塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

ココペイントのスタッフブログ 記事一覧

2022年10月27日 更新!

【必見】ランニングコストとイニシャルコストについて|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント 外壁塗装について

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 皆さん、「ランニングコスト」「イニシャルコスト」という言葉一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 ランニングコスト、イニシャルコストは車やガス代、電気代などにも言われている言葉です。 塗装の面でイニシャルコストより、ランニングコストを考えることが大切になってきます。 そこで今回は塗装におけるイニシャルコストとランニングコストについてご紹介していきたいと思います。 ぜひ最後までご覧ください。 イニシャルコスト、ランニングコストって?? イニシャルコストと言うのは何かする初めに一度かかってくる費用のことを指します。 塗装におけるイニシャルコストは一番初めの塗装工事費用と言えます。 それに対してランニングコストというのは、維持費のことです。 塗装におけるランニングコストは塗り替えなどのメンテナンスがこれにあたります。 どちらを重視すべき? ではイニシャルコストとランニングコスト、どちらを重視して塗装をしたらいいのでしょうか。 それは、ランニングコストです。 ランニングコストの意識をすることが大切になってきます。 塗装におけるランニングコストの例 では実際に例を挙げて塗装のンニングコストを一緒に考えていきましょう。 塗料は選ぶものによって耐用年数が異なってきます。 例えば、耐用年数が7年のものと14年のもので考えます。 耐用年数7年のものなら28年で4回、14年のものなら2回塗装が必要となります。 仮に7年のものの塗装工事が70万円、14年のものを120万円とします。 すると28年間で7年のものでは280万円、14年のものでは240万円となります。 これがランニングコストです。 一回の工事で費用が高くなったとしても少ない回数で済ませた方が、長い期間で見ると大きな差が出てきます。 ここで大切なのは耐用年数の長い塗料を塗装するのはもちろん材料費が高くなります。 しかし塗装工事においての費用の多くは人件費や足場代です。 それも考慮すると少し高い塗料でも耐久性のあるものを選んだ方が格段に安価で済みます。 イニシャルコストを重視すると? イニシャルコストを重視していくとどうなるのでしょうか。 塗料のグレードを落とす イニシャルコストを重視すると安く済ませるために塗料のグレードを落とさないといけなくなります。 安い塗料が悪いわけではありませんが、ある程度価格のするものは価格に見合ったものがあるということです。 安いものでもいい性能を持つ塗料はたくさんあります。 保証がついていないかも イニシャルコストがあまりに安くなっている場合には業者を疑った方が良いでしょう。 いい塗料を使っているのにも関わらず安い場合は手抜き工事も考えられます。 施工技術がしっかりとなされていないと塗料の効果が発揮できません。 イニシャルコストが高い塗装業者では、その後のアフターフォローや保証が十分にある塗装業者がほとんどです。 安さだけで決めないこと! 確かに安いのは魅力的です。 しかし、車は値段だけでなく燃費も考えた上で購入する方がほとんどでしょう。 それと同じです。 外壁塗装における時に関していうと、このような意識があまりないと思います。 塗料のことや工事の内容を聞かず、ただ安さだけを重視して業者に依頼してしまうと損をしてしまうことが多いです。 安上がりをしたと思っていても損をしています。 たまに予算の関係から、外壁と屋根の塗装は別々にして依頼するという方もいらっしゃいます。 しかし、先ほど紹介した通り、塗装は人件費や足場代が費用の大半を占めていきます。 それでは2倍かかってきてものすごくもったいないです。 また屋根の高圧洗浄をした際には外壁に汚れを落としてしまいます。 塗装をするときに二つのの理由から一度にした方が良いでしょう。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回はランニングコストとイニシャルコストについてご紹介させていただきました。 ランニングコストを重視して塗装をすることでメンテナンスの費用を長く見ると抑えることができます。 皆さんに損のないように塗装をしていただきたいなと思います。 この記事が少しでも皆さんの参考になれば幸いです。 最後までご覧いただきありがとうございました。 堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業94年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE

2022年10月26日 更新!

【外壁塗装】オープン2周年祭イベント開催中!!

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 オープン2周年祭開催中です! 期間10月15日~11月15日の1ヶ月イベントとなっております♪ 外壁塗装をお考えの方はこの機会にご相談からでもお待ちしております。   今週10月29・30日はハロウィンイベント🎃 お菓子をプレゼント! 30日は大好評のパーソナルカラー診断🌸を無料でさせて頂いております。 その他に来場特典などもございますので、ぜひお越しください(o^―^o)           堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業94年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE

2022年10月26日 更新!

外壁塗装の塗料選びのポイントをご紹介!②|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 前回に引き続き塗料選びについて紹介していきます。 艶のあり・なしと仕上がりイメージ 外壁塗装は耐候性や機能はもちろんですが、建物の美観を保つ役割もあります。 またデザインやスタイルによっては艶を出したり、色で目立たせる工夫も重要になります。 仕上がりのイメージを考慮して選ぶのが大切です。 人体・自然環境への影響 お家は何十年も暮らしていくものです。 皆さん自身や自然に配慮した塗料を選ぶべきでしょう。 塗料の樹脂によって耐久性が変化する ※プラスチックは合成樹脂 塗料は溶媒・樹脂・顔料・添加物から構成されています。 樹脂は塗膜となる主成分であり、顔料は色付けの役割を担っています。 この4つの中でも樹脂による耐久性の違いは大きく、機能性とともに考慮していただきたいポイントです。 以下で一般的に使用されている塗料の樹脂について紹介していきます。 ウレタン塗料 ウレタンはアクリル樹脂にウレタン樹脂を添加したものです。 現在の塗料の主流はシリコンですがそれまではこのウレタン塗料が主流でした。 とにかく安いうえ、対摩擦性に優れることから、今でも鉄の階段や手すり、雨戸などに用いられています。 耐久年数は5~7年です。 シリコン塗料 価格と機能のバランスがいいのがシリコン塗料です。 カラーバリエーションが豊富なのでカラーを楽しみたい方にはおすすめです。 親水性を持つので塗膜の表面に汚れが付きにくく、ウレタン塗料よりも汚れに強いです。 耐久年数は7~10年です。 フッ素塗料 耐久性を重視したい方にはフッ素塗料がおすすめです。 撥水性能があるのでとても強い塗膜を形成してくれます。 フライパンのテフロン加工もフッ素樹脂です。 耐久年数は15年~です。 無機塗料 無機は自然界の鉱物物質を指しています。 紫外線の分解エネルギーよりも強い結合エネルギーを持っているので長期に美観を保ちます。 耐久年数はフッ素塗料と同じく15年~となっています。 水性塗料と溶剤塗料 塗料の構成の中に溶媒があると先程紹介しましたが、溶媒には水性塗料と溶剤塗料の2種類があります。 これに関しては次回紹介しますが、以前は溶剤塗料が耐久性が良いとされていましたが、現在は水性塗料も同等の耐久性を持つと言われています。 計画的な塗装を 前回の記事で紹介しましたが、費用が安いからと言って塗料を選ぶとトータルコストが結局高くなります。 例として合成樹脂系の塗料とフッ素系の塗料を挙げると、合成樹脂系の塗料は最も安価ですが、耐用年数は3~5年しか持たないです。 これはフッ素系の塗料の15~20年の約5分の1となっています。 フッ素系なら約20年で塗り替えをすればいいですが、合成樹脂だと20年の間に5回ほどしないといけません。 これではおそらく合成樹脂系の塗料で塗装した方が高くつくと思います。 しかし、もし建て替えやリフォームを近くに検討しているならフッ素系はもったいないのでおすすめできません。 皆さんのお家に合わせて塗料を選んでいきましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか。 前回と今回に分けて塗料選びについてご紹介させていただきました。 塗料のこと、少しは分かっていただきましたでしょうか。 皆さんのお家それぞれの悩みがあると思います。 それぞれの悩みにあった塗料があると思うので、1度検討してみてはいかがでしょうか。 この記事が少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。 最後までご覧いただきありがとうございました。 堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業94年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE

2022年10月25日 更新!

外壁塗装の塗料選びのポイントをご紹介!①|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 塗装する際の塗料選び、何を基準として考えたらいいか分からない方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は塗料選びをする際のポイントを紹介していきます。 ぜひ最後までご覧ください。 塗料選びのポイント 外壁塗装をする上で考えなければならないポイントを紹介していこうと思います。 塗装の周期とコストパフォーマンス 耐用年数や価格はもちろん塗料によって変化します。 次にいつ塗装が必要となってくるのか、建て替えをしないといけないときはいつか、といったようにそれらを全て考えた上で塗料を選択する必要があると思います。 例えば、その時に安いからこれいいなと思っている塗料でも、耐候性が弱いなどして、次の塗装までのスパンが短いと結局いい塗料よりも費用がかかってきたりする時もあります。 塗り替えの場所と素材 住宅の中でも特に屋根は外壁と比較して紫外線や雨などにさらされています。 その為、屋根を塗装するには外壁よりも強い耐久性に優れた塗料をおすすめします。 また素材で選ぶのもとても重要です。 コンクリートや木などはそれぞれ違う性質をもった素材です。 例えば木の場合、木は呼吸をするような素材であるので呼吸を防がず、塗膜内の湿気が逃げるような塗料が必要です。 木には透湿性の塗料が良いと思います。 耐候性の種類 塗膜の耐用年数というのは立地条件や方角などで変わってきます。 塗料を選ぶときにはJIS(日本工業規格)で定められている耐候形1~3種を参考にしましょう。 耐候形というのは建築用仕上塗材の耐候性をランク付けしたものです。 1種が最高ランクです。 「促進耐候性試験」という太陽光・温度・湿度・降雨などの屋内外の条件を人工的に再現して製品や材料の寿命をを予測するものです。 1種に認められるには2500時間(約10年)後に艶の保持率が80%以上あることが必要です。 外壁塗装に用いられている耐候形1種にはシリコン、フッ素、無機、100%アクリルなどがあります。 これらは高耐候性塗料と言われています。 グレードと耐久年数 塗料の基本成分には合成樹脂、アクリル系、ウレタン系、シリコン系などがあります。 グレードが最高のフッ素系の塗料は高いですが、それに相当する耐用年数があるとされています。 無機塗料や有機ハイブリッド塗料はフッ素塗料を超えたと言われていますが、それらはさらに高価であり、フッ素の1.5倍の耐用年数があるとされています。 そして防カビ、防汚、抗天候性にも優れています。 塗料の付加機能 皆さんも機能性塗料という言葉を一度は耳にしたことがあるでしょう。 種類によって機能は様々です。 皆さんの悩みを解消できる塗料を正しく選ぶことでトラブルを解消できることもあります。 異なる機能を持った塗料を組み合わせることで様々なケースに対応可能となります。 遮熱機能 遮熱塗料は、温度上昇の原因である近赤外線を反射させることで塗膜やお家の温度上昇を抑制できます。 屋根や外壁に塗装すると室内の温度が高くなるのを抑制し、室内環境が良くなります。 また熱による劣化も抑制できます。 防水機能 防水機能のある防水塗料は弾性があるために外壁のひび割れを少なくし、外部からの水の浸入を防ぎます。 外壁からの漏水はトラブルの1つとして上位にあがります。 防水はとても重要です。 特に雨のよく降る地域の方や外壁のひび割れがひどい場合は防水塗料を検討してみて下さい。 セルフクリーニング機能 外壁に汚れがついても親水性のおかげで洗い流してくれるのがセルフクリーニング機能です。 空気中の汚染物質も分解してくれるので建物の周りの空気も綺麗にしてくれます。 光触媒塗料はこのセルフクリーニング機能を持っています。 現在汚れが気になっている方や、外観を塗替え後も綺麗に保ちたい方におすすめです。 防カビ機能 外壁に塗るだけでカビやコケの発生を防ぐのが防カビ塗料です。 美観を損ねるほかに人体にも影響が出てくるのがカビやコケです。 防カビ機能を持つ塗料もあれば、普通の塗料に防カビ材を添加して防カビ性能を持たせるタイプの塗料もあるのでカビが出やすい北面のみに塗ることも出来ます。 健康被害を起こさないようにも湿気の溜まりやすい壁面などには防カビ機能のついた塗料がおすすめです。 高耐久機能 高耐久性塗料には様々な種類があります。 一般的に15年以上持つとされています。 耐久性が他の塗料よりも高いので、塗替えの回数が少なく済み、コスト的にもメリットは大きいです。 先程少し紹介した高耐候性塗料のことです。 ランニングコストを抑えたいという方にはピッタリの塗料です。 長くなりそうなので、今回はここまでにしておきます。 次回も塗料選びのポイントを紹介していきます。 最後までお読みいただきありがとうございました。 堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業94年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE

2022年10月24日 更新!

軒天についてご紹介② ~軒天の塗装~ |堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 前回に引き続き、軒天についてご紹介していきます。 今回は軒天の塗装に関してです。 軒天の塗装手順 軒天の塗装手順は以下の通りです。 ・下地処理・素地調整 ・錆止め ・下塗り ・上塗り2回 下地処理・素地調整 既存の軒天の汚れや塗膜の不具合部分をサンドペーパーなどで綺麗にしていきます。 カビやコケ、藻も綺麗に取り除いていきます。 この工程がしっかりされていると後の工程が大きく変わってきます。 外壁塗装では下地処理として高圧洗浄をしますが、軒天の材料は水に弱いものもあるほか、有孔板の穴などがあるため高圧洗浄ではなく、サンドペーパーなどで処理していきます。 錆止め 軒天を固定している釘や鉄の部品がある場合には錆止めを塗っていきます。 下塗り 下塗りではシーラーという吸い込み止めをローラーやはけを使って軒天にまんべんなく塗布していきます。 シーラーの乗り具合で上塗りの乗り具合も変化します。 上塗り 上塗り塗料を2回塗っていきます。 これもはけやローラーで塗布していきます。 軒天塗装のDIYはNG!? 軒天のDIYは簡単そうだし自分でもできるだろうと考えの方もいらっしゃると思います。 しかし、とても危険なのでやめましょう。 ローラーでうまく出来ないところは、はけで作業していくのですが狭いスペースを塗装していこうとなるとうまく塗るにはなれないと難しいうえ、大変です。 そして足場を使い常に上を見ながらの作業なので不安定になりがちです。 DIYをするとなると脚立などで作業をすることになりますが、足場を組み立てるよりもちろん不安定になるので転落する可能性も考えられます。 仕上がりの品質なども考えて専門の塗装業者に依頼するようにしましょう。 軒天の塗装単価 軒天の塗装単価は800~1500円/㎡が一般的です。 使用する塗料によって価格は変化します。 軒天の塗装には一般的にウレタンとシリコン塗料が使われます。 ウレタン塗料 800円/㎡~ シリコン塗料 1000円/㎡~ となっています。 ウレタンよりも耐久性の高いシリコン塗料の方が単価は高いです。 目地やジョイントの金具が多い場合は下塗りに錆止めを使用することが多いので単価が上がることがあります。 軒天の種類にもよりますが、フッ素塗料などの高耐久性塗料も塗装することが可能です。 その場合には単価は2000円/㎡近くになることもあります。 足場費用 2階の軒天を塗装しようとなると基本的に足場が必要になってきます。 足場は600円~800円/㎡程かかってきます。 足場を立てるなら屋根や外壁の塗装も同時にしてもらう方がお得に塗装してもらえます。 前回軒天が外壁や屋根よりも劣化が進んでいるなら別に塗装するべきだと紹介しましたが、もし劣化の状況が外壁や屋根と変わらないのならまとめて塗装することをおすすめします。 軒天の色について 軒天をどのような色にするのが最適なのかわからないという方も多いのではないでしょうか。 軒天は日が当たらない暗い場所になります。 なので白などの明るい色にすることをおすすめします。 明るい色にすることで太陽光の光を反射して軒下も明るくなります。 最適なのは白ですが、もし嫌な方がおられましたら、白から外壁の色の範囲の色にするといいと思います。 他にも、屋根の色に合わせて濃い色にすると重厚感がでて落ち着いた印象をつけることができます。 まとめ いかがでしたでしょうか。 前回と今回に分けて軒天のことについて紹介してきました。 軒天は建物を守る重大な役割を持つ部分です。 外から見える部分でもあるので常に美観を守っておく必要性もあります。 軒天は普段あまり確認する機会のない場所だと思います。 この記事をきっかけにぜひ確認してみて下さい。 この記事が軒天塗装の参考になれば幸いです。 最後までお読みいただきありがとうございました。 堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業94年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE

2022年10月23日 更新!

軒天についてご紹介① ~軒天とは~ |堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 皆さん塗装をする際に「軒天」という言葉を目にする方も多いのではないでしょうか。 付帯塗装をするときに出てくる軒天ですが、そもそもどのような役割や意味があるのか疑問に思われている方も多いのではないでしょうか。 そこで今回と次回に分けて軒天と軒天の塗装についてご紹介していきたいと思います。 ぜひ最後までご覧ください。 軒天とは 軒天というのは住宅の外壁から外側に伸びている屋根の裏側(真下)にある天井部分のことを指します。 上の画像でいうと白い部分になります。 軒天のほかに、「軒裏天井」、「軒天井」、「軒裏」と呼ばれることもあります。 軒天の役割 軒天の役割には主に4つあります。 外観上の役割、安全面での役割、劣化防止の役割、そして換気の役割です。 1つずつ紹介していきます。 外観の美しさ 軒天をつくることで下からのぞいた時に、屋根裏の野地板や垂木といった住宅の構造部分を隠すことができ見栄えをよくすることができます。 住宅の中には軒天をつけた後に化粧垂木をつけて意匠性を高めているものもあります。 屋根裏の延焼を減少させる 軒天には不燃材を使用することでもし火事が起こってしまった際にも延焼を防止、減少させることができます。 軒天がないと窓から火が上がった時に屋根裏まで一気に広がり、屋根が燃え尽きてしまいます。 雨水・日差しによる劣化防止 軒天があるということは軒の出が長いということです。 それによって雨水が吹き込むことや太陽光による外壁材の劣化を防ぐことができます。 軒天のない住宅はスタイリッシュには見えますが、外壁材の劣化には十分注意して下さい。 有孔板や換気口から換気して結露やカビを防止する 軒天に有孔ボードを使用したり、軒天に換気口をつくることで屋根裏における内部結露を防ぐことができます。 表面に多くの穴が開いている有孔タイプのものを使用すると、湿気を外に逃がすことができます。 有孔ボードには板の一部に穴が開いているものと前面に穴が開いているものと2種類あります。 その他に防火有孔板というものもあり、通気だけでなく防火の役割も果たしてくれるものになります。 軒天の材質 軒天に使用されている材質にはいくつか種類があります。 ケイカル板 ケイカル板はケイ酸カルシウム板とも呼ばれています。 ケイカル板は非常によく使われている軒天の材料です。 非常に強い耐火性と防湿性を持っています。 ケイカル板は昔アスベストの入ったものが利用されていましたが、アスベストの健康被害が社会問題になってから、現在はアスベストの含んでいないものを使用しています。 ベニヤ板・合板 木造の住宅ではベニヤを貼って塗装するか、木目調の化粧合板がよく使用されていました。 しかし数年で劣化して剥がれてくることや耐火性が低い、換気もあまり良くないことから現在は先程紹介したケイカル板が主流となっています。 ガルバニウム鋼板 屋根や外壁材としても人気の高い金属系ですが、木目調にプリントした鋼板もあります。 元々ある軒天にカバー工法で施工することで腐食を防ぐことができます。 錆びにくい素材であるので、塗装の回数が少なく出来ます。 15年~20年で錆止め塗装と仕上げ塗装をして腐食や穴あきを防ぐようにしましょう。 軒天の劣化サイン 軒天の塗装のタイミングを見るための劣化を紹介していきます。 外壁・屋根塗装と同時に行う方も多くいらっしゃると思いますが、外壁・屋根よりも軒天の方が早く劣化している場合もあるので、チェックしてみて下さい。 汚れ・色褪せ 軒天は直接紫外線に当たっているわけではありませんが、経年劣化で汚れや色褪せが起こってきます。 緊急ではありませんが、劣化の初期段階として考えていただき、塗装のメンテナンスを検討していただきたいと思います。 剥がれ 剥がれは危険度としてはかなり上です。 雨水を吸い込んでしまったり、腐食の原因となってきます。 また軒天に化粧板をしているときは、シートやプリント部分の剥がれが生じます。 剥がれが出ている場合は、早急に塗り替えすることをおすすめします。 カビ・コケ・藻 この3つが発生した場合、塗膜の防水性の低下が原因で起こっていることがほとんどです。 北側は特に日光が当たりにくいので湿気がこもり、劣化が進行しやすいです。 シミ シミが起きている場合には雨漏りを先に疑いましょう。 屋根やベランダが排水できていないと雨水が中に浸入し、軒天にシミが出てくる場合もあります。 雨漏りがあった場合は張り替えが必要なので注意して下さい。 今回はここまでにしておきます。 次回は軒天の塗装についてご紹介していきます。 次回の記事と合わせて読んでいただきたいと思います。 最後までお読みいただきありがとうございました。 堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業94年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE

2022年10月22日 更新!

ケレンとは?|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 皆さん外壁塗装の「ケレン」という言葉をご存じでしょうか。 ケレンは下地処理の1つの工程です。 これは必要な場合とそうでない場合があります。 そこで今回はこのケレンの作業についてご紹介していきたいと思います。 ぜひ最後までご覧ください。 ケレンとは ケレンは下地処理の工事工程の1つです。 主にトタンなどの塗装をする前に汚れやサビ、旧塗膜を落とす作業です。 塗料の密着度を高めるためにも重要な役割を持っています。 手順としては足場設置、高圧洗浄、下地処理とあり下地処理の中でもひび割れ補修の後に行います。 ケレンは鉄の部分だけでなく、木部でも行われています。 塗料を密着性が良くなるように表面にわざとデコボコの傷を入れるのも総合してケレンと言います。 ちなみにその作業は目粗しと言います。 ケレンの重要性 ケレンを必要とするにはケレン作業をしないと様々な問題が起こってくるからである。 それは綺麗に仕上がらないということです。 ケレンを十分にしないまま錆止めの塗料を塗装したり、普通の塗料を塗布しても耐久性が十分に発揮できません。 ケレン作業が不十分であることで、塗装してすぐにサビの発生や塗料の剥がれというのが出てきます。 せっかく錆止めの塗料を塗布したのにそれでは意味がありません。 これを防ぐためにもケレン作業は必要です。 ケレンの種類 ケレンはケレンでもいくつか種類があります。 1種ケレン、2種ケレン、3種ケレン、4種ケレンと4種類です。 このうち2種と3種のケレンは工具が同じですが、2種は主に電動ブラシなど電動工具を使います。 4種ケレンに関しては手工具のみでケレン処理できる場合に表面を処理します。 ケレンが必要である場合とない場合 外壁にサビが発生している場合、付着力の弱い級塗膜が残っている場合にはケレンが必要になってきます。 逆に、外壁にサビが無く「付着力の弱い旧塗膜もない」場合にはケレンをする必要がありません。 ケレンが必要なのにしないとどうなるのか もしケレンが必要なのにしないとどうなるのでしょうか。 それは、デコボコしたうえから塗料を塗布していくので綺麗な見た目になりません。 また、サビなどがあると塗料がうまく密着してくれないので塗装してすぐに塗膜が剥がれる、膨れるようなことが起こってきます。 ケレンの費用 ケレンは一般的な戸建てのお家で2~4万円ほどです。 これはあくまで除去するサビや旧塗膜が部分的で、軽微なケレンで済むときの費用の目安です。 費用は外壁の状態や外壁の広さで大きく異なります。 外壁の広範囲にサビがある場合には10万円以上もケレンに費用がかかる時もあります。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回はケレン作業についてご紹介しました。 ケレンは外壁を綺麗にするのに大切な作業です。 しっかりとすることでお家の美観が保てます。 この記事が少しでも参考になれば幸いです。 最後までお読みいただきありがとうございました。 堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業94年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE

2022年10月21日 更新!

景観法を確認してから色選びをしよう!|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 皆さん、塗装をする際に「景観法」という言葉を目にしたことはあるでしょうか。 好きな色で塗装したいという方もいらっしゃると思いますが地域によっては「景観法」により色が声援されている場合があります。 そこで今回はこの景観法について詳しくご紹介していきたいと思います。 ぜひ最後までご覧ください。 景観法とは これは京都の写真です。 皆さんも1度はこのような景色を見たことがあるのではないでしょうか。 住宅の色や雰囲気に統一感がありますよね。 これを規制しているのが景観法です。 写真のようにまちづくりの一環として行っている地域が多く、活性化につながるとして始まりました。 市区町村によっては景観法ではなく、「〇〇市景観計画」として言われている場合もあります。 堺市は「堺市景観計画」と言われています。 堺市景観計画にはそれぞれの特徴や、課題などが記載されています。 この景観法には外壁の色のみならず、建物や広告物のデザインなども含まれています。 京都などの観光客が多く訪れる世界遺産の持つ地域などでは、世界遺産のものよりも目立つような色彩の建物は景観に影響するため禁止といったようにされています。 色彩基準 色彩基準はその地域ごとでまちの雰囲気を壊さないように異なっています。 今回は「堺市景観計画」に基づいてつくられた「堺市形成ガイドライン(大規模建築物等)」を例に挙げて紹介していきたいと思います。 堺市形成ガイドラインには以下のように書かれています。   ・外壁の色彩は、地域やまちの特性に十分配慮し、周辺と調和するものを用いる。 ・ベースカラーとして用いる色彩の範囲は次の通りとする。ただし、石材・木材などの自然素材、漆喰壁、レンガ、金属材、ガラス等の表面に着色していない素材により仕上げられる部分の色彩は、この限りではない。  色相 明度 彩度 YR(橙)系 6以上 4以下 R(赤)、Y(黄)系 6以上 3以下 上記以外 6以上 2以下 無彩色 6以上 ― ・サブカラーを用いる場合は、見付面積(張り間方向又はけた行方向の鉛直投影面積)の概ね1/3以下の範囲で使用するものし、ベースカラーとの調和に配慮した色彩を用いる。 ・アクセントカラーを用いる場合は、見付面積(張り間方向又はけた行方向の鉛直投影面積)の概ね1/20以下の範囲でするものとし、効果的に使用する。 ・住宅においては色彩をできる限り低彩度に抑え、周辺との調和を図る。 ・商業施設の低層部では、まちのにぎわいに配慮し、色彩の演出を工夫する。 ・高明度の建築物については、周辺環境を考慮しながら、光の反射による眩しさを軽減するよう、壁面の仕上げを工夫するなど、配慮する。                                             このように細かく記載されています。 京都の方では府の中の共通の基準と地域別の基準がそれぞれたくさんあり、さらに細かく設定されています。 色の数値 先程の表で出てきた色の数値について詳しく紹介していきたいと思います。 皆さんはマンセル表色系をというものをご存じでしょうか。 住宅の色彩の基準は主にこのマンセル表色系で表されています。 マンセル表色系は色相、明度、彩度の3つの属性から表されます。 国際的に通用する色の表示方法の一つであり、JIS(日本工業規格)でも採用されている表示法です。 参考 武蔵野美術大学 色相環ーしきそうかん|武蔵野美術大学 造形ファイル http://zokeifile.musabi.ac.jp/%e8%89%b2%e7%9b%b8%e7%92%b0/ 堺市景観色彩ガイドライン https://www.city.sakai.lg.jp/shisei/toshi/toshikeikan/keikakusingi/keikakujourei/guideline.files/keikanshikisai_03.pdf 堺市景観色彩ガイドラインにある色彩に関する資料です。 そしてマンセル値という表示で基準が決められます。 先ほどの表の色彩のYR系の中でも5YRの明度6、彩度4のものをマンセル値で表すと5YR6/4と表します。 そしてマンセル色票で見ることで色が確認できます。 ぜひ外壁でしてみたい色がある方は参考にしてみて下さい。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は景観法についてご紹介しました。 今回は堺市の景観色彩ガイドラインを元にご紹介してきましたが、お住いの地域でそれぞれ基準は異なってきますので是非皆さんのお住まいの地域のことを調べてみてください。 最後までご覧いただきありがとうございました。 堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業94年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE

2022年10月20日 更新!

【何が違う?】日向と日陰の違いについてご紹介!!|堺市の外壁塗装・屋根塗装専門店 ココペイント

堺市の皆様、こんにちは! 堺市創業年数No.1、外壁塗装・屋根塗装専門店のココペイントです! ブログ担当は、これまで4500件の施工をさせて頂いている藤井です。 「同じ時期に同じ塗料で塗装して建てたお家なのに外壁の傷み方が全く違うように見える」 と思った方いませんか? 同じ建物であっても向きによって環境は異なります。 それぞれの置かれた環境によって劣化の速度は違ってきます。 そこで今回は劣化のスピードが変化する要因についてご紹介いたします。 ぜひ最後までご覧ください。 1. 劣化状態の特徴 劣化のスピードが変化する大きな特徴は日の当たり具合です。 塗膜の劣化が進行する要因として雨と太陽からの紫外線の2つが主な要因です。 雨の当たり具合はお家のどの向きでも比較的同じです。 しかし紫外線の当たり具合は日の当たり具合によって北部と南部に差が生じます。 北部は日陰となり、南部は日向となります。 ではそれぞれでどのような違いが出てくるのでしょうか。 2. 日陰と日向の劣化の違い 日陰の劣化 先程ご紹介したように北部が日陰になりやすく、日当たりは少なく紫外線からの影響を受けにくくなっています。 紫外線からの影響を受けにくいということは劣化がほとんど起こらないと考える方も多いのではないでしょうか。 しかし日陰には日陰の問題点があります。 それは日が当たらないことで湿気がたくさん発生してしまい、コケや藻が発生しやすいという点です。 コケや藻が繁殖してしまうと水分を多く含んでいるので塗膜の劣化を進行させてしまいます。 そのためどうしても美観は悪くなってしまいますし、日向と比較すると劣化の進行は遅いですが塗膜を劣化させてしまいます。 日向の劣化 南部の外壁は日当たりが良いため紫外線からの影響を受けやすい環境にあります。 塗膜の劣化の進行スピードは非常に早くなってしまいます。 また紫外線が当たり続けることでチョーキングや色褪せ、ひび割れなどの劣化症状の発生へと繋がってしまいます。 また、シーリング部分も日陰と比較すると劣化の進行が早くなってしまいます。 3. 日陰と日向の塗替え施工 では最後に日陰と日向それぞれの塗替え施工の方法と違いについてご紹介いたします。 日陰 日陰部分はコケや藻が発生している可能性が高いです。 そのため塗替え工事を行う際には高圧洗浄等を丁寧に行い、綺麗に取り除いてから施工する必要があります。 しっかりと取り除けていないのにその上から塗装してしまうとコケや藻の繁殖は止まりません。 コケや藻が気になるという方には防カビ効果が含まれている塗料を使用することをおススメします。 そうすることでカビの繁殖は大きく抑えられるでしょう。 塗料を選ぶ際には今のお家の劣化状態をしっかりと判断して、最適なものを選ぶことが非常に重要です。 日向 日向側にある外壁は直射日光によって劣化が進行していることが考えられます。 そのため今存在している既存の塗膜を高圧洗浄等を用いてしっかりと取り除く必要があります。 しっかりと取り除けていなかった場合には上に重ねる塗膜がすぐに剥がれてしまう原因になるので注意が必要です。 またサイディングの継ぎ目の部分、目地部分も汚れをしっかりと落としたうえでシーリングを打ち替える必要があります。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は主に日向と日陰の劣化の違いについてご紹介させていただきました。 同じ建物でも日の当たり具合で劣化の進行状態は異なります。 そのため外壁の塗替え時期については最も劣化している部分を見て判断することが重要となります。 お家の土地の環境にもよりますが、一般的にやはり日向の方が劣化の進行は早いとされています。 お家の南部をしっかりとチェックして外壁塗装を行う最適なタイミングを逃さないようにしましょう。 最後までご覧いただきありがとうございました。 ぜひ次回もご覧ください。   堺市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽に ココペイントまでお問合せください!! スタッフ一同お待ちしております!!! ココペイントは、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 皆さまのおかげで創業94年! 堺市堺区・北区・中区・西区・東区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 堺市施工実績4500件! 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ご相談・お見積もりはココペイントへ!   塗装に関する疑問や不安、お値段の相談なんでも早めに相談しましょう。 ココペイントはお客様の要望に応えた工事プランを提案させていただきます! ご相談・現地調査・お見積りまで無料でさせて頂いております。 ココペイントのショールームへ行こう! ココペイントのショールームは堺市でも最大級です! 広々とした空間でカフェスペースもご用意させていただいてますのでぜひお立ち寄りくださいませ! また、塗装をイメージできる体験型ショールームとなっておりますので見どころも満載となっております。 ココペイントの失敗しない塗装プランのご紹介!☆ 選びやすく買いやすい外壁・屋根塗装パックとなっております。 コストパフォーマンスの高さをご確認くださいませ! ココペイントの施工事例はこちら♪ 色のイメージがつかない方にまずはこちらの施工事例をご覧くださいませ! 外壁の色を分けて見やすくなっておりますのでお好みの色の施工事例をすぐご確認いただけます。 ※WEBからの来店ご予約で今ならQUOカードをプレゼント!!! 株式会社 ココペイント 住所:〒591-8032 堺市北区百舌鳥梅町3丁4-1 営業時間:10:00~18:00 フリーダイヤル:   0120-28-1030 TEL  :   072-275-8327 FAX :   072-275-8326

MORE