半屋根で塗装が必要な理由としてはやはり、錆です。 そして穴空きです。 錆 錆といっても赤錆と白錆があります。 赤錆は築年数が経ってくると傷のついているところから発生します。 日常的に目にするほとんどの錆はこれだと思われます。 酸化鉄で隙間が多く、非常にもろいです。 白錆は、白い斑点のようなものです。 雨などが長期間当たると腐食から屋根を守るために発生する錆です。 白錆が発生してきたら表面のコーティングが劣化してきている証拠になるのでメンテナンスをしていく必要があります。 赤錆とは違って悪い錆ではありません。 穴あき 穴開きは錆が酷くなることで起こる現象です。 錆を放置したままでいると屋根に穴が空いてしまいます。 少しの穴であれば補修する程度で良いのですが、数が多くなってくると最悪の場合交換が必要となってきますのでそのようにならないように定期的にメンテナンスが必要です。 メンテナンスの目安 折半屋根のメンテナンスの目安としては15年ほどです。 折半屋根は主に工場であったり、倉庫などで利用されることが多いのでかなり年数の経っているものも多いかと思われます。 先程紹介してきた屋根のタイプによって起こる劣化は異なってきます。 15年はあくまで目安となっているのでそれぞれの屋根の状態を見ながらメンテナンスの時期を考えていただけたらと思います。 メンテナンス 折半屋根のメンテナンスの種類としては「塗装」と「カバー工法」、「葺き替え」があります。 塗装 屋根から雨漏りが起きていなくてチョーキングや塗膜の膨れなどがない状態でのメンテナンスには塗装が使われます。 カバー工法 屋根に穴が空いていて、雨漏りを起こしている際にはカバー工法を用います。 ただし、この方法は屋根を固定している箇所は無事でところどころで雨漏りをしている場合になります。 葺き替え 葺き替えはもう屋根が固定し続けることが困難である場合に用いられます。 台風などに耐えることができない場合に葺き替えが採用されます。 費用面(塗装) 塗装でメンテナンスを行う場合、費用の相場としては40万円~100万円となっています。 採用する塗料のグレードによって異なってきます。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は折半屋根の塗装を中心にご紹介しました。 折半屋根には多くのタイプがあり、それぞれ劣化症状も違ってきます。 塗装の目安は15年ですが、状況をみて時期を決めていただければと思います。 最後までご覧いただきありがとうございました。 堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業95年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE

2023年11月3日 更新!

屋根勾配についてご紹介!!|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 みなさんは屋根の勾配には「急勾配」「なだらかな勾配」「平らな勾配」の3種類があるのをご存知でしたか? それぞれにメリットとデメリットが有り、建物の用途や気候条件によって適切な勾配があるというのを事前に知っておくと後々のメンテナンス時や戸建住宅を購入する際に役立つこともあると思います。 そこで今回は屋根勾配の種類とその特徴についてご紹介させていただきます。 ぜひ最後までご覧ください。 1. 屋根勾配とは? 屋根勾配とは屋根の傾斜のことを指します。 これは屋根の形状や材料の種類によって異なります。 一般的には屋根勾配が急なほど雨水や雪が滑り落ちやすくなることから屋根の耐久性が高まるとされています。 北海道などの積雪量の多い地域の屋根をイメージしてもらうと分かりやすいと思います! また、屋根勾配が緩い場合には雨水や雪が留まりやすくなるので屋根の耐久性は低下傾向にあります。 適切な屋根勾配の設計は建物の安全性に大きな影響を与えるというお事を知っておきましょう。 2. 屋根勾配の種類とその特徴 最初にもお話しした通り、屋根勾配には「急勾配」「なだらかな勾配」「平らな勾配」の3種類が存在しています。 それぞれについて特徴をご紹介したいと思います。 では、順番に確認していきましょう。 ① 急勾配 急勾配の屋根のメリットは雨水や雪が流れすく、雨漏りのリスクが少ないということです。 また、屋根裏空間が広くなることから断熱効果が期待できます。 一方、デメリットとしては屋根工事やメンテナンス費用が高くなってしまうこと、強風の影響を受けやすくなってしまうことなども挙げられます。 ② なだらかな勾配 なだらかな勾配の屋根は風の影響を受けにくいという特徴を持っています。 そのためこの屋根の形は沿岸地域におすすめの形です。 しかしなだらかな勾配であるがゆえに雨水やゴミが溜まりやすく、雨漏りのリスクが高まってしまいます。 ③ 平らな勾配 平らな屋根は別名で陸屋根とも呼ばれていて、傾斜が殆どない屋根の形です。 この屋根の形のメリットは建物の外観をスタイリッシュに見せることができるということです。また、屋上部分に十分なスペースがあるので庭やテラスを作ることも可能となります。 さらに、メンテナンスや修理も比較的容易に行うことができるというのもメリットの1つでしょう。 デメリットとしては、雨水や雪が滞留しやすいという点です。 排水が十分に行われない場合には耐久性や防水性に問題が生じる可能性があるので注意が必要です。 また、屋根の劣化は状況によっては雨漏りにも繋がってしまうので定期的な点検とメンテナンスが大切です。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は屋根の勾配についてご紹介させて頂きました。 屋根の勾配は雨水や雪を効果的に排水するために必要な要素の1つです。 しかし時間が経過することでどうしても劣化はしてしまいます。 そのため屋根にもメンテナンスが必要なのです。 傷んだ箇所をしっかりと補修することで雨水や雪の排水性能を向上させる事ができ、お家の寿命を伸ばすことができます。 お家を長持ちさせるためにも定期的な点検とメンテナンスはしっかりと行うようにしましょう。 最後までご覧いただきありがとうございました。 堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業95年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE

2023年10月24日 更新!

【屋根塗装】白化する原因とは|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 皆さん、塗装をした後あまり経っていないのにも関わらず屋根が白くなったことがありませんか? 塗装をしてすぐなら特に、施工不良なのかと疑う方も多いと思います。 そこで今回は塗装後の白化についてご紹介していきたいと思います。 ぜひ最後までご覧ください。 白化について まず、今回紹介する塗装後の白化の概要を紹介します。 この屋根に起こる白化のことを「塗料のかぶり ブラッシング」といったようにも言います。 霧がかかったような状態になってしまう現象です。 塗装をした後すぐになってしまうことが多いです。 すぐに分かるぐらいはっきりと出てきます。 この白化は油性塗料を使用した場合に起こってきます。 ただあまり起こることがないこともあり、馴染みのないものとなっています。 油性塗料の中でも撹拌しないで使用できる1液型と、撹拌する必要がある2液型でも発生のメカニズムが異なってきます。 塗料の型による白化のメカニズム 白化の起こるメカニズムを、1液型と2液型2つに分けてそれぞれ紹介していこうと思います。 1液型 1液型は乾燥し切る前に水分を含んで、その状態で膨張し含んだ水分が蒸発した後に表面に細かいシワや気泡が発生します。 そのシワや気泡が乱反射をすることで艶がないように見えます。 2液型 対して2液型は硬化剤を混ぜているのですが、その硬化剤が本来樹脂と反応しないといけないのですが誤って水分と反応してしまったことで、反応によってつくられた生成物の影響で塗膜が白く見えます。 原因 このかぶり、白化の原因なのですが温度と湿度が大きく関わってきます。 湿度が高いときや気温が低いときに水分を含んで塗膜が硬化したことが原因です。 簡単にいうと結露ができてしまうということです。 結露が塗装をした屋根に出てきていると考えてもらえると分かりやすいと思います。 乾燥が完了する前に水分を含んでしまうと膨張して塗装をした面が白くなることや艶がなくなってしまうことがあります。 白化したらなにかあるのか 実際白化してしまった場合になにか悪いことがあるのかと気になる方も多いと思います。 白化してしまった際に一番影響が出るのは機能的なものではなく「美観」です。 塗装したてなのに見え方が悪いと台無しに感じてしまうかもしれません。 実は機能的には大きくは問題ないです。 しかし、しっかり塗装ができている住宅と比較するとやはり劣化は進みやすいことがあります。 起こらないようにするためには 白化が起こらないように気をつけることがいくつかあります。 気温と湿度 塗装をしてもよいとされている気温と湿度の条件があります。 それを満たしていない場合にはまず塗装をしないべきです。 そして雨が降っているのに塗装をしても白化の原因となるうえ、乾燥しきらないので塗装しないべきです。 また前日に雨が降っていた際にも気を付けないといけません。 温度が低くなっていて、水蒸気がまだ残っているため屋根に水分が含まれてしまう可能性があります。 時間帯 もう1つが時間帯です。 夜露が発生していて乾燥していないまま塗装をしても白化の原因となってしまいます。 時間帯で一番気を付けてほしいのはこれから来る冬の季節です。 冬には通常よりも気温が低く、湿度も高いです。 そのため乾燥時間が他の季節と比較してみても長くとっておく必要があります。 なので冬は他の季節以上に早めに時間を切り上げてもらってください。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は屋根塗装後の白化についてご紹介しました。 湿度の高い状態、気温の低い状態で塗装を続けても白化の起こる危険性が高まるだけです。 雨が降る予想が出ている場合には工事を次の日に順延してもらうなど対応してもらうようにしてください。 そして業者の方もそのようにおっしゃると思いますが、冬はできるだけ乾燥時間を確保するために早い時間で工事を切り上げてもらうようにしてください。 最後までご覧いただきありがとうございました。 堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業95年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE