塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

外壁塗装についての記事一覧

2023年2月7日 更新!

【必見】塗装工事の品質は業者で決まる!?|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 外壁塗装を成功させるためにも「悪質な塗装業者に依頼しない」ということはとても大切です。 しかし悪質な業者と優良な業者を見極めるのは難しいですよね。 そこで今回は悪質業者の特徴をいくつかご紹介させていただきます。 ぜひ最後までご覧ください。 1. 塗装の品質は業者で決まる!? 外壁塗装の品質の鍵を握るのは依頼する業者だと言っても過言ではありません。 塗装工事を行った直後は悪徳業者であろうと優良業者であろうと見た目はきれいに仕上がります。 しかし手抜き工事を行った場合、塗装をしてから5~10年後に色あせやひび割れなどの劣化が発生してきて手抜き工事であったことが判明します。 5年後や10年後に手抜き工事だと発覚しても取り返しが付きません。また、会社が倒産してしまっている可能性も大いにあります。 だからこそ塗装業者を吟味する必要があるのです。 この後からは注意してほしい業者についてご紹介いたします。 2. 悪徳業者の特徴 ここでは悪徳業者の特徴を順番にご紹介させていただきます。 今回はホームページから読み取れる特徴についてピックアップしてご紹介いたします。 ① 価格表示がない 1つ目のポイントは塗装工事の価格表示がされているかどうかです。 塗装工事は高額な工事になるので価格が気になるポイントだと思います。 お家の劣化状態や大きさなどによって価格は変化しますが、価格について何も記載されていない業者には気をつけたほうが良いでしょう。 問い合わせをして、見積もりをしてもらったところ高すぎたり安すぎる価格を提示されたというトラブルも実際に発生しています。 そのため、ホームページ内の価格表示についてまず確認してみましょう。 ② 施工事例 2つ目のポイントは施工事例についてです。 施工事例は実際に塗装工事を行い、満足していただいたお客様の数を反映します。 そのため極端に施工事例が少ない、更新されていない業者には注意が必要です。 ③ スタッフ紹介 ホームページ内にスッタフ紹介がない業者にも注意が必要です。 しっかりとした優良会社では自身をもって自社スタッフの写真やプロフィールを紹介していることが多いです。 また、プロフィール欄に所有資格などが掲載されていると安心して依頼することができます。 会社選びの際には一度ホームページにスタッフ紹介があるかどうか確認してみてくださいね。 ④ お知らせやキャンペーンの更新 ホームページには業者からのお知らせやキャンペーンについて記載されることが多いです。 しかしそれが全く更新されていないような業者には注意が必要です。 毎日ブログを更新しているような業者もありますが、中には数ヶ月以上更新されていないなんて業者も存在しています。 ホームページが活発に活動していないというのは優良業者とは言い難いです。 見積り依頼をする前にホームページの更新具合を確認するのも優良業者に依頼するために重要です。 ⑤ 口コミが極端に少ない Google等の口コミ件数が極端に少ない業者も注意するべきです。 口コミの評価も大切ですが、注目してほしいのが件数です。 件数が少ない業者というのはお客様からなかなか評価されていないということを意味します。 塗装工事で失敗しないためにも口コミは確認するようにしましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は、悪質業者についてご紹介いたしました。 ご紹介した点に注目して、しっかりと優良業者を見極めてより良い塗装工事にしましょう! 最後までご覧いただきありがとうございました。   堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業94年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE

2023年2月3日 更新!

【外壁塗装】スタッコ仕上げについてご紹介!!|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 外壁の塗装方法として昔からよく使用されてきたのが「スタッコ仕上げ」という方法です石灰と水、セメントや砂を混ぜてからドロっとした状態でモルタル外壁に塗装します。 今回はこの「スタッコ仕上げ」についてご紹介いたします。 ぜひ最後までご覧ください。 1. スタッコ仕上げの方法 スタッコ仕上げは大きく2つに分類することができます。 ここではそれぞれについてご紹介いたします。 ① コテ塗り コテ塗りとはその名の通りコテを使用して職人が塗っていくという方法です。 この塗り方では仕上がりが職人の腕に大きく左右されます。 また、唯一無二の模様をつけることができるのも魅力の1つと言えるでしょう。 ② 吹き付け塗装 吹き付け塗装とは噴射器具を使用して吹き付けていく工法です。 コテ塗りよりも一般的な方法で、「吹き放し仕上げ」や「ヘッドカット仕上げ」などの仕上げ方があります。 2. スタッコ仕上げのメリットとデメリット スタッコ仕上げにはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。 一緒に確認してみましょう! メリット 〈吹き付けスタッコ〉 ・工期が短い ・価格が安い 吹き付けスタッコは機械を使用して塗装を行うのでコテ塗り工法よりも工期が短くなっています。 工期はおおよそ1週間程度です。 〈コテ塗りスタッコ〉 ・オリジナルの模様が作れる ・職人の技術があれば耐久性が上昇する コテ塗りスタッコではオリジナルの模様を作ることが可能です。 しっかりと職人とどのような模様を希望するのか打ち合わせをすることが重要です。 また、職人の技術があれば塗料がしっかりと外壁に密着するので耐久性が上昇します。 デメリット 〈吹き付けスタッコ〉 ・コテ塗りスタッコと比較して模様が選べない ・耐久性が低い コテ塗りと比較するとどうしても模様のバリエーションは少なくなってしまいます。 しかしスタッコ塗装特有の重厚感や高級感は十分に表現することができます。 また、耐久性も一般的な塗料と比較すると低くなってしまいます。 そのため定期的なメンテナンスと早期からの対策が必要となります。 〈コテ塗りスタッコ〉 ・価格が高い ・工期が長い コテ塗りスタッコでの塗装は一軒一軒が手作りとなります。 そのため手間と時間がかかるので費用が高くなってしまいます。 3. 注意点 スタッコ仕上げを行う際には大きく2つの注意点が存在しています。 ここではその注意点について順番にご紹介させていただきます。 ①  悪徳業者に注意する スタッコ仕上げは職人の技術が仕上がりに大きく影響を与えます。 またどうしてもひび割れ等が発生しやすい工法でもあるので悪徳業者に依頼しないことが非常に重要です。 そのためにも見積書が細かい部分までわかりやすく記載されているかをしっかりと確認し、不明点は業者に相談するようにしましょう。 ②  モルタル外壁に使用する スタッコ仕上げは基本的にモルタル外壁に使用します。 他の外壁に使用してしまうと密着せず、剥がれの原因になってしまうので注意しましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回はスタッコ仕上げについてご紹介させていただきました。 スタッコ仕上げは重厚感のある素敵な仕上がりになります。 メリットとデメリットをしっかりと理解し、ぜひ取り入れてみてくださいね。 最後までご覧いただきありがとうございました。   堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業94年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE

2023年1月31日 更新!

【コケの発生】対策と予防方法についてご紹介!!|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 お家が新築の時から10年ほど経過するとコケが目立ってきて困っている という方も多いのではないでしょうか。 そこで今回はどうしてコケができてしまうのか、メカニズムとお手入れ方法、予防法についてご紹介いたします。 ぜひ最後までご覧ください。 1. 外壁にコケが発生してしまうメカニズムについて そもそもどうしてコケが発生してしまうのでしょうか。 その答えは、風に飛ばされた苔の胞子が壁面や屋根に付着した事によって発生します。 また、外壁に付着すると湿気を吸い込み成長してしまいます。 コケは水分や胞子などの栄養分があればどんどん増殖してしまいます。 ① コケができやすい家の特徴 お家の状態や外壁の種類によってコケが発生しやすいかどうかが決まります。 どのような家にコケが発生しやすいのか順番に確認しましょう。 〈周辺の環境〉 ・川辺に面している ・森などの樹木に面している ・日当たりが悪い ・風通しが悪い このような特徴があります。 全てに共通して水分量・湿気が多いというコケが生息しやすい環境となっています。 〈外壁材〉 ・モルタル壁 ・リシン、スタッコ壁 ・サイディング壁 などが挙げられます。 また他にもお隣のお家との間が狭かったり、高い塀で囲っているようなお家だと風通しが悪くなるのでコケが発生しやすいです。 ② コケを放置すると・・・ コケを放置したままにしてしまうと ・建材への浸水 ・コケのさらなる増殖 などが起こってしまいます。 それがさらに進行してしまうと外壁の反りや膨れや剥がれといった劣化に繋がってしまいます。 このようなことにならないためにもコケを除去する必要があります。 2. コケの除去方法 コケは外壁を傷めてしまう原因にもなるので除去したほうが良いです。 ではどのような方法で除去すればよいのでしょうか。 ここではコケをキレイに除去する方法についてご紹介いたします。 ① 業者に依頼?自分でできる? まず業者に依頼したほうが良い場合は2階以上の場所にコケが発生している場合です。 2階以上となってしまうとコケを掃除している際に転落してしまう可能性があります。 それを防ぐためにも高所での作業になる場合は業者に依頼するようにしましょう。   ご自身で除去できるのはコケが低い位置にある場合です。 また、軽度のコケでは市販されているコケ用の洗浄剤で除去することができます。 ② 業者に依頼する場合 業者に依頼した場合には高圧洗浄やバイオ洗浄で落とすのが基本となります。 業務用の機械を使用するので汚れがキレイに落ちやすいですが、ご自身で洗浄するよりもコストがかかってしまいます。 ③ ご自身で行う場合 軽度であればご自身で市販のコケ用洗浄剤を使用して除去することができます。 しかし重度のコケを落とそうと強くこすってしまうと外壁を傷つけてしまうことがあるので注意が必要です。 その場合は無理をせずに業者に依頼するようにしましょう。 3. コケの予防方法 最後にコケの発生・増殖の予防方法について3つご紹介いたします。 ① 光触媒塗料を使用する 光触媒塗料はセルフクリーニング機能がある塗料のことで、太陽光を浴びることで外壁に付着した胞子を浮かせ、雨水とともに流すことができるのです。 この塗料は太陽光に反応するので日当たりの悪い場所では効果を十分に発揮できない場合があります。 ② 防藻・防カビ塗料を使用する 塗料の中にコケやカビを防ぐような薬品が配合された塗料となっています。 胞子がそもそも付着しにくくなるものから、付着したとしても繁殖できないようなものまで様々な種類があります。 そのためお住まいの美観を保つことができます。 ③ 日々のお手入れ 月に1回程度柔らかいタオルにお湯を含ませて外壁をふくことでコケの発生・繁殖を防ぐことができます。 コケは熱湯に弱いので45度以上のお湯で死滅させることが可能です。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回はコケをキレイにする方法と未然に防ぐ方法についてご紹介させていただきました。 コケの発生は美観を損ねるだけでなくお家の寿命を縮めてしまうことにもなります。 そうならないためにもしっかりと対策・予防を行うことが重要です。 最後までご覧いただきありがとうございました。   堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業94年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE

2023年1月27日 更新!

【口コミ評価】信頼しても大丈夫??|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 外壁塗装をお考えの方でよくあるのが「口コミだけで塗装業者を選択しても大丈夫ですか?」 という質問です。 初めて外壁塗装を行う方はより口コミを気にされる方が多いです。 そこで今回は口コミを参考にするメリットとデメリットについてご紹介いたします。 ぜひ最後までご覧ください。 1. 口コミを頼りすぎると・・・ その業者で塗装を行った方の意見を聞くことは非常に重要です。 そのため口コミを参考にすることは業者選びをする際にオススメです。 しかし過度に口コミに頼ってしまうと失敗に繋がってしまいます。 実際、近年口コミを頼りすぎて失敗してしまっている方が大勢いらっしゃいます。 そのため口コミの良い点と悪い点を理解した上で1つの判断基準として口コミを利用することをオススメします。 2. 口コミのメリットとデメリット ここでは口コミを参考にするメリットとデメリットについて順番にご紹介いたします。 メリット ・たくさんの人の意見を聞くことが出来る ・口コミ数で判断することが出来る ・実際に工事を行った人の声が聞けるのでイメージがしやすい などが挙げられます。 口コミを参考にすることで実際に工事を行った人の声をたくさん聞けるので実際の工事が具体的に想像しやすいというのが大きなメリットであると言えます。 また、口コミ数が格段に少ない業者でしたらあまり信用に値するとはいえません。 このように口コミは業者選択の参考になる情報が存在しています。 デメリット ・口コミ自体が嘘 ・口コミを書いている人の主観になってしまう ・書かれていることが人によって様々 口コミ自体が嘘かどうかはこちらでは見分けることができません。 そのため過度に口コミを信用してしまうと失敗に繋がってしまいます。   また、例えばAさんがいたとしてAさんは費用を重視する方だったとします。 しかし依頼した業者が外壁・屋根の機能面に力を入れている業者であった場合、費用が思い通りに行かずAさんは口コミで低評価をつけるでしょう。 そこであなたが機能重視の塗装を行いたいと考えているとします。 するとこの業者はぴったりなのです!   このたとえからもお客様それぞれで求めているものが異なります。 そのため他の人の基準で出された口コミを鵜呑みにするのは良くないとわかります。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は口コミ評価についてご紹介させていただきました。 口コミ評価は実際に塗装工事を行った方の意見なので参考になります。 しかし口コミ自体が嘘であったり、お客様によって求めている施工は異なるので口コミだけで業者を決定するというのはオススメできません。 しっかりと情報の取捨選択を行い、失敗のない外壁塗装工事を行いましょう!! 最後までご覧いただきありがとうございました。   堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業94年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE

2023年1月26日 更新!

給湯器の裏って塗装できるの?|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 塗装をするときに、皆さん給湯器の裏は塗装できるのか気になる方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は外壁にくっついている給湯器付近の塗装についてご紹介していきます。 是非最後までご覧ください。 裏は塗装不可能 給湯器の裏は基本的に塗装は不可能です。 外壁に給湯器がくっついている際には不可能です。 もし少し外壁と給湯器の距離が離れていて給湯器に養生を施して刷毛やローラーが入る場合には塗装可能となっています。 実は外壁との隙間が10cm以上ないと外壁を塗装出来ないことがほとんどです。 5cmほどであると塗装は難しいでしょう。 職人の手がとどく範囲になっているので10cmほど隙間が必要となってきます。 もしどうしても裏を塗装したい場合には外すしか方法はありません。 裏を塗装するメリットとデメリット 給湯器の裏を塗装するメリットとデメリットをご紹介していきます。 メリット:どこからみてもきれいに見える 給湯器の裏を塗装するとどの面から外壁をみてもきれいな状態になります。 もし給湯器を交換する時期と重なっていて給湯器のサイズが小さくなるようなことがあっても裏をしっかりと塗装していれば塗り残しもなくなるので良いでしょう。 デメリット:追加料金がかかる 給湯器を外そうと思うとガスの業者の方にも来ていただく必要があります。 その際には更に追加でお金がかかってきます。 また外されると給湯器が使えないので冬であれば特にお湯が使えなくてかなり大変です。 養生をして塗装をしている場合にも給湯器が着火不良や異常着火の可能性があるので、どちらの場合でも給湯器の使用を控えるようにしないといけません。 そして塗装工事は1日で終わるものではないので数日間水のみで生活しないといけません。 お風呂を銭湯に行ったりと何かと大変になってくるのが、給湯器周りの塗装になります。 塗装しないと何かあるのか では給湯器裏の塗装をしないと何かあるのでしょうか。 外壁の塗装は太陽の光があたり紫外線や水でさらされて劣化した塗膜を再形成することが1つの目的です。 給湯器は太陽の光が当たらない場所、水がかからない場所の外壁にくっついていることが多いです。 なのであまり塗装をしなくても悪いことはありません。 強いて言うなら先程も少し出てきましたが、給湯器を買い替えるときにサイズが変化して仮に小さいものになったときには塗り残しが出てくるということです。 塗装と同時に給湯器を交換のもあり 実は塗装をするタイミングで同時に給湯器を交換される方もいます。 わざわざ合わせる必要はもちろんありませんが、もし給湯器の調子が悪くなって交換時期なのであれば塗装を同時に交換をしてもらうと心機一転な気持ちで過ごせるのではないでしょうか。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は給湯器の裏の塗装についてご紹介しました。 給湯器の裏をわざわざ給湯器を外して塗装をする方はかなり少ないと思いますが、依頼すれば可能です。 皆さんそれぞれの塗装を依頼していただければと思っています。 もしタイミングが合えば給湯器を同時に変えるのもいいのではないかなと思います。 この記事が少しでも皆さんの参考になれば幸いです。 最後までお読みいただきありがとうございました。 堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業94年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE

2023年1月18日 更新!

【断熱材】グラスウールってどんな素材?|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 皆さんはグラスウールという断熱材をご存知ですか? グラスウールは住宅用断熱材として幅広く使用されています。 そこで今回はグラスウールについてご紹介いたします。 ぜひ最後までご覧ください。 1. グラスウールの特徴 そもそもグラスウールとは原料であるガラスを高温で溶解して細かい繊維状にしたもので、コストパフォーマンスが良く高い断熱性をもつ優れた断熱材です。 資源ごみからできたリサイクルガラスを使用しているので環境にもとても優しい素材となっています。 グラスウールの断熱材の形状にはボード状のものから吹き込みタイプなど様々な種類があります。 グラスウールとよく比較されるものでロックウールというものがあります。 ロックウールも無機繊維系の断熱材ですが異なる点としては天然の鉱石を熱で溶かして繊維状にし、固めて作る断熱材です。 2. グラスウールのメリット 続いてグラスウールのメリットについてご紹介いたします。 ① 燃えにくい グラスウールはガラスが主な原料となっているため、燃えにくいです。 もし火事になってしまったとしても有毒なガスの発生や延焼を防ぐことが可能です。 ② 身体に影響が少ない グラスウールは「国際がん研究機関」によって発がんのリスクが少ないということが認められています。 身体に影響が少ないので小さなお子さんやペットを飼っている方でも安心です。 ③ コストパフォーマンスが良い グラスウールは高い断熱性を低コストで実現できる優れた断熱材です。 できるだけやすいもので品質は良いものがいい!という方にオススメです。 ④ 経年劣化が少ない グラスウールはガラスからできているため、変形したり断熱性能が下がりにくい特徴を持っています。 そのため経年劣化を少なくすることができます。 他のプラスチックが原材料の断熱材では高温多湿状態で変形してしまうことがあるので注意が必要です。 3. グラスウールのデメリット どうしてもメリットだけではなくデメリットも存在してしまうものです。 ここではそのデメリットについてご紹介いたします。 ① 水に弱い グラスウールが見ずに濡れたり湿気を含んでしまうと断熱性能を十分に発揮することができません。 そのためグラスウールは防水シートなどを利用して水分を含まないように施工します。 ② 施工技術が必要 グラスウールは壁の中に詰めて使用されることが多く、隙間をつくらないようにする施工技術が必要となります。 押し込みすぎたり、隙間ができてしまうと断熱性は低下する他に内部結露が生じてしまうこともあります。 しかし柔軟性のある素材ですのでしっかりと施工できていれば地震の揺れや経年劣化によって少し歪みが生じても隙間ができにくいようにはなっています。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回はガラスウールについてご紹介いたしました。 ガラスウールは優れた断熱性とコストパフォーマンスがあり経年劣化も少ない素材となっています。 デメリットもありますが、メリットのほうが大きいので住宅用断熱材として欠かせない存在となっています。 最後までご覧いただきありがとうございました。   堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業94年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE

2023年1月17日 更新!

【外壁塗装】下地塗料のプライマーとは?|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 外壁塗装には下塗りが必要で大切だとよく言うけれどどんな種類があるのかよくわからない!という方は多いのではないのでしょうか。 そこで今回は外壁塗装の下地(プライマー)についてご紹介いたします。 ぜひ最後までご覧ください。 1. 外壁塗装の「プライマー」とは? 外壁塗装のプライマーとは下塗り塗料のことを言います。 外壁塗装の下塗りの際には基本的に、 ・プライマー(下塗り塗料) ・シーラー(下塗り塗料) ・微弾性フィラー(下地調整材) の3つのうちのいずれかを塗装します。 では、それぞれにどのような特徴があるのでしょうか。 順番に確認していきましょう。 ① プライマー・シーラー まず最初に下塗り塗料であるプライマーとシーラーについてご紹介いたします。 この2つには明確な区別が特にないのでほとんど同じものと捉えていただいて大丈夫です。 これらの特徴としては、後にご紹介する微弾性フィラーと比較して塗装後にできる塗膜が薄いという点が挙げられます。 また、なかには防サビ機能や遮熱機能を持ったものもあります。 金属サイディングを塗装するときや、無機塗料やフッ素塗料・光触媒塗料などの難付着性塗料が塗装された外壁を塗装する際に使用されます。 ② 微弾性フィラー 主な特徴としては先程ご紹介したプライマーやシーラーと比較して塗膜が厚いことです。 微弾性フィラーは劣化が進行した外壁を塗装する際や、凹凸のある外壁を塗装する際によく使用されます。 2. プライマーに関するQ&A ここではプライマーに関するよくある質問にお答えしていきます‼ Q1. 我が家に本当にプライマーが最適なの? A. プライマー、シーラー、微弾性フィラーのいずれを塗装するかは外壁の種類や塗装前に使用している塗料の種類、劣化の進行具合、後に塗る上塗り材の種類などすべてを加味して検討する必要があります。 そのためこうゆう場合は絶対にプライマー!などと断言することはできません。 ですが、上記でご紹介したようにこうゆうときによく使う!というのはあるのでそれを参考に業者に理由を聞いてみると良いでしょう。 Q2. 外壁塗装のプライマーとシーリング補修のプライマーは同じ? A. 同じプライマーという名前ですが、材料は異なります。 そのため外壁塗装で使用したプライマーをシーリング補修に回すということはできないので注意しましょう。 Q3. 外壁塗装のプライマーは何色があるの? A. 外壁塗装のプライマーは基本的に透明色・白色・グレーなどです。 その他にもベージュ・ブラウン・ブラックなどもあります。 Q4. プライマーを塗装した後の乾燥時間は? A. 製品によって異なります。 塗料メーカーは製品ごとに乾燥時間を規定しています。 塗装業者はこの決められた乾燥時間を守って工事する必要があります。 乾燥時間について気になる場合は業者に聞いてみましょう! まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は外壁用プライマーについてご紹介いたしました。 後に塗る塗料の密着性を上げるためにも下塗りは重要です。 最後までご覧いただきありがとうございました。   堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業94年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE

2023年1月13日 更新!

築5年の塗装って早すぎる??|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 外壁塗装を5年ですると聞くと皆さん「早すぎるんじゃないの?」と思われるのではないでしょうか。 外壁塗装のタイミングは約10年に1度であると皆さんもご存知だと思います。 しかし、実は新築の場合築5年で外壁塗装を検討するのは早すぎることはないのです。 そこで今回は築5年で外壁塗装を検討しても良いのはなぜかなどご紹介していきます。 ぜひ最後までご覧ください。 築5年で塗装を検討してもよい理由 築5年で塗装を検討してもよい理由には2つの理由があります。 ①築5年でかなり劣化が進む 塗装のタイミングとしては約10年に1度であると何度か紹介していますが、それは1度塗装をしたことのあるお家のことです。 1度塗装のしたことのあるお家は約10年ほどで劣化が確認されていきます。 しかし、実は新築のお家では築5年の段階でかなり劣化が出てくることが多いです。 チョーキングやヒビ割れ、コケなどの発生が出てきます。 このような劣化が発生してくると塗装をしていく必要があります。 ②新築はアクリル塗料での塗装が多い ①で紹介した劣化がしやすいのにも理由があって、それは新築のときにはアクリル塗料を使用していることが多いことです。 外壁塗装に使用する塗料はたくさんの種類がありますが、それぞれで耐用年数が異なってきます。 実は新築のときにはアクリル塗料が使われていることが多く、アクリル塗料は最も耐用年数が短くコストのかかりにくい塗料なのです。 建てたばかりのお家というのは温度や湿度、気圧に影響されて建材が伸縮し、家がすこしずつ動く現象が起こります。 設計や工事の内容に関わらず、どのようなお家にも起こってくるような現象です。 塗装は外壁の保護の役割を持っています。 しかし、そのような現象が起こった場合、それによる劣化を防げるかといえばそうではありません。 そのため、ある程度動いて建物が安定した頃に塗装をしてもらうので、一番低コストで耐久性の強くないアクリル塗料を使うことが一般的です。 もしこれを耐久性の高いシリコン塗料などでしてしまうと硬い塗膜が形成されているので、少しずつ動いている中で衝撃に耐える事ができず、割れてしまうことが出てきます。 アクリル塗料の耐用年数が5~8年とされています。 最短で5年であるので、新築の場合には5年ほどで塗装をするのがよいのかもしれません。 劣化があった場合にはもちろん塗装は必要です。 築5年で塗装を検討するときの注意点 築5年で塗装を検討する際に気をつけて頂きたい注意点がいくつかあるのでご紹介します。 本当に塗装が必要なのか診断してもらう 築5年だからといって必ず塗装が必要かといえばそうではありません。 1度自分で外壁に異常がないかを確認してみて下さい。 見えるような劣化の場合にはすぐに対処してもらいたいです。 判断が難しい部分ももしかしたらあるかもしれません。 そのときには専門の業者の方に1度お家の状態を診断してもらいましょう。 実際に調査をしてもらうことで内部の劣化の状況や自分で見つけた劣化も原因などを探ってくれるはずです。 複数の業者に依頼すると更に信憑性が高まると思います。 またアクリル塗料が使用されているからと言って、必ず築5年の段階で塗装をしないといけないかといえばそうではありません。 塗料の状態は気温や湿度、そしてお家が建っている気候や環境などにかなり左右されます。 個体差が出てくるものになってくるので、もし検討される方はまず診断からしてもらうことをオススメします。 建てられたときに使われた塗料を確認すること 新築時にはアクリル塗料が使われることが大半であると紹介しましたが、もちろんそうでない場合もあります。 初めに希望を出していた時以外はアクリル塗料になっていると思われますが、確認はしておいて下さい。 もし新築の時点で耐久性、耐候性の高い塗料が使われていたことがわかったら、築5年で塗装する必要もなくなります。 優良な業者に依頼しよう 高額な買い物となる外壁塗装なので、予算ばかり気にして「安いもの、安いもの・・・。」と考える方も多いと思います。 しかし、安いからといってその塗装がいいとは限りません。 ランニングコストを考えていくと耐用年数などを考えていけば、少し高い塗装の方が耐用年数が長くて長持ちするので、将来的には安くなります。 また、塗料の耐用年数というのは業者の職人さんの技術によってもかなり差が出てきます。 質の悪い業者を選ぶと塗料の寿命が大幅に変化してしまうかもしれません。 塗装の質は建物の美観にもかなり影響が出ます。 塗装の手順は正しいのか、下地処理はしっかりしているのか、工期は短すぎないのか、見積もりの詳細を記載しているのか、説明は十分かといったようなことを確認して優良な業者を探すようにして下さい。 お家の診断をしてもらったときにも、塗装の必要性を根拠を持ってしっかりと説明がなっているのかを見極めて下さい。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は築5年の段階での塗装についてご紹介させていただきました。 これは新築の場合です。 もし、1度塗装をされている場合は対象とはなりません。 適切なときに塗装をしてもらうことで、お家の美観や耐久性を高めることができます。 なので、築5年である場合には1度業者の方に診断してもらうことをオススメします。 この記事が少しでも皆さんの参考になれば幸いです。 最後までお読みいただきありがとうございました。 堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業94年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE

2023年1月11日 更新!

【塗装】直貼り工法の外壁は塗装可能??|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 皆さん、「直貼り工法」と呼ばれる外壁での工法についてご存知でしょうか。 サイディングの外壁の貼り方の一種である直貼り工法、この工法での塗装はどのように行っていくのでしょうか。 今回は直貼り工法での塗装についてご紹介させていただきます。 ぜひ最後までご覧ください。 直貼り工法について サイディングは1990年代から普及し始めました。 その時に行われていた工法が直貼り工法です。 直貼り工法は空気や水分が抜けていく層をつくらないで、直接防水シートの上にサイディングを貼っていくという工法です。 2000年頃になると施工方法が変化していき、直貼り工法から現在まで行われている工法への外壁通気工法になりました。 外壁通気工法との違い 現在工法として使われている外壁通気工法と何が違うのか気になる方も多いと思います。 そこで違いについてご紹介していきます。 直貼り工法 先程もご紹介しましたが、直貼り工法は下地となる柱や耐力壁に対して直接貼り付けていくという構造になっています。 下地・防水シート・窯業サイディングというような構造です。 工程が少ないので、工期は短く済みますが、空気層がないため、湿気が溜まりやすくなっています。 下地の木部が腐食しやすい状態にはなるので、カビが発生しやすいところではあります。 外壁通気工法 それに対して外壁通気工法は下地とサイディングの間に胴縁という木材を挟み通気層をつくります。 下地・防水シート・胴縁・窯業サイディングといった構造になります。 胴縁は15mm~18mmの木材を使用しているため、その分の通気層が出来ます。 そのため、内部の湿気を効率よく外部に水分を排出することが出来ます。 建物を安全に保つことができ、断熱性が向上できるので、2000年頃から主流となっています。 このように間に胴縁を入れるか入れないかが2つの基本的な違いです。 直貼り工法は先程も紹介したように腐食が進みやすくなる、結露が生じてしまうといったようなデメリットが出てきたので、現在ではあまり使われないようになりました。 現在のお家はほとんどが外壁通気工法でつくられていますが、1990年代に建てたようなお家であれば、それに合わせたメンテナンスをしていく必要があります。 直貼りかどうかを見極める方法 では直貼りかどうかはどのようにわかっていくのでしょうか。 手っ取り早いのは外壁材を剥がしてみることですが、そんな事中々できません。 リスクがありすぎます。 直貼りというのは内部の構造ではありますが、外からでも十分に確認できます。 自分で確認するには、外壁材と基礎の間に「水切り板金(土台水切り)」というものがあります。 サイディングの一番下にある金属の材料のことです。 画像であると外壁の下の方にある灰色の部分です。 この部分に定規やカードなどあまり厚みの無いものを入れてみて下さい。 1~1.6cmしかないということならそれは直貼り工法でのサイディングになります。 2.5~3cmほどの奥行きがあれば外壁通気工法でされていることが分かります。 直貼りであるとどのようなことが起こるのか 直貼りであるといくつか不具合が起こってきます。 外壁材の膨れや剥がれ、雨漏りといったようなことです。 これらは外部に水分を排出できないことで、内部で吸収をしてしまったり木材をすこしずつ腐食させることで起こってきます。 室内に施工されているボードにも被害が及んでしまい雨漏りになるような事例もあります。 ボードにいってしまうとクロスの剥がれる原因にもなってしまいます。 もし内部結露が原因で雨漏りが起こっているときには破壊検査というものをしないといけません。 それでは通常の雨漏りの検査とは異なり、サイディングや内部側のクロスであったり、ボードを剥がさないといけない事態になるので高額になっていきます。 直貼りでは塗装ができない!? 実は直貼り工法でのサイディングの場合、外壁塗装でのメンテナンスをすることができません。 内部結露を起こしやすい直貼りは、塗装でもしキレイになってもすぐに内部結露が起こってきて、すぐに剥がれが生じてきてしまうからです。 しかし、透湿性のある塗料での塗装を勧める業者も中にはあります。 湿気だけを通すことの出来る塗料で、湿気の影響で塗膜の剥がれが発生することを抑えることができます。 ただ、これでも内部結露は生じやすいところではあるので、結露の防止効果にはなりません。 なのでこの塗料での塗装はかなり危険です。 直貼りのお家のメンテナンス 塗装はおすすめできません。 ではどのようなメンテナンス方法があるのでしょうか。 カバー工法 屋根ではカバー工法をよく聞く方も多いかと思います。 外壁にもカバー工法でのメンテナンスはかなり多いです。 重ねて張っていくので元の外壁を剥がすこと無く新しい外壁をつくっていくため、撤去工事や廃棄物処理の費用もかかってきません。 なので比較的採用しやすい工法かと思われます。 また外壁が二枚重なると防音性や断熱性もあがるので快適な環境をつくることができます。 しかし、外壁が重たくなるので、負担は増えるかもしれません。 外壁張り替え 直貼りのリスクを無くすには張り替えしか方法はありません。 かなりおおがかりなので時期やタイミングはよく見ないといけません。 選べるサイディングの種類も広がるので意匠性の高いものを選ぶことも可能になります。 また張り替えは元の外壁を剥がすことになるので、内部の劣化も十分に把握することができ、下地の補強もできます。 専門業者に依頼しよう 直貼りのされているお家は劣化状況などを総合的に判断をして工事の方法を選んでいく必要があります。 適切な内容をよい品質で実行してもらう必要があります。 きちんと技術力のある業者に工事を依頼するようにして下さい。 ホームページなどを見てみると、その業者の実績であったり、口コミが載っていたりします。 直貼りの工事になれた業者に依頼することが最適であると思います。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は直貼り工法で貼られた外壁のメンテナンスについてご紹介させていただきました。 直貼りには塗装はできません。 その分カバー工法や張り替えなど他の方法でメンテナンスが可能です。 お家に適切なメンテナンスをして快適に過ごしていきましょう。 この記事が少しでも皆さんの参考になれば幸いです。 最後までご覧いただきありがとうございました。 堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業94年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE