塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

ココペイントのスタッフブログ 記事一覧

2022年12月16日 更新!

【屋根塗装】よくある詐欺の手口とその対策についてご紹介!!②|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 今回は前回に引き続き屋根塗装でよくある詐欺の手口と対策についてご紹介いたします。 特に対策についてお話できたらと考えております! ぜひ最後までご覧ください。 1. 詐欺に遭わないために ここでは詐欺に遭わないための対策についてご紹介いたします。 特に高齢の方や女性の方は悪徳業者に狙われがちです。 対策をしっかりと把握しておき、被害を未然に防ぎましょう。 ① 点検時の写真 屋根点検をしてもらったときには点検時の状態を写真等で確認するようにしましょう。 屋根の上は普段は見ることが出来ないのでいくらでも嘘をつくことができます。 そのためドローンや高所カメラを使用した点検ではそこで写真を取ることが可能です。 写真使用して直接今の屋根の状態を確認して、嘘をついていないかしっかりと確かめるようにしましょう。 ② 契約内容は書面に残す 契約した工事内容は必ず書面で残すようにしましょう。 口頭での約束は絶対に行わないで下さい。 口頭で約束してしまうと後に不具合が生じたときに業者側から「そのような契約はしていない。」と言われこちらが不利になります。 そのようなことにならないためにも契約は必ず書面で残すようにしましょう。 ③ 複数の業者に依頼する 点検してもらった業者に劣化を指摘されたら、他の業者にも点検を依頼してみましょう。 複数の業者に依頼してみて同じ箇所の劣化が指摘された場合、その部分は本当に劣化がしているということがわかります。 不信感を取り除くためにも詐欺に遭わないためにも複数の業者に依頼することは大切です。 ④ 周囲に相談する 急に業者が来て 「今すぐ工事を開始しないとお家が危険です!」 などと脅されても決してその場で一人の判断で契約しないようにして下さい。 一旦業者に帰ってもらって家族や友人に相談するようにしましょう。 そうすることで詐欺だと気づくこともできます。 ⑤ 工事代金の支払い 外壁塗装の支払いは工事前と工事後に半金ずつまたは完工後に全額支払いの2パターンが基本です。 しかし工事前に全額支払いの業者には注意が必要です。 お金を持ち逃げされることがあるからです。 契約前に支払いのタイミングについてしっかり確認するようにしましょう。 2. もしも詐欺に遭ってしまったら・・・ 詐欺には遭わないのが1番です。 しかし注意していても遭ってしまう可能性もあります。 そこでここではもしも詐欺に遭ってしまった場合の対処法をご紹介させていただきます。 ① クーリングオフする 契約後、8日以内に詐欺に気づいた場合にはすぐにクーリングオフをしましょう。 8日を超えてしまったとしても契約時にクーリングオフの話をされていなかったり契約自体に不備がある場合にはクーリングオフすることが可能です。 ただし業者の事務所に行って契約した場合なクーリングオフが出来ない場合もあるので事前に確認しておくと安心です。 ② 消費者センターに相談する もう業者と直接やり取りをしたくない!怖い!という方は消費者センターに相談してみましょう。 消費者センターに相談すると消費者センターから業者へ連絡をしてくれるので自分で直接やり取りを行わずに済みます。 どうしたらいいかわからない!という場合にもまずは消費者センターに相談してみましょう。 ③ 警察や弁護士に相談する 実際に多額の工事費用を持ち逃げされたなど損害が発生した場合には警察や弁護士に相談するようにしましょう。 次に同じ詐欺に遭う人を減らすためにも損害が生じてしまった場合には警察や弁護士に相談するようにしましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか。 前回に引き続き今回は屋根塗装でありがちな詐欺についてご紹介いたしました。 詐欺にあわないためにも手口を把握し、しっかりと対策をしておきましょう。 もしも詐欺に遭ってしまった場合には一旦冷静になり、消費者センター等に相談するようにしましょう。 悪徳業者ではなく、優良業者に依頼して後悔のない塗装工事にしましょう! 最後まで御覧いただきありがとうございました。   堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業94年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE

2022年12月15日 更新!

【屋根塗装】よくある詐欺の手口とその対策についてご紹介!!①|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 急な訪問販売がお家にやって来て「このまま屋根修理を行わずに放置すると危険です!」 などと言われ、「もしかして詐欺?信用しても大丈夫?」 と不安を抱いている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで今回はよくある外壁塗装の詐欺手口とその対策についてご紹介いたします。 外壁塗装の詐欺に遭わないためにもぜひ最後までご覧ください。 1. 実際にあった詐欺手口 外壁や屋根塗装は費用が高額な分、悪徳業者も大勢います。 そのような業者に依頼しないためにも実際にあった手口を知っておくことは大切です。 ここでは実際に発生した詐欺手口をご紹介いたします。 被害① 工事前に支払いを要求 屋根の葺き替え工事を依頼していた業者に工事代金を前払いで200万円請求されたので指定された口座に振り込んでしまったケースで、振り込みが確認できたときに工事の日程が決定したら連絡すると言われたが、その後連絡は無く詐欺に気づいたという詐欺です。   ここで注意してほしいのが前払いを要求してくるという点です。 基本的に塗装料金の支払いは工事前と工事後の2回に分けるか、完工後の一回払いかのどちらかです。 工事前に全額を要求してくるような業者は詐欺である可能性を疑いましょう。 詐欺に遭ってしまうと警察に届け出をしたとしても全額返金されるという保証はありません。 代金の支払いのタイミングは契約前に必ず確認するようにしましょう。 被害② 火災保険 台風の際に生じた不具合の修理を考えていた際に業者から 「火災保険を使用すると無料で補修が可能ですよ。」 とおすすめされて300万円の工事を契約したが、実際に保険会社から降りた金額は30万円のみで差額は実費になってしまったというケースです。   近年、火災保険を使用した詐欺は増加しています。 確かに外壁塗装で火災保険を使用することは可能です。 しかし保険会社や内容によってその保証は様々です。 そのため必ず無料で工事を行えるということはありません。 保険会社からの審査結果を見てから契約を結ぶかどうか判断するようにしましょう。 被害③ 契約前に工事を開始 屋根から雨漏りがしてきたので点検を依頼すると「修理が必要だ。」と言われ、家族で相談してから工事を行うかどうか決めようと思っていたのに屋根から降りてきた業者に「補修をしたので代金をいただきます。」と言われたというケースです。   契約をしていないのにも関わらず。勝手に工事を進めて代金を要求してくるような悪徳な業者も存在しています。 現在、屋根の状態を確認するのにドローンなどを使用している業者は多数存在しています。 それにも関わらず屋根に登ろうとしてくるような業者には注意が必要です。 応急処置を行うために屋根に登らして下さい!というような場合は注意をしましょう。 被害④ 必要のない工事を契約 急な訪問販売の業者が屋根に登り、「今すぐに工事をしないと雨漏りが発生してしまう。」と言われそのまま契約をしてしまった。 その後知り合いの大工さんに屋根を見てもらうと「工事は必要ない。」と言われ詐欺だと気づいたというケースです。   急な訪問販売で屋根の傷みを指摘してくるというのは詐欺業者のよくある手口です。 屋根は普段生活している際に目に留まりにくい箇所です。 そのため詐欺業者はそこに目をつけるのです。 2. 詐欺業者の手口4選 先程は実際にあった事例をご紹介いたしました。 ここではよくある詐欺業者の手口についてご紹介いたします。 手口を知っておくことは詐欺に遭わないためにも非常に重要です。 では順番に確認していきましょう。 ① 急に訪問してきて劣化を指摘 この手口が最も多いのではないでしょうか。 「すぐに修理が必要です!」 「放置すると雨漏りになってしまう!」 などの言葉を上手に使い、不安を煽ってきます。 急に訪問してきた業者をすぐに信用せずに疑うようにしましょう。 名刺をもらい、記載されている会社名をインターネットで検索するなど慎重な判断が大切です。 ② 火災保険を使用した無料工事を勧めてくる 火災保険を使用した工事を勧めてくる業者が一概に詐欺とはいえません。 実際に火災保険は外壁塗装で使用できる場合があります。 しかしどのような保険を契約しているのかも知らないで、無料工事を勧めて来るような業者には注意が必要です。 業者の言う「火災保険を使用すると無料で工事ができる。」という言葉を鵜呑みにするのではなく、保険の内容や審査結果を考慮して契約の判断をするようにしましょう。 ③ 高額値引き キャンペーンやモニター価格と言い、高額な値引きをしてくる業者には注意が必要です。 この手口ではできるだけオトクに塗装工事を行いたいという気持ちを逆手に取ったものです。 値引いた金額分、材料の質や量を減らしたり手抜きをする場合や最初に提示していた金額がそもそも適正価格ではなかったなんていうようなケースもあります。 嘘をつくような業者は信頼できないため依頼したいと誰しも思わないでしょう。 根拠なく50万円以上の高額値引きを提示してくるような業者には注意が必要です。 ④ 偽の定期点検 ご自宅を建てたハウスメーカーを装って定期点検に来るというケースです。 定期点検ですと言って訪問された場合にはまず社員証や名刺を確認するようにしましょう。 少しでも怪しいと感じた場合には断ることも大切です。 長くなりそうなので続きは次回にご紹介させていただきます。 次回は詐欺に遭わないための対策と詐欺に遭ってしまった場合についてご紹介いたします。 ぜひご覧ください!   堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業94年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE

2022年12月14日 更新!

外壁塗装の劣化の原因についてご紹介!!|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 「最近自宅の外壁にひび割れが目立つようになってきた。」 「訪問販売や電話で外壁塗装工事を勧められたけれど本当に必要なの?」 とお考えの方もいらっしゃると思います。 そこで今回は外壁塗装が劣化する原因についてご紹介いたします。 外壁塗装が劣化する原因 外壁塗装は建物を外部の環境から守るために非常に重要です。 しかし紫外線や雨風の影響を直接受けるので建物の中でも最も劣化が進行しやすい箇所の1つです。 ここでは劣化の原因を順番にご紹介いたします。 ① チョーキング現象 チョーキング現象とは外壁に手で触れたときにチョークのような白い粉が手に付着する現象のことを言います。 外壁塗装に使用されている顔料が変質してしまい、消耗することで発生します。 チョーキングの原因としては光や熱、紫外線や雨風など外部の気候によるものがほとんどです。 チョーキングの発生は外壁塗装の耐久切れを意味するのでそろそろ塗装を行う時期だなと考えてみてくださいね。 ② ひび割れ 外壁塗装のひび割れは別名で「クラック」と言われています。 クラックの原因として挙げられるのは温度変化です。 外壁塗装に使用される塗料などは温度や湿度によって膨張、収縮します。 それが繰り返されることでヒビが生じてしまいます。 外壁に生じるクラックは塗装が劣化していることを見極める目安でもあるので1度ご自身のお家にクラックが生じていないか確認してみて下さい。 ③ 塗料の変質 外壁塗装で使用される塗料には様々な成分が含まれています。 塗料の色をつけるための顔料、品質そのものに影響する樹脂材、品質を長期間維持するための添加剤などです。 これらの含有している成分が時間が経過するにつれて変質してしまったり、劣化の進行を促進してしまうラジカルという物質を発生させてしまいます。 時間の経過によって発生してしまう塗料の変質も外壁塗装劣化の原因となってしまいます。 ④ 経年劣化 経年劣化とは時間が経つに連れて発生してしまう劣化のことを言います。 経年劣化の中でもシーリングに発生してしまう劣化についてここではご紹介いたします。 外壁塗装の隙間に樹脂を注入しています。 この樹脂をシーリングといいます。 打ちたてのシーリング材は弾力があり、建物の動きに合わせて伸び縮みすることができます。 しかし紫外線等で劣化してしまったシーリング材は変質して硬化してしまいます。 そのまま劣化が進行してしまうとひび割れや剥がれが生じてしまいます。 また、シーリングが痩せてしまうと建物に隙間が生じてしまいます。 その隙間から雨水などが侵入してしまうと最悪の場合雨漏りなどにも繋がってしまいます。 紫外線による経年劣化は避けることができません。 そのためできるだけ早く劣化状態に気づき、補修を行うことが大切です。 ⑤ コケやカビの繁殖 コケやカビは両方とも日当たりのよい場所や湿度の低い場所では生息することができません。 外壁が劣化し水分を保持しやすい状態になっている場合、繁殖はどんどん進行してしまいます。 またカビに関しては有害なものもあるので健康面からも繁殖を防ぐべきです。 コケやカビが繁殖しやすい場部分には撥水効果の高い塗料や防カビ塗料を使用することで繁殖を防ぐことができます。 ⑥ 施工不良 外壁塗装の劣化の原因の多くは自然環境からのダメージと経年劣化から来るものがほとんどです。 しかし時には業者側の施工不良や手抜き工事によって劣化が生じてしまうことがあります。 塗料の販売会社が指定している塗り方を無視してしまうと塗り替え工事から少ししか経っていないのにすぐに劣化が生じてしまった、ということがあります。 たとえば、 ・乾燥時間が不十分 ・塗料を指定以上に薄めて使用している ・塗料の品質が悪い ・下塗りをしっかりと行えていない などがあります。 せっかく塗装工事を行ったのにすぐに再塗装が必要となるのは費用も高い分誰しも嫌だと思います。 そのようなことを防ぐためにも信頼できるゆう優良業者に塗装工事を依頼することがとても重要です。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は外壁塗装の劣化についてご紹介いたしました。 まずは今回の記事を参考にしてご自宅の劣化状態を確認してみて下さい。 そして外壁塗装が必要な場合には優良業者に依頼し、納得のいく塗装工事を行うようにしましょう! 最後までご覧いただきありがとうございました。   堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業94年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE

プレゼンテーション1のサムネイル
2022年12月13日 更新!

外壁塗装で使用される塗料の歴史🏛|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 みなさんは外壁塗装がいつの時代から始まったのかご存じですか? 日本の歴史から塗料は縄文時代から存在していたと言われています。 ではその塗料はどのようにして使用され、いつから外壁塗装に使用されるようになったのでしょうか。 また塗料の進化とその発展についてもお話しできたらと思っています。 ぜひ最後までご覧ください。 日本で最初の塗料と顔料 日本で最初の塗料は「漆」と呼ばれるものです。 縄文時代ではすでにこの漆を塗料として使用する技術があり、矢じりや土器などが発見されています。   また、日本で最初の顔料として「鉛丹」というものが弥生時代に使用されています。 鉛を原料とした顔料で鮮やかな橙色をしています。 その後、平安時代になると鉱物由来のものや植物由来のものが使用され始めました。 昔の日本の外壁塗装 日本の権利く物の外壁は板壁や土壁が主で外壁に塗料を塗るという概念はあまりありませんでした。 飛鳥時代~平安時代には高級建材として漆喰が使用されていました。 日本建築で塗料を塗るのは主に神社仏閣です。 金閣や銀角には内外に漆が塗られています。 ただ、原料が鉛と水銀なので毒性が強いです。 そのため現在では合成樹脂などの塗料で塗装されていることが多いです。 西洋塗料(ペンキ) 日本にペンキがやってきたのは1853年にペリーが来航してきた時でした。 明治時代に入ると外国人がもっている刷毛をお手本にして東京でペンキの刷毛が製造されるようになりました。 この頃の輸入したペンキの価格は非常に高くて12.7kgのペンキ缶が1坪の土地よりも高いほどでした。 合成樹脂 19世紀から20世紀の最初にかけて欧米諸国で合成樹脂が次々と開発されました。 最初に塗料に合成樹脂を使用したのが1907年のことでした。 日本では昭和に入ってからフタル酸樹脂を用いた塗料が開発されて普及しました。 戦後、エポキシ樹脂や塩化ビニル樹脂が塗料として実用化されるとその性能は格段に向上していきました。 現代の塗料 昭和が終わり、平成・令和となるとペンキには環境対策が重要視されています。 従来のペンキには有害物質が多く含まれていたこともあり、自然への配慮や匂いの軽減などはメーカーにとって課題となっています。 また耐久性の高い優れた塗料も近年にはたくさん開発されています。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は塗料の歴史についてご紹介させていただきました。 時代ごとに塗料の考え方は変化していて、塗料の機能性も格段に向上していることを学ぶことが出来ました。 令和の時代となり、今後どのような多機能の塗料が開発されていくのか非常に楽しみですね。 最後までご覧いただきありがとうございました。   堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業94年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE

2022年12月12日 更新!

住宅財形による外壁塗装|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 外壁塗装は費用が大きくかかってきて大変ですよね。 補修しないといけない部分が出てきたりしてくると、更に費用がかかってきます。 このような外壁塗装には住宅財形は利用できないのでしょうか。 そこで今回は住宅財形による外壁塗装についてご紹介させていただきます。 ぜひ最後までご覧ください。 財形貯蓄制度について 住宅財形を紹介する前に、まずは財形貯蓄制度について紹介します。 財形貯蓄制度は給料から天引きしたお金をそのまま貯蓄する制度のことを言います。 一定の額を天引きして、財形貯蓄を扱っている金融機関で貯蓄をします。 積立の貯金になるので、すぐには使えず自由に使うことが難しいので貯蓄をしっかりすることが可能です。 多額の費用が必要になる結婚や家を建てるときにはそこから使えるので便利です。 この財形貯蓄制度には「一般財形貯蓄」「財形年金貯蓄」「財形住宅貯蓄」の3つに分かれます。 今回紹介していくのが最後の財形住宅貯蓄です。 財形住宅貯蓄 財形住宅貯蓄は住宅財形(以後住宅財形)と呼ばれている制度で、マイホームの購入やリフォームのためなど住宅資金を形成するために利用できる制度となっています。 他の財形貯蓄とは併用は可能ではありますが、複数の金融機関との契約は出来ず、原則として1人1契約のみとなっています。 55歳未満の従業員が対象であり、5年以上の期間に渡って積立をしていきます。 住宅財形は、財形年金貯蓄と合わせて元利(預け入れ額+利子)合計550万円まで(保険型の場合には払込累計額が550万円)の利子などが非課税になる優遇措置を受けることが出来ます。 払い出しは持家の新築・中古住宅の購入・増改築のために住宅を手に入れた後(施工完了後)に1回、前後の2回までに限られます。 住宅財形は基本的には以下のような内容となっています。 ・積立は5年以上 ・住宅購入額野90%または4000万円まで積立可能 ・マイホームの取得、リフォーム(75万円以上)で使用可能 このような内容となっています。 住宅財形を利用できる条件 住宅財形を利用するマイホームの条件は以下の通りです。 これは新築住宅を購入・建設する場合、中古住宅を購入する場合、リフォームをする場合についてです。 ・床面積が50㎡以上であること(リフォームの場合はリフォーム後の床面積) ・勤労者本人が住むこと(単身赴任の場合はその家族が住む拠点となること) ・20年以内に建設された住宅(耐火構造がある場合は25年以内)または一定の耐震基準を満たす住宅 ・リフォーム費用が75万円を超えるもの このような条件となっています。 黒の条件は3つ全ての条件となっています。 住宅資金としての用途以外の払い出しというのは契約違反となるので、全額払い出し・契約解除となり、利子などの全額が課税対象斗なるので注意して下さい。 積立対象が預貯金の場合は解約時から過去5年分の利息に対して、保険などは所得した利益分が一時所得として課税されます。 災害や疫病などの特別な理由で払い出しをする際には非課税となるので、契約をした金融機関に確認をするようにしましょう。 女性はこれに注意 女性の場合育休や出産といったことで収入が途絶えるといった事がある場合、財形貯蓄を休止できます。 休止をする際には契約している金融機関に対して、会社から中断の手続きをとってもらうようにしましょう。 原則として、財形年金貯蓄・住宅財形は定期的な払込みが2年間中断されると非課税措置を受けることが出来なくなります。 そのため、しっかりと中断してもらうように会社に「育児休業などをする者の財形非課税住宅(年金)貯蓄継続適用申告書」と提出するようにしてもらって下さい。 そして復帰した際には、契約上最初に積立をするべき日に積立を再開しないといけないので注意しましょう。 住宅財形のメリット 住宅財形のメリットについてご紹介します。 基本的に使い道があって決まっているからあまりないのではないかと思う方も多いと思いますが、以下で紹介します。 ①天引きだから勝手に貯まる 積立の定期預金のように財形分の金額が給料から引かれていくので、そのためにお金を振り分けたり残しておいたりしておく必要がありません。 勝手に貯まっていくので、大きな資金となります。 手元にお金があると使ってしまうような人にもおすすめです。 ②税金面 先程も紹介しましたが、住宅財形と財形年金貯蓄に関しては元利550万円までが非課税の対象となります。 通常の預金は普通利息分の20%が課税対象となり引かれてしまいます。 利息は小さいと思ってる方も多いでしょう。 しかし、住宅を購入するほどの貯蓄の利息はかなり大きい額です。 ③融資を受けられる 住宅財形を1年以上利用していてかつ残高が50万円以上、申し込み日2年以内に預け入れをしている、勤務先で住宅手当や社内融資のような負担軽減措置を受けられることを条件として契約している金融機関の融資を受けることが可能となります。 住宅金融支援機構という機関が融資先となっています。 積立が目標に達していなくてもローンを組むことでその分を賄うことが出来ます。 このローンは財形貯蓄残高の10倍(最高4000万円)の金額、もしくはマイホームを購入するためにかかる金額の90%までどちらか低い方の金額を融資としてもらえます。 住宅財形のデメリット デメリットとしては以下のようなことが挙げられます。 ①利率が低い 550万円までが非課税であるとは言いましたが、利率が0.1%を切っている状況で住宅財形を貯蓄しても金利で期待することは出来ません。 ②転職がしにくい 住宅財形での融資は会社を通して申し込みを行います。 全額一括返済となってしまうこともあるので、転職をすることが難しいです。 将来のことを考えて申し込みをする必要があります。 ③銀行のローンの方がオトクな可能性がある 最近では金利の低い住宅ローンというのも多くなってきています。 住宅財形を申し込むよりも、銀行で融資を受けた方がオトクになる可能性があります。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は住宅財形による外壁塗装についてご紹介しました。 住宅財形を適用させるには条件がたくさんあります。 デメリットでも紹介しましたが、融資を借りる場合には住宅ローンの方が安く借りられないかといったようにしっかりと見極めてから住宅財形を申し込むようにして下さい。 この記事が少しでも皆さんの参考になれば幸いです。 最後までお読みいただきありがとうございました。 堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業94年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE

2022年12月11日 更新!

外壁塗装って固定資産維持費になるの?|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 お家や設備といったような固定資産は長い間使用するためにメンテナンスや修理が必要になってきます。 塗装もメンテナンスの1つです。 外壁塗装はどのような目的で塗装をしたのか、修繕費か固定資産維持費なのか確定申請する必要があります。 ではこれは固定資産維持費になるのでしょうか、それとも修繕費になるのでしょうか。 今回はこのことについてご紹介していきます。 ぜひ最後までご覧ください。 固定資産維持費と修繕費って?   そもそもこれら2つの違いは何なのでしょうか。 固定資産維持費は修理をすることで家屋など固定資産の価値を高めるために使う費用のことを指します。 耐震補強や家の中の手摺の取り付けといったような「今あるものをより良いものを変化させる」といったものの費用がこの固定資産維持費にあたります。 それに対して修繕費というのは経年劣化によって剥がれが出たような外壁の塗装のような、「現状を回復する」という工事の費用が修繕費にあたります。 また20万円未満の少額の修理なども修繕費にあたります。 塗装が固定資産維持費になる条件 外壁塗装の目的は主に劣化している部分の修理である場合が多いので、修繕費に当てはまるだろうと考える方もいらっしゃると思います。 しかし、いくつかの条件に当てはまると固定資産維持費に分類されることがあります。 それは以下のような場合です。 ・より美しい色にするために塗装をして、建物の価値を上げる ・外壁をより豪華なデザインや外観にするための塗装。 ・以前の塗装よりも耐久性の高い塗料を使用して塗装をし、建物の耐久性を高める このような場合には修繕費にすることが出来ません。 これらは建物の質を上げるような目的での塗装となっているので、これらは固定資産維持費として考えます。 また外壁に自分でデザインを描きたい、そんな場合でも固定資産維持費として分類されます。 塗装が修繕費とされる条件 外壁は雨や台風などにさらされ日々劣化していきます。 どれだけ努力をして過ごしていてもいつかは剥がれなどが出てきます。 先程も紹介しましたが、そのような不具合を直すというのは修繕費に分類されます。 しかし、このときに塗料野グレードを元の塗料よりもいいものにしたりしてしまうと修理とは言われず、グレードアップしたものとみなされてしまうため、修繕費として計算出来なくなるので注意して下さい。 また修繕工事の頻度や規模などによっては価値を上げたり、性能や耐久性を上げたりするための修理であるとみなされてしまうと修繕費とは認められません。 なぜ分類を注意しないといけないのか どうしてこのように固定資産維持費と修繕費を注意して分類しないといけないのでしょうか。 それは修繕費でないものを修繕費に当ててしまうと本来払う必要のある税金よりも少額となってしまい追徴課税の対象となってしまうからです。 ちょっとした勘違いでもこのようなトラブルに発展してしまいます。 固定資産維持費と修繕費というのは建ってどのくらいかによっても判断が変化します。 塗装をしてその建物が元よりも価値があがるのか、否かによって判断をしましょう。 現状の回復を目的としている場合にはそれは価値が上がるとは言えません。 最初の状態、元の状態に建物を戻すので修理をしても価値は上がりません。 元の塗料よりも耐用年数の長い塗料にすればそれは固定資産維持費として考えられます。 元の塗料と塗装をする塗料の耐用年数を比較するというのも分類を正しく行うポイントです。 まとめて修理する場合はどうなるの? 外壁のみならず、他の部分も合わせて修理をして欲しいということもあるでしょう。 まとめて修理をしてもらうときには、それぞれがどのようになるのか、しっかりと分けて計算をしてもらうようにして下さい。 大きなものが修繕費になっているから全部修繕費にしようといったことは絶対にしてはいけません。 先ほど紹介したようなトラブルが発生してきます。 優良業者であれば、区別をしっかりして明細を作成してくれます。 しっかり計上するように注意して下さい。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は固定資産維持費と修繕費についてご紹介させていただきました。 この二つの申請を間違ってしまうと大きなお金のトラブルになってしまいますので、皆さんくれぐれも注意して分けていただくようよろしくお願いします。 この記事が少しでも皆さんの参考になれば幸いです。 最後までお読みいただきありがとうございました。 堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業94年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE

2022年12月10日 更新!

外壁塗装って追加料金がかかるの?|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 外壁塗装をするうえで「追加料金はかかってくるのだろうか。」そんな疑問を持っておられる方も多いのではないでしょうか。 見積もりをとって塗装を依頼しますが、業者を選ぶ要素の一つとして皆さん「値段」は重要視していると思います。 その値段が追加料金で高くなってしまうと困りますよね。 そこで今回は外壁塗装における追加料金についてご紹介させていただきたいと思います。 是非最後までご覧ください。 基本的にはかからない 基本的には追加料金はかかりません。 ほとんどの塗装業者では見積書に数量・単価・金額というように明確な料金体系が書かれています。 具体的には「平米単価×塗装面積」といったようなもので見積もりを作成しています。 塗装面積は誤差はあるかもしれませんが、基本的には業者が違う場合でも同じです。 平米単価や諸経費は業者ごとで異なる可能性はありますが、塗装面積は同じなので明確的な料金体系で見積もりには記載されることになります。 なので、基本的には追加の料金はかかってきません。 追加料金が必要になってくる場合もある 現場調査などをしてお家の劣化状態を細かく確認しますが、その時に劣化を見落としてしまうというようなことがあれば、どうしても工事内容が変化し追加料金が発生してくる場合があります。 以下でいくつか例をご紹介させていただきます。 ①足場がないと見えなかった劣化があった場合 先程も紹介しましたが、お家の劣化は現場調査などを通して行います。 現場調査は目視であったりドローンを使ったりと様々ですが、特に目視の場合確認しにくい箇所というのが出てきます。 このような場所が劣化していて補修が必要となってくると追加料金が発生します。 特に高い場所では足場がないと確認が困難ではあります。 平屋のお家ではあまりこのようなことは発生しにくいのですが、二階以上のお家ではこの問題が起こってきます。 ②外から見ても判断することが出来ない部分の劣化 これは外壁の張替えをしたときに出てくるものになります。 お家は多くの層が重なってできている多層構造になっています。 なのでお家の外からの見た目だけでは気づくことの出来ない劣化というものがあります。 内部が劣化していても外からはわからないので、発見が遅れてきます。 この劣化は下地が腐っているということや、白蟻に外壁が食われていたというようなことです。 下地の腐り これは主に雨漏りによって発生します。 外壁材の中でもサイディングとモルタルの場合です。 特にモルタルは古くなるにつれて塗膜が層ごとで剥がれてきます。 密着していないというのは外壁を叩いてその音で確認していきます。 一階の場合は確認しやすいですが、二階以上の場合は間近で確認して、外壁材を実際に触ってみないとわからない場合もあります。 モルタルでこのようなことがあれば、既存の塗料を剥がしたり下地の調整をしたりと工程が増えるのでその分の追加料金がかかってきます。 現場調査をしたときに、その不具合を見つけても外壁材をめくらないとどれだけ腐敗しているのかわからない場合もあるので、それまでは費用が正確にはわかりません。 見つかった場合は見積書を提示する段階で料金を追加されていて、その説明も受けるでしょう。 ③雨樋の割れ 雨樋も割れていれば補修や交換をしないといけません。 雨樋の不具合というのは現場調査が雨の日であった場合にしかほとんど発見できません。 割れていた場合は防水のテープやコーキングでの補修、部分的な交換などで補修が出来ます。 雨樋の不具合がある時、場合によっては火災保険が使える可能性があるので活用出来るのか確認してみて下さい。 ④色や塗料の変更 これはお施主様の希望で変化してきます。 契約をした後、工事に入ってから塗装の工程を進めていきます。 塗装の中で中塗りと上塗りは同じ塗料を使うことがおおいので中塗りを完了させたときに、ある程度のお家の完成イメージを見ることが出来ます。 その際にイメージが違って「色を変えてほしい」「塗料を変えたい」を希望される方もいます。 もちろん業者は中塗りをしている時点で上塗り用の塗料は確保しているので、再度注文して発注しないといけません。 他の現場で代用が効かないような塗料であると無駄になります。 またもしそのようなことがあれば、塗料が届くのにも時間がかかるので段取りも工期も大きく変わってしまいます。 このようになった場合には追加料金がかかります。 ⑤追加工事の注文 これもお施主様の希望でのものです。 外壁などを塗装すると、他に汚れている場所が気になってくると思います。 当初予定になかった部分も任せる方も出てきます。 ポストなどの小さい塗装の箇所はサービスするという業者もいますが、塗料の種類が違ったり、別日になってしまったりすることもあるのでそのときには追加料金がかかります。 天気による順延で追加料金がかかることはない 塗装は外でするのでどうしても天気には左右されてしまいます。 天気が悪いと工事は出来ないので、工期が延びていきます。 それで追加料金がかかるということはありません。 作業をしていない日の料金を請求するのはおかしいのであってはなりません。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は外壁塗装の追加料金についてご紹介させていただきました。 追加料金は基本的にはかかってきませんが、場合によってはかかってきます。 事前に把握しておけるように考えていかないといけません。 そのためにも業者選びは慎重にしておきましょう。 この記事が少しでも皆さんの参考になれば幸いです。 最後までお読みいただきありがとうございました。 堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業94年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE

2022年12月9日 更新!

外壁塗装のお支払い方法についてご紹介!!|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 外壁塗装は大きな費用がかかる工事の1つです。 そのためどのようにして支払えば良いのかよくわからないという方も多いと思います。 そこで今回は外壁塗装の支払い方法についてご紹介いたします。 ぜひ最後までご覧ください。 1. 外壁塗装の支払い方法 外壁塗装の支払い方法は大きく ・現金払い ・リフォームローン ・クレジットカード ・財形貯蓄 の4種類に分類することができます。 それぞれの特徴についてご紹介いたします。 ① 現金払い 最も一般的なのが現金支払いです。 ローンと違って審査の時間が必要ないため工事にすぐに着工しやすいというメリットがあります。 デメリットとしては支払金額によって手数料が変化するという点が挙げられます。 現金払いだとややこしいやり取りも特に必要ないのでめんどくさいことはしたくないという方にオススメのお支払い方法です。 ② リフォームローン こちらの方法はリフォームローンを組んで月々支払いする方法です。 リフォームローンはご自身で組むか業者の提携ローンを使用して組むことが出来ます。 この支払い方法では月々の出費を抑えられるというのが最大のメリットです。 そのため資金が用意できていなくても工事を開始することが可能です。 デメリットとしてはトータルの支払金額が利率によって高くなってしまったり、審査に時間を要してしまうというのがあります。 ③ クレジットカード クレジットカードで支払う場合は決済が簡単なのに加えてポイントが付くというのがメリットです。 しかし業者によってはクレジットカード払いを取り扱っていなかったり値引き適用ができない場合があるので注意が必要です。 ※ココペイントではクレジットカード払いを取り扱っています。 ④ 財形貯蓄 財形貯蓄とは会社の給与から天引きされた積立貯金を使用する恣意払い方法です。 お勤め先の会社がこの制度を導入していてかつ55歳未満の場合はこの支払い方法を使用できる可能性があります。 しかし利用条件が決まっていて、 ・工事費用が75万円以上 ・リフォーム後の住宅に勤労者本人が移住する ・居住用以外のリフォームの場合は居住用部分の工事費用が全体の半分以上となる ・リフォーム後の床面積が50㎡以上 という条件を満たしていないと使用できないので注意してください。 2. お支払いのタイミング 工事代金のお支払いのタイミングは特に現金払いの方に気をつけてほしいポイントです。 お金を全額完全に支払うのは完工後となります。 業者によってタイミングは異なりますのでここではよくあるパターンをご紹介させていただきます。 ① 工事後の全額払い 工事が全て完全に完了してから代金を全て支払うという方法です。 業者にお金を持ち逃げされるという心配がないので安心です。 ② 工事前と工事後の2回払い 比率としては頭金で端数を支払い、残りは完工後に全額支払いという方法と前後でそれぞれ半分ずつ支払うという方法があります。 この方法だと業者側は施主側の支払い能力を確認でき、施主側は万が一トラブルが発生してしまっても金額交渉の余地があるという双方にメリットのある支払い方法です。 ③ 工事前・工事中・工事後の3回払い この支払い方法は大きな金額の工事の際に使用されます。 しかし一戸建てのお住まいではまず使用されない支払い方法だとお考えいただいて大丈夫です。 ④ 工事前の全額支払い 最も危険な支払い方法が工事前の全額支払いです。 工事前から全額支払う必要はありません。 悪徳業者の手法として、工事前に全額支払いをさせて持ち逃げするという方法があるほどです。 工事前に全額支払いしか支払い方法がないという業者には依頼しないほうが良いでしょう。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は外壁塗装のお支払い方法についてご紹介いたしました。 支払い方法に条件があるものもありますが、ご自身に最も適した支払い方法を選択するようにしましょう! また、支払いのタイミングは完工後の全額支払い、工事前と工事後の2回払いが基本です。 3回払いや工事前の全額支払いを要求してくるような業者は怪しいので避けたほうが良いでしょう。 最後までご覧いただきありがとうございました。 また次回もご覧ください。   堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業94年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE

2022年12月8日 更新!

【外壁塗料】3つの塗料の違いについてご紹介!!|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 今回は弱溶剤・強溶剤・水性塗料についてご紹介いたします。 ぜひ最後までご覧ください。 1. 弱溶剤・強溶剤・水性塗料とは 外壁塗装の塗料はそのまま直塗りすることはできないので必ず希釈してから使用します。 その希釈する液体がシンナーと水の2種類あります。 シンナーで希釈するものを「溶剤形塗料」、水で希釈するものを「水性塗料」と言います。 溶剤形塗料の中でもシンナーの強さによって更に2つに分類されます。 「弱溶剤」は塗料用シンナーという弱いシンナーを使用します。 次にご紹介する強溶剤と比較すると機能性は少し劣りますが匂いも少なく、安全性にも優れた塗料となっています。 「強溶剤」はラッカーシンナーやウレタンシンナーといった専用の強いシンナーを使用します。 耐久性や機能性が非常に高いのが魅力ですが、その分匂いや環境への悪影響なども強いので配慮が必要な塗料となります。 「水性塗料」は希釈する溶媒に水を使用するものです。 シンナーの匂いなども気にならないので近年の戸建て住宅の塗装では主流になってきています。 溶剤形と比較するとどうしても耐久性や機能性はやや劣ってしまいますが、近年の技術開発によって品質が向上してきており、非常に魅力的な塗料となっています。   塗料は大きくこの3種類に分類することができます。 この塗料を使用すれば絶対大丈夫だということはないのでそれぞれの特徴を見て、ご自身のお住まいに合った塗料を選択することが重要です。 2. 塗料の選び方① どの塗料を使用するかは塗料の塗る場所とにおいで大きく変化します。 それぞれの適切な場面について見てみましょう。 ① 弱溶剤 弱溶剤は特に耐久性を持たせておきたいというときに使用しましょう。 水性塗料よりは強い塗膜を形成することができますが強溶剤ほど匂いは強くなく、安全性も高いので安心して使用することができます。 また、素材については鉄やアルミといった金属や樹脂系の塗装に向いています。 ② 強溶剤 強溶剤についてですが戸建ての住宅ではほとんど使用されることはありません。 取り扱いが非常に困難であり、注意が必要だからです。 では強溶剤は何に使用されているのかというと高層ビルやタワー、橋などの頻繁に塗装工事を行えない場所や耐久性の必要な場合に用いられています。 またこの塗料はものを溶かす力が非常に強いので塗膜をお溶かしてしまうような場合があります。 そのため使用する場合にはテスト加工を行ったりすることが重要です。 ③ 水性塗料 シンナーの匂いに抵抗がある場合には水性塗料を使用することをオススメします。 弱溶剤や強溶剤と比較するとシンナーを使用しない分、匂いが非常に弱いです。 昔は水性塗料の耐久性が格別に劣っていたためあまり使用されることはありませんでした。 しかし開発が進み、弱溶剤塗料に匹敵するほど高性能な水性塗料が近年たくさん開発されたことから現在の主流は水性塗料へと変わってきています。 また、水性塗料は住宅の軒天や門など通気性が必要な場所に適しています。 3. 塗料の選び方② 塗料選びについて弱溶剤・強溶剤・水性塗料この3つ以外にも注意していただきたいポイントがいくつかあります。 それは「樹脂」と「1液・2液」です。 それぞれについて詳しくご紹介いたします。 ① 樹脂 塗料には樹脂の違いによってグレードが異なり、耐久性や費用の差があります。 ・アクリル ・ウレタン ・シリコン ・フッ素 ・無機塗料 の5つです。 それぞれで耐久年数が異なるのでお家をどのくらいの期間きれいに保ちたいかを中心に考えるようにしましょう。 ② 1液と2液 弱溶剤塗料の中には1液型と2液型があります。 屋根や外壁に使用する場合には2液をおオススメします。 2液のほうが耐久性があり、お家をしっかりと保護することができるからです。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は弱溶剤・強溶剤・水性塗料の3つについてごp紹介いたしました。 それぞれの塗料で特徴やメリット・デメリットが存在しています。 ご自身に合った塗料を選択し、よりきれいに長持ちするような塗装にしましょう! 最後まで御覧いただきありがとうございました。   堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業94年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE