塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

ココペイントのスタッフブログ 記事一覧

2024年2月23日 更新!

【ベランダ】防水工事の空気抜きとは??|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 皆さんはベランダなどの防水施工がしてあるところで膨れをみたことはありませんか? 実はその膨れ、防水層の劣化症状の1つで、下地から空気が上がって来てしまった結果膨れが生じてしまっているのです。 そこで今回は防水層の膨れに付いてご紹介したいと思います。 ぜひ最後までご覧ください。 1. 防水層の膨れの原因 防水層が膨れてしまう主な原因は下地に含まれている湿気が蒸発するときにでる空気のことを言います。 防水工事を開始するときに下地が完全に乾いていなかったりするなどして下地が湿気を含んでいる状態であるならば十分に乾燥を行うか空気抜きのための脱気筒などを設置しないと膨れが生じてしまうことがあります。 実際の症例では下地の見極めが甘かったというものや施工の際の乾燥不足などの施工不良に起因するものが多いと言われています。 2. 防水層の空気抜きとは? 上記でも少し出てきた防水層の空気抜きについてここではご紹介させていただきます。 防水層の空気抜きとは下地から上がってくる空気を防水層の外へ逃がすことをいいます。 小さい膨れから大きな膨れまで様々あります。 放置してしまうと防水層が破れてしまい、雨漏りの原因となってしまうので注意するようにしましょう。 3. 空気抜きの重要性 防水層の空気抜きは耐久性に大きな影響を与えます。 防水層は下地に水分が浸入しないようにするため、密閉に施工します。 そのため下地から上がってきた空気は密閉された防水層から出ることができなくなっってしまい、これが膨れとなって生じるのです。 膨れができている部分はどうしても膜が薄くなってしまっていて衝撃で割れやすくなってしまっているので雨漏りには特に注意しておくようにしましょう。 また、一箇所で劣化が生じてしまうと防水層全体へと雨漏りが進行してしまうので防水層の役割を為すことができず、下地の耐久性にも悪影響となってしまいます。 4. 防水層の空気抜きの方法 では、どのようにして空気を抜けばよいのかについてここではご紹介させていただきます。 すでに雨漏りが発生してしまっている下地に対して防水施工を行う場合にはそれぞれの状況に適した工法を選択することが最も重要です。 ウレタン防水やシート防水の場合では防水層を下地に密着させず、通気緩衝工法などの換気の取れるシートを1枚挟んで下地から上がってくる空気を逃すことができます。 また、脱気筒と呼ばれる空気を抜くための筒を設置することで空気抜きを行う方法も大変有効な方法です。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は防水層の膨れについてご紹介させていただきました。 防水工事にはたくさんの施工方法が存在しています。 下地の状態や劣化状態をしっかりと理解した上で工事をしないと膨れや剥がれの要因となってしまいます。 少しでもメンテナンスを検討している場合にはまずは点検してもらうようにしましょう! この記事が少しでも参考になれば幸いです。 最後までご覧いただきありがとうございました。 堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業95年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE

2024年2月21日 更新!

屋根塗装を怠ってしまうと・・・?|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 外壁や屋根は新築時や前回の塗り替えから時間が経過すると劣化が進行してしまいます。 屋根は外壁よりも見えにくい部分となっているのでなかなか劣化していることに気が付きにくい部分です。 しかしそのまま放置してしまうと雨漏りが発生してしまい、そのときには手遅れになっていることが多く大規模補修工事が必要となってしまう場合もあります。 そこで今回は屋根塗装を行わないと発生しうるリスクやデメリットについてご紹介したいと思います。 ぜひ最後までご覧ください。 1. 屋根の種類と劣化症状 屋根と言っても屋根材には様々な種類が存在しています。 そこでここでは屋根の種類とそれぞれの劣化症状を見てみましょう。 日本瓦 日本瓦は陶器でできています。 そのため塗膜の劣化の心配は必要ありません。 日本瓦の劣化症状としてはひび割れや欠けなどが挙げられます。 その他にも瓦をとどめている針金や漆喰も劣化してしまうので瓦のズレを直したり、落ちてしまった瓦を交換するメンテナンスも行います。 スレート 近年人気のスレート屋根は粘板岩を加工した屋根材です。 中でも化粧スレートと呼ばれているものは表面に塗膜があり、たくさんの色から選ぶことができます。 表面にある塗膜によって屋根材を保護しているのですが、経年劣化によって塗膜の剥がれやカビ・コケの発生、ひび割れなどが発生します。 塗膜が薄くなってしまうと雨水を吸収してしまうようになり、劣化が進行してしまいます。 金属屋根 金属屋根は基本的にサビに注意する必要があります。 サビは見た目が悪くなる程度だから放置しても大丈夫なのでは?と考える方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、サビは金属に穴をあけてしまう原因となってしまいます。 穴が開いてしまうと屋根としての機能が大きく損なわれてしまうので塗膜をつけることで保護しています。 洋瓦 乾式洋瓦は瓦ではあるものの日本瓦とは異なって塗膜がついています。 そのため塗膜の劣化によってカビ・コケの発生やひび割れが発生することがあります。 2. 屋根のメンテナンスを怠ってしまうと・・・? 上記では主要な屋根材についてご紹介させていただきました。 残念ながら全く劣化せず、メンテナンスフリーという屋根材は今のところ存在していません。 そのため何もせず放置してしまうと劣化症状がどんどん進行してしまいます。 そこでここでは屋根のメンテナンスを怠ってしまうと起こりうるリスクとデメリットについてご紹介いたします。 日本瓦の場合 日本瓦の場合、瓦自体がそこまで劣化していなかったとしても漆喰や針金の劣化によって瓦がズレてしまったり最悪の場合、落下してしまうこともあります。 日本瓦は重みがあるため、万が一落下した際に近くに通行人等がいれば事故が発生してしまう可能性もあります。 そうならないためにもしっかりと点検を行い、メンテナンスを行うようにしましょう。 スレート・金属屋根・洋瓦の場合 これら3つの屋根は表面を塗膜で覆うことで雨や紫外線などの外部刺激から守っています。 この塗膜が剥がれてきてしまうと水分を弾くことができなくなってしまい、吸収するようになってしまいます。 これが繰り返されると屋根自体が脆くなってしまい、簡単に割れるようになってしまいます。 また、金属屋根については水分を吸収するということはありませんが、サビが発生してしまうの劣化を放置するのは禁物です。 劣化が進行して脆くなってしまっている状態の屋根に台風などで飛来物があったりするとダメージが大きくなってしまうことは明らかです。 さらに雨漏りも容易に発生しやすくなってしまいます。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は屋根塗装を怠ってしまうと起こりうるリスクについてご紹介させていただきました。 屋根のメンテナンスは雨漏りが起こってから、穴が空いてだともうすでに手遅れになってしまっている可能性があります。 そうならないためにも10年に一回程度は点検するようにしましょう。 メンテナンスを計画的に行うことで大規模補修工事と比較するとコストも下げることが可能となります。 お家に長くきれいに住み続けるためにもしっかりと点検・メンテナンスを行いましょう! 最後までご覧いただきありがとうございました。 堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業95年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE

堺市助成金についてのサムネイル
2024年2月19日 更新!

堺市の外壁塗装に助成金はでるの?(2024年度最新版)|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 一戸建てのお家にお住まいの方は時間が経つといずれリフォームが必要となり、高額な費用がかかってきます。 外壁リフォームでは一般的に築10年が経過した頃からメンテナンスを検討しなければなりません。 また外壁や屋根だけではなく内装や水回りなどもメンテナンスが必要になってきます。 このようにリフォームやメンテナンスを行うにあたり、助成金があると嬉しいですよね。 そこで今回は外壁塗装における堺市の助成金や補助金制度についてご紹介したいと思います。 ぜひ最後までご覧ください。 1. 外壁塗装に助成金が出るって本当? 外壁塗装工事を行う際に助成金や補助金が出るというのは事実です。 塗装工事の種類や塗料に限定されている場合もあり、中には「省エネ住宅改修助成金」などという制度のある自治体もあり、遮熱塗料など環境に配慮された塗料を使用して外壁・屋根塗装工事をした場合に助成金をもらうことができます。 これはおおよそになってしまうのですが助成金は工事費用の10~30%程度が支給されます。 堺市の外壁塗装工事の相場は約120万円ほどと言われており、かなり高額な費用がかかってしまいます。 そのため助成金や補助金をもらうことができるとかなり楽になりますよね。 外壁塗装の工事を行う際には都道府県・市町村・地方自治団体が実施している助成金や補助金について調べてみるようにしましょう。 2. 堺市で受け取れる助成金は? 結論から申しますと現在(2024年2月時点)、堺市では外壁塗装における助成金や補助金の制度はありません。 助成金の内容や金額はそれぞれの自治体によって異なっていますし、もちろん制度のない自治体もあります。 そのため工事予定の建物のある自治体に助成金制度があるかどうかを確認することがまず必要になります。 堺市で受け取ることのできる助成金は残念ながらありませんが、大阪府全体で外壁塗装の助成金事業を行っている市はごくわずかであるというのが現状です。 しかし堺市には多くの助成金制度があるのでどれも本当に適用でないのか一緒に確認してみましょう! 住宅・建築物断熱改修等補助事業 堺市では「住宅・建築物断熱改修等補助事業」というものがありますが、外壁塗装工事は対象外です。 この工事では窓や壁、床・天井・屋根などに断熱材を使用した断熱工事のことです。 こちらが適用となるのは断熱塗料を使用した塗装工事ではなく、断熱材を使用した改修工事であるため誤解をしないよう注意しましょう。 これらから「住宅・建築物断熱改修補助事業」は外壁塗装では対象外となってしまいます。 住宅・建築物防火改修等促進事業 堺市では「住宅・建築物防火改修等促進事業」があります。 こちらも外壁塗装は対象外となっています。 この工事は延焼を防止するために行う改修工事のことです。 堺市のホームページを検索してみても「外壁・屋根塗装は対象外です。」とはっきりと明記されているのでこちらも残念ながら対象にはなりません。 耐震改修工事 堺市では「耐震改修工事」への助成金があります。 こちらは外壁・屋根塗装は対象外ですとは明記されていません。 しかし耐震改修工事を行うのには約200~300万円ほどの費用がかかります。 耐震改修工事だけで大きな費用がかかるのに外壁塗装を同時に行おうとする方は今まで例にない事例だそうで、外壁塗装の足場費用を抑えるためだけに200~300万円する耐震改修工事を行い、助成金を利用するというのは現実的になかなか難しいと言えるでしょう。 3. お得に外壁塗装をするには? 堺市にお住まいの方は外壁・屋根塗装を行う際に支援金や補助金を使用して工事を行うのは現時点では不可能だということが上記からわかりました。 では、どうすれば外壁塗装をお得に行うことができるのでしょうか。 ここではそれについてご紹介したいと思います。 優良業者に適正価格で工事をしてもらう 優良業者に適正価格で工事をしてもらうことでお得に工事ができるというのは言うまでもありません。 この塗装業界には悲しいですが、たくさんの悪徳業者が存在しています。 工事内容に見合っていない金額を請求するような業者も多くあります。 そんな中で適正価格で良い工事を行ってもらうことが何よりもお得に工事ができるということに繋がります。 火災保険を使用 火災保険とは、火災だけではなく風災や水災などによって損害が発生した際に一定額を保証してくれる保険となっています。 コケが生えている屋根や雨樋のチョーキング現象や外壁のクラックなどの症状は風災として火災保険や場合によっては地震保険が適用されるケースがあります。 保険の適用条件をクリアすることができれば保険金を使用して工事を行うことができます。 足場を立てる工事をする場合などでは外壁塗装工事と一緒に修繕を行えばお得に塗装工事を行うことが可能となります。 もちろん全ての建物で火災保険が適用されるというわけではありませんが、20~40万円程をリフォームの金額にまかなえるというケースもあるので有効に使用することをおすすめします。 塗装キャンペーンを使用 ココペイントでは通常時よりもお得に塗装を行うことができるキャンペーンやイベントを開催しております。 詳しくは「ココペイントイベント情報」↓をクリックしてご覧ください。 ココペイントイベント情報 過去には ・周年イベント ・初売り祭 ・感謝祭 などのイベントを開催させていただきました。 ココペイントのイベントでは通常時よりもお得なプランや来場特典や成約特典などご用意していますのでお得に外壁塗装を行うことができます。 ※内容はイベントごとに異なります また、塗料の種類や施工方法によって価格を抑えることも可能ですのでお気軽にご相談下さい。 4. そもそもどうして外壁塗装はやった方が良いの? 外壁塗装を行う最大の目的は「見た目をきれいにすること」ではなく「住まいを保護すること」です。 新築時に使用される外壁塗装の耐久年数は約7年ほどでそれ以降は塗膜が劣化してしまい、お住まいを守るという役割を十分に果たすことができなくなってしまいます。 外壁を守る性能が失われると外壁は紫外線や雨風の刺激を直接受けてしまい、更に劣化が進行してしまい傷んでしまいます。 そして最終的には塗膜が剥がれてしまい、防水機能を失った外壁が雨水の侵入を許してしまうようになります。 侵入した雨水が外壁に染み込んでしまうと内部の腐食が進んでしまい、お住まいの劣化が更に進行してしまいます。 そうなってしまうと外壁塗装だけでは対処できなくなってしまい、リフォーム工事が必要となり、さらにお金がかかってしまうようになります。 そのため塗装工事を定期的に行うことで表面を保護する必要があるのです。 ココペイントではそもそも外壁塗装が現時点で必要なのかについてもお悩みの場合は無料でご相談させて頂いていおります。 お気軽にお問い合わせ下さい! お問い合わせはこちらから 5. 悪徳業者にご注意ください 外壁塗装の被害相談件数は年々増加しております。 国民生活センターの情報ですと被害相談件数は年間で約8000件と言われています。 平均すると1日で平均22件の問い合わせがあるということです。 大阪府は日本の中で人口が多いエリアとなりますので悪徳な塗装業者もたくさん存在していることが想定されます。 実際の被害例をいくつかご紹介させていただくと、 ・契約したときの金額と最終的な請求額が最初の金額よりも1.5倍も高い ・外壁のリフォーム工事を契約したのに業者から一方的にキャンセルされた ・施工内容が手抜きであり、口頭での契約と請求金額が異なっている などのトラブルが店舗にて契約した際にも発生する事例が増加しておりますので、注意するようにして下さい。 もしもなにかのトラブルがあれば堺市の消費者センターまでご相談ください。 おわりに 堺市の外壁塗装で助成金を受け取ることはできませんが、キャンペーンや塗料の選定等によってお得に塗装工事をすることは可能です。 今後、堺市で外壁塗装で使用できる助成金がでたらお得に工事ができて魅力的ですね。 また、いずれの助成金も先着順であったり抽選がある場合が多いです。 助成金の情報が入り次第またお知らせさせていただきますね。 外壁塗装は決して安いお買い物ではありません。 お客様のご予算もお伺いして、最適な塗装プランをご提案させていただきます。 もし外壁塗装をご検討中でしたらぜひお気軽にご相談ください。 最後までご覧いただきありがとうございました。 堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業95年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE

2024年2月18日 更新!

【請負契約】塗装工事の契約で気をつけてほしいこと|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 突然ですが、皆さんは請負契約についてご存知でしょうか。 請負契約とは業務を受注した人が業務を完成させることを約束し、発注したものは完成された仕事の結果に対して報酬を支払うという契約のことです。 そこで今回は「請負契約」についてご紹介したいと思います。 ぜひ最後までご覧下さい。 1. 請負契約について ここではまず最初に外壁塗装における請負契約についてご紹介したいと思います。 冒頭の説明だけではピンときているかたのほうが少ないと思いますのでより具体的にここでは確認していきましょう。 外壁塗装や屋根塗装工事を発注する際に契約書には「工事請負契約書」などが書かれていることがほとんどです。 この場合、業者側は契約書に書かれた仕事をしっかりと完成させて納品する義務があります。 また、お客様側は契約した内容の仕事がしっかりと納品されたら契約書にかかれているとおりにお金を支払うという義務があります。 簡潔にまとめると「塗装工事が終了したらしっかりと料金の支払いをしてくださいね。」という契約です。 工事を依頼して契約を結ぶ前には本当に信頼できる業者なのか、しっかりと見極めることが重要です。 2. 契約を結ぶ前の注意ポイント ここでは契約を結ぶ前に注意していただきたいポイントについてご紹介いたします。 失敗しないためにもしっかりと確認しておきましょう! ① 契約書の内容と見積内容が一致しているかどうか 見積もりや業者との会話の中であった提案していた内容がしっかりと契約書におなしように記載されているのかを確認するようにしましょう。 打ち合わせのときに話が出たから含まれていると思っていた工事が契約書には載っておらず、工事費が別途請求されたり工事自体してもらえなかったりと話の食い違いが生じてしまうことがあります。 契約書にサインをする前に見積内容と一致しているのかは必ず確認するようにしましょう。 ② クーリングオフについて クーリングオフとは一度契約をした内容であっても8にち以内であればその契約をなかったことにできる制度です。 請負契約であれば契約書等の書類と一緒になっていることが多いのでしっかりと最後のページまで確認するようにしましょう。 ③ 最終確認 契約書にしっかりと目を通したうえで口頭で最終確認をしっかりと行うようにしましょう。 ・工事期間について ・完成後の保証内容について ・損害賠償について は再確認しておくと安心です。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は請負契約についてご紹介させていただきました。 塗装業界は残念なことにお客様にとって不利益の多い契約書を作成して、サインだけもらって工事を行わなかったり手抜き工事を行うような悪徳業者が存在しています。 契約をする際にはトラブルを防ぐためにも契約内容・不明点をしっかりと確認してから似するようにしましょう。 今回の記事が少しでも参考になれば幸いです。 最後までご覧いただきありがとうございました。 堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業95年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE

2024年2月17日 更新!

建坪と塗装面積、なにがちがうの?|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 複数の業者間で相見積もりを行った際、塗装面積がバラバラであったりそもそも坪数表記となっていて塗装面積の表記がなかったということもしばしば起こりうる事だと思います。 こうなったときにどのような基準で業者の正確性を判断すれば良いのかわからない方が大多数だと思います。 そこで今回はお家の外壁塗装面積についてご紹介していきたいと思います。 ぜひ最後までご覧ください。 1. 建坪と塗装面積の違いとは? 塗装工事の見積書を見てみると塗装する範囲を坪数で表記する業者が存在しています。 一見すると分かりやすくて良いのではないか?と思われますが、実は坪数から正確な塗装面積を求めるということは出来ません。 外壁の高さや開口部分の面積や数によって塗装する面積は変化するからです。 坪数表記は非常にわかりやすいので目安として表記している業者も多いですが、見積書が坪数と価格のみの場合には注意するようにしましょう。   また建坪と塗装面積のちがいについてこの2つで異なる点は「外壁の面積を算出しているのか」どうかです。 建坪は1階の床面積を表したものです。 床面積からは外壁を塗装する部分の面積を知ることはできません。 窓や玄関の面積や外壁の高さ、ベランダやバルコニーなどによっても塗装面積は変化するのです。 そのため、建坪は異なっていても実際に塗装する面積は変わらないなんてことも多くあります。 2. 塗装面積の求め方とは? 塗装面積の求め方は大きく2種類に分けることができます。 それぞれについて順番に確認していきましょう。 ① 図面から算出 図面はお家を建てたときに業者や不動産から提出されているものですのでぜひ一度ご確認してみて下さい。 コンピュータと図面を使用して塗装面積を算出することが可能です。 また、コンピュータと図面を使用することからもより精度の高い正確な塗装面積を得ることができます。 ② 実測して算出 もう1つの方法が実測して算出するという方法です。 図面を持っていない場合などでは実測して算出を行います。 外壁周りの長さ、外壁の高さなどはもちろん窓や玄関の大きさなども計測します。 図面とコンピュータを使用する方法よりは正確性は劣りますが、レーザー距離計などを用いるとより正確に実測することが可能となっています。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は建坪と塗装面積についてご紹介させていただきました。 外壁塗装工事を行うときは建坪ではなく、塗装面積を算出して判断するようにしましょう。 この記事が少しでも皆様の役に立てれば幸いです。 最後までご覧いただきありがとうございました。 堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業95年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE

2024年2月16日 更新!

塗料の有害物質|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 塗装をする上で気になる1つとして「体調面」なのではないでしょうか。 塗装で体調を崩してしまわないか、そんな心配のある方もいらっしゃると思います。 そこで今回は、「塗料の有害物質による人体への影響」についてご紹介していこうと思います。 ぜひ最後までご覧ください。 現在主流となっている塗料 塗料の種類は主に2つあって、油性塗料・水性塗料の2種類です。 何が違うのかというと、塗料を溶かしている溶剤の種類です。 油性塗料は有機溶剤によって塗料を溶かしているのに対して、水性塗料は水で塗料を溶かします。 油性塗料で溶かすのに使っている有機溶剤というのが、人体に影響を与えます。 現在主流となっている塗料はこの2つのうち、水性塗料の方です。 そのためあまり現在は影響の与えるものはほぼないと言えます。 ですが、まだ油性塗料もゼロではありません。 以下より有機溶剤について詳しく紹介します。 有機溶剤 有機溶剤はかなりの刺激臭がします。 この刺激臭の原因となっているのが、化学物質です。 例を挙げると「ホルムアルデヒド」「メタノール」「キシレン」といった化学物質です。 これらは使用量などが法律によって決まっていて、ホルムアルデヒドに関しては特に制限が決まっています。 それについての理由は後に紹介します。 有機溶剤は揮発性の高い液体です。 蒸気になって呼吸をすることで体内に入り、これによって人体に影響を与えます。 起こりやすい病気や症状 この有機溶剤によって起こりやすいとされている病気や症状を紹介します。 ・シックハウス症候群 ・肺炎 ・呼吸困難 ・がん といったものが挙げられます。 発がん性の高い有機溶剤を使用していることでこのようなことが起こります。 シックハウス症候群について詳しく紹介します。 シックハウス症候群 シックハウス症候群は目や鼻の奥・喉などの粘膜の痛み、刺激の他頭痛や吐き気、湿疹、倦怠感などが起こってくる症状です。 これはホルムアルデヒドによって引き起こされる症状となっています。 先程ホルムアルデヒドについては制限が定められていると紹介したと思いますが、理由はこのシックハウス症候群を引き起こす可能性があるからです。 外壁塗装というのは密閉された空間ではないので、可能性は低いとされていますが、塗装してすぐの外壁の前にいすぎるのはよくないかと思います。 対策 あまり今ではないと思うのですが油性塗料を提案されて、もし心配な方は以下のような対策をして下さい。 水性塗料に変更してもらう キシレンなどは揮発性有機化合物(VOC)というのですが、VOCが極端に少ないのが最初に紹介した水性塗料です。 安全性も高く臭いも少ないのでオススメです。 ほとんどの場合水性塗料を提案されるのではないかなと思います。 低VOC塗料 水性塗料以外にもVOCの少ない塗料があって「無機質塗料」「光触媒防汚塗料」です。 人体や環境に優しいのはもちろん、汚れを防いでくれるような機能ももっているため気になる方は依頼する業者にそのような塗料があるのかを聞いておくと良いでしょう。 自然系塗料 最後に紹介するのが「自然系塗料」です。 これはVOCが全く入っていない塗料となっています。 アマニ油、白ロウといった天然素材を原料とした塗料となっていて、人にも環境にも優しいものとなっています。 ネックなのは費用が高いことと、時間がかかることです。 乾燥時間が通常の塗料に比べて長いため、工期が長くなってしまいます。 また耐候性について通常の化学塗料と比較して低いです。 そのため、耐候性などにこだわる方にはおすすめできません。 VOCがないので安全性は高いですが、デメリットも多いと思われます。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は塗料の有機物質についてを中心にご紹介いたしました。 現在主流となっているのが水性塗料なのであまり油性塗料に馴染みが無いかもしれません。 有機溶剤によって引き起こされる症状はかなり大きな症状であることが多いため、注意が必要となってきます。 皆さん塗料の選定には十分に気をつけてくださいね。 最後までご覧いただきありがとうございました。 堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業95年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE

2024年2月15日 更新!

【外壁塗装】予算がなくてもこれだけはしてはダメ!!|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 外壁塗装などのメンテナンスをしないといけない時期になっても「あまりお金がないからできるだけ安く塗装したい・・。」 そのような方いらっしゃるのではないでしょうか。 もちろん安くで良い塗装をしてもらうのが一番いいのですが、値段だけにこだわってしまって、良い工事をされないことがかなり多いです。 そんなことに皆さんが巻き込まれないように、今回は「予算があまりなくてもこれだけはダメ✖」といったことをご紹介していきます。 気になっている方はぜひこの記事を参考にしていただければと思います。 ぜひ最後までご覧ください。 してはいけないこと 値段の安いもの重視で、他の事を考えないで契約してしまう人がいます。 予算がなくても絶対にしてはいけないこと、ご紹介します。 ①相見積もりして、値引きさせる 1つ目は相見積もりをした後、値引きをさせるということです。 マナー的によくありません。 わかりにくいと思うので例を出して説明します。 A社・B社・C社の3つの会社で相見積もりをします。 相見積もりは塗装工事の値段などの妥当性を図るために、いくつかの会社で同じ条件で見積もりをとることを言います。 そしてA社から順に140万円、130万円。110万円だったとします。 この時点で110万円を選択する方もいらっしゃると思いますが、業者の方の人柄やサービスなどでどうしてもA社にしたいとなったとします。 その際に、A社に対して「相見積もりして他の会社は30万円安い110万円で提示してきたからここでも110万円まで値引きしてよ。」 といったように、他社に比べてこっちはこんなけ安いからその分を値引きして。というのはマナー的にNGとされています。 優良な業者からしてみると初めの段階から、そのお家に対して必要な工事を考えて工事費を提示しているはずです。 これに対して値引きを交渉していくと、必要とされていた工事を削る必要が出てきます。 そうやって削ると後にお家の寿命などに大きく関わってくる可能性があります。 例えば3回塗りなのに2回塗りに変更させる、というようなものです。 値引きをするとしても、必要以上に交渉するのは皆さんのためにもよくありません。 ②初めから格安の業者に依頼する 相場に対して数十万円も安く工事を提供しようとするような業者には絶対に依頼してはなりません。 悪徳業者によるぼったくりと手抜き工事の可能性があります。 支払いのタイミングが先に一括であったり、足場代が無料になっていたり。 悪徳業者を見極めるのは難しいかもしれませんが、値段が極端に安いところには絶対に依頼しないで下さい。 ③グレードの低い塗料での塗装 グレードの高い塗料ほど、耐久性が高いですが、値段もその分張ってきます。 一番安い塗料でしてほしいというと、耐久性が低いことによって数年に1度塗装をしないといけなくなります。 将来的に見て、安い塗料で何度も塗装する方が実は高くつきます。 それなら1度で耐久性が高いものを選択してメンテナンス回数を少なくする方が良いのではないかと考えます。 ④塗装自体しない 塗装自体しないことを検討する方もいらっしゃるでしょう。 しかしそれは絶対にダメです。 紹介した中で1番してはいけないことです。 外壁材を守る、そしてお家自体を守ることが目的とされている塗装で全くしていない状態となると何かあったときにかなり崩れやすい状況になってしまいます。 劣化が多いと特にです。 修復しないまま放置していると、流石にしないとまずいとなって工事をした際に劣化が酷くなっていればいるほど工事費が膨大なものとなってしまいます。 コストを抑えるためにも塗装は絶対にして下さい。 ⑤DIY ホームセンターなどで材料を集めて、DIYで塗装を行うとかなり安く済むと思いますがそれも絶対に避けてください。 素人の方がすると仕上がりにムラがでたり、剥がれがすぐに出たりといったことが起こります。 本来の塗料が持っている機能が十分に発揮できないことがほとんどです。 結局プロの業者に依頼しないといけない羽目になります。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は「予算がなくても塗装においてしてはいけないこと」についてご紹介しました。 塗装をしないというのが、一番してはいけないことです。 またDIYで行う、格安業者に依頼する、といったようにしてはいけないことがたくさんです。 値段ばかりを優先して変な業者に巻き込まれないように注意して下さい。 最後までご覧いただきありがとうございました。 堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業95年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE

2024年2月14日 更新!

機能性塗料の選び方|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 皆さんは外壁塗装を検討した際、塗料はどのようにして選んでいますか? せっかくだから長く持って、あまりメンテナンスをしなくても良いようなものが良いと考えている方も多いと思います。 そこで今回は塗装するだけで付加価値が上がる塗料である「機能性塗料」についてご紹介していきます。 ぜひ最後までご覧ください。 機能性塗料とは 機能性塗料というのは、塗料本来の機能に加えて他の機能を付加したものとなっています。 効果を高めるために特殊加工をして機能を足しています。 本来の機能というのは塗膜を形成して、雨風・太陽光などからのダメージを防ぐことです。 それに対して、それらの効果を高めるための加工をしたり、他の機能を加えたものが機能性塗料となっています。 以下より、どのようなものがあるのかそれぞれご紹介していけたらと思います。 機能性塗料の具体例 具体例として8個挙げられます。 ・遮熱塗料 ・断熱塗料 ・低汚染塗料 ・防水耐水塗料 ・透湿性塗料 ・防カビ塗料 ・耐火性塗料 ・耐候性塗料 この8つです。 遮熱塗料 1つ目は遮熱塗料です。 熱の原因となる太陽光の赤外線を反射して、塗装をした面の温度上昇を防ぎます。 屋根外壁ともに遮熱塗料で塗装をすることによって、室内に日差しが入ることを抑えて快適に過ごすことができます。 屋根を塗装した場合、表面温度を最大で15~20度ほど低下することができるので、電気代などを削減することが可能です。 断熱塗料 2つ目は断熱塗料です。 熱を伝わりにくくするものです。 熱の移動を緩やかにすることで室温を快適にすることができます。 塗料に空気を含ませる成分を加えることによって塗料が断熱材のような機能をもたせます。 屋根温度が上昇したとしても、室内には伝わりにくくなります。 そして室内の温度に関しても外に出にくいので、冬は保温効果も期待することができます。 低汚染塗料 3つ目は低汚染塗料です。 低汚染塗料は、塗装した面が汚れづらく、美観を保ちやすいものとなっています。 汚れづらいとカビや藻の発生も防ぐことができます。 セルフクリーニング機能をもっているので、汚れなどを雨が降ったときに流してくれます。 これは親水性が高いことにあります。 排気ガスによる油性の汚れも弾いてくれるのでそのような汚れも防いでくれます。 交通量の多い道路に面したお家に塗装をするのがオススメです。 防水耐水塗料 4つ目は防水耐水塗料です。 防水塗料などは防水性の高いとされている弾性塗料のことを言っている場合が多いです。 そのため、防水塗料はひび割れなども防いでくれるものとなっています。 コーキング部分やモルタルの外壁に利用されることが多いです。 透湿性塗料 5つ目は透水性塗料です。 透湿性は、建物の内部にある湿気を外に逃がして、対して外からの湿気は中に入れないといった機能をもった塗料です。 これは液体と気体の分子の大きさの違いを利用することによって起こります。 透湿性の高い塗料を使用すると、湿気が原因で発生する塗膜の膨れや浮きを予防することが可能です。 湿気の溜まりやすい軒天部分、外構などの塗装に向いています。 また結露が起こりやすい断熱性に優れた建物、すでに結露が起こっている部分の塗装にも向いた塗料となっています。 防カビ塗料 6つ目は防カビ塗料です。 防カビ塗料は言葉の通り、カビの起こりにくい塗料となっています。 太陽の当たりにくい北側の壁面にカビや藻は起こりやすいです。 カビや藻が発生すると美観性はもちろん、外壁材の腐食へも繋がります。 北面や風通しが悪くて湿度が高くなりがちな位置の外壁に塗装するのがオススメです。 耐火性塗料 7つ目は耐火性塗料です。 耐火性塗料は万が一火災などで建物が燃えてしまった際に、燃えにくい特徴から燃え始めを遅らせるとともに、延焼してしまうことを最小限に抑えてくれる機能をもった塗料です。 住宅に対してこの耐火性塗料を使用することは殆どありません。 燃え始めを遅らせることができて、広くて逃げることに時間がかかるような工場や倉庫といった大型の建物で採用されます。 耐候性塗料 最後8つ目が耐候性塗料です。 耐候性塗料は自然気象に対して強い塗料となっています。 主に紫外線の劣化に対して強いものです。 耐候性に関しては機能というより、天候に対して耐久性を指すものとなっています。 耐候性が高いほど、劣化サインとなってくるチョーキングの発生を抑えることができます。 一番高い耐候性を持っているのが、無機塗料です。 どのような機能を重視するのかで決めよう 8つほど紹介しましたが、塗料の決め方としてはみなさんがどの機能を重視して暮らしたいかということです。 ご自身の住宅の状態によって現場調査をしてくれた業者が診断してこの機能がある塗料が良いと提示してくれると思います。 それに従うというのが一番いいかもしれません。 もしご自身で決まっているようであれば良いのですが、もし決まっていないという方はぜひ業者の方に相談して決めてみても良いのではと思います。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は機能性塗料についてご紹介しました。 機能性塗料といってもかなりの種類があります。 そのため、みなさんがどの機能が一番今お家に必要だと思うのかを考えて、そのご希望に合わせて塗料の選択をしていただけたらと思います。 最後までご覧いただきありがとうございました。 堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業95年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE

2024年2月13日 更新!

屋根塗装と一緒におすすめの雪止めとは?|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 寒い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。 寒暖差が激しくてなかなか過ごしにくい季節ですね。 皆さんのお住まいの地域では雪は降りますか? 大阪ではあまり雪が降ることがないのですが最近、堺でも大雪とはなりませんが、よく雪がふるようになっています。 大阪の北のほうの地域の方はよく雪が降っているのではないかと思います。 お家に関して、雪で心配なのはやはり「屋根に雪が積もってしまってその雪が不意に落ちてしまって人に怪我をさせてしまうこと」ではないのかなと考えます。 そこで今回は塗装と一緒におすすめしたい、「雪止め」についてご紹介いたします。 豪雪地域にお住まいの皆さん、そしてそうでない方もぜひ最後までご覧いただければと思います。 雪による危険 まずは、雪による危険についてご紹介します。 雪がパラパラと降る程度では特に危険性はありません。 しかし、少しでも積もるようになってしまうと交通機関に影響が出ると思います。 雪によって学校が休みになった経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。 交通機関の運行が停止するということもありますが、みなさんが住んでいるお家にも被害が出てきます。 雪は1m四方が1cm積もると3kgほどの重さがあります。 「3kgなんて、全然軽いじゃん」と思うかもしれませんが、これを積み重ねると圧縮することで雪の密度があがり重くなって屋根に荷重がかなりかかってくることになります。 屋根全体に対してこのような雪が積もってしまうと影響が出てきます。 実際このような雪が積もっても住宅自体が潰れてしまう、破壊するといったことは基本的にありません。 しかし、付帯部などの波板については危険性が高いです。 駐車場や雨樋などには波板といって波状に加工されて縦方向に対して耐久性の高い屋根材などに使用される板がつけられています。 この波板は縦方向に耐久性が高いといっても雪の重さには耐えられないことが多いです。 波板に雪が積もっていくと耐えられなくなって歪みが生じてきます。 そして歪んだ後に落下したり、割れてしまったりして補修しないといけない羽目になります。 雪が落下すると、もし仮に人が通っていた場合怪我をするおそれもあります。 このように雪は積もってしまうと危険性の高いものとなっています。 屋根塗装後は特に危険 約10年に1度メンテナンスのために屋根塗装をすると思いますが、塗装をしてすぐの屋根には特に雪が危険です。 屋根強度が上がっているから安心と思う方も多いと思いますが、実はそうではありません。 素地を固めるために下塗り剤などを塗装していますが、それには撥水効果があります。 表面はそれによってかなり撥水性の高いものとなっています。 これが危険で、表面がツルツルしていることとなるため積雪が滑りやすい状態となっています。 屋根に雪が積もるのは屋根が雪の水分を吸収するからであるので、撥水効果が高い状態であるとより危険なのです。 対策 ではこのような積雪にどのような対策をしていかないといけないのでしょうか。 それが「雪止め」です。 屋根に積もった雪を止めて落下させないようにするものです。 軒先から45~60cm程度の場所に設置して被害を最小限に抑えます。 雨樋や軒先にためないことで重さにも耐えることができます。 ただし、豪雪地域では実は雪下ろしの邪魔になることが理由でつけられていないこともあります。 また屋根材によっては設置できないものもあります。 具体的にはアスファルトシングルです。 アメリカで多い屋根材ですが、屋根材自体が柔らかいため積雪による重さに耐えることができないことから雪止めの設置ができません。 そして陸屋根に関しては傾斜がないため設置ができません。 雪が落ちてしまう危険性はないのですが、どのように雪をどけるのかを検討する必要性があります。 塗料にこだわる 豪雪地域にある塗装業者などでは雪をつきにくくしてくれる塗料もあります。 塗料をこだわって選んでみても被害を小さく抑えることができると思います。 雪止めをつけるなら塗装と同時に もし積雪対策として雪止めをつけたいという方がいればぜひ屋根塗装をすると同時に行うことをおすすめします。 塗装後は撥水性が高いと先程ご紹介しましたが、塗装と一緒に雪止めを設置することで落下を防げますし、なにより工事費が浮きます。 足場代もありますし、それだけの工事となると高くなりがちです。 そのため塗装と同時にするとよいと思います。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は雪止めについてご紹介しました。 積雪によるお家への被害はかなり大きいと考えられます。 そのような被害を最小限にするには雪止めをつけるのが良いでしょう。 葺き替えで屋根を変えるという方法もあるのですが、それはかなり高いため雪止めがリーズナブルで検討しやすいでしょう。 設置したい方はぜひ屋根塗装の機会にしていただけると良いのかなと思います。 最後までご覧いただきありがとうございました。 堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業95年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE